フィレンツェの大聖堂(ドゥオーモ)

| | トラックバック(0)

イタリア、トスカーナ州の州都フィレンツェはルネッサンスの興隆の地であり、現在もイタリア文化の中心的都市です。市街地は美しくまとまっていて、歴史的文化遺産も多く見どころがたくさんあります。
その代表が大聖堂です。現地ではドゥオーモと呼ばれます。白・緑・バラ色の大理石によって造られた壮麗な建物です。

サン・ジョバンニ広場に入ると手前に大きな八角形の洗礼堂、続いて大聖堂の本体、向かって右側にジェットの鐘楼がそびえ、その奥に大聖堂の後陣にあるクーポラと呼ばれる大円屋根が見えます。それぞれがみごたえのある建物で、それがそろっている様は壮観です。

k20090322-1.jpg

 

大聖堂内部は装飾は少なくて比較的簡素ですが大きく重々しい雰囲気です。最深部の上がクーポラです。

k20090322-2.jpg

 

クーポラの内側(円屋根の裏側)は見事な大壁画で彩られています。

k20090322-3.jpg

 

クーポラは106mの高さがあり、13世紀末から15世紀中頃の約150年かけて建築されました。463段の狭い階段を歩いて最上部の展望階にあがることができます。クーポラの展望階はフィレンツェ市街地で最も高い場所で、市街地が一望できます。画像はジェットの鐘楼のある方向を見下ろしたところです。円屋根が滑り台のように下に伸びている様子がわかります。次の画像はジェットの鐘楼の上部から撮影したものです。

k20090322-4.jpg

 

ジェットの鐘楼はジェットとその弟子によって1334~1359年にかけて建築された鐘突堂です。ジェットの鐘楼にも登ることができます。こちらは高さ85m、414段の階段を登ります。クーポラと合わせると約850段の階段です。リフトやエスカレータはありません。これを上り降りするのは良い運動になります。画像はジェットの鐘楼最上部のテラスからクーポラとフィレンツェ市街地を望んだものです。フィレンツェ市街は黄土色の壁と橙色の屋根で統一されています。またその高さも制限され、ほぼ同じ高さで統一されています。イタリアではピサやトリノなどでも色彩や高さが揃えられている街を上から見る経験をしました。フィレンツェはそのなかでももっとも均整のとれた美しい街でしょう。上の画像はクーポラ上部の展望階から撮影したものです。

k20090322-5.jpg

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: フィレンツェの大聖堂(ドゥオーモ)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://interesting.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/70