ピサの斜塔

| | トラックバック(0)

ガリレオが「自由落下するときの時間は落下する物体の質量には依存しないという法則」を実証したことで有名なピサの斜塔(Torre di Pisa)を訪問する機会がありました。

イタリアのピサ市にあるピサ大聖堂の鐘楼として建てられたものです。1173年に着工されました。高さは55mです。建設開始後まもなく傾斜が始まり、当初計画より低い建物になってしまいました。1990年から2001にかけて本格的な修復(傾斜増大回避対策)作業が行われました。現在の傾斜角は約4度だそうです。現地で見た印象は、写真などで想像していたよりも大きく傾いている印象でした。一時公開(登塔)禁止されていましたが、現在は今後300年は持つということで再公開され、97段の階段の上の展望階に登ることができました。

20090311-1.jpg

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ピサの斜塔

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://interesting.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/66