フィレンツェのシニョリーア広場

| | トラックバック(0)

シニョリーア広場(Piazza della Signoria)は宮殿前の大きな広場で、かってはこのあたりがフィレンツェの政治の中心地だったそうです。歴史的な建造物が周囲を囲んでおり、さらにしゃれたカフェなども軒を連ね、観光スポットになっています。

正面の高い塔を有する建物が「ヴェッキオ宮殿(現在は市庁舎)」、その右のアーケード風の建物が「ランツィのロッジア」、宮殿の左側の白い像は「ネプチューンの噴水」、その左に「コジモ1世の騎馬像」があります。広場には大勢の観光客や地元の人達が集まっています。

k20090330-1.jpg

 

ヴェッキオ宮殿は1299年から1314年にかけて建設されたものです。彫刻家アルノルフォ・ディ・カンビオによって設計された歴史的な建物です。かつてはフィレンツェ共和国政庁舎として使われ、現在はフィレンツェの市庁舎になっています。高い塔は「アルノルフォの塔」と呼ばれる鐘楼で、94mの高さです。現在は時計塔になっています。入口正面階段にはミケランジェロ作 「ダヴィデ」像のレプリカ(オリジナルはアカデミア美術館に展示)が置かれています。宮殿内にはレオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロなどの多くの彫刻や絵画が展示されています。シニョリーア広場には観光用の馬車が何台か客待ちをしていました。フィレンツェ観光にはこのような馬車が似合いそうです。

k20090330-2.jpg

 

宮殿に向かって右側には大きなゴシック様式のアーケードを持つランツィのロッジア(Loggia dei Lanzi)があります。14世紀後半に建てられたものです。ベンヴェヌート・チェッリーニ作の 「ペルセウス( Perseo)像」など、14世紀から16世紀にかけての地元の彫刻家の作品が展示されています。画像左端のブロンズ像がメドゥーサの首を掲げるペルセウスの像です。ロッジアはアーケード建築、ランツィは槍兵の意味だそうですが、16世紀にランツィ・ケネッキと呼ばれるドイツ槍兵が駐屯したことから名付けられたとか。もともとは広場の集会におけるステージだったそうですが、現在はギャラリーとなっています。

k20090330-3.jpg

 

宮殿の左側には1575年にバルトロメオ・アンマンナーティによって作られた「ネプチューンの噴水」があります。ネプチューンはローマ神話の海の神様で、ギリシャ神話のポセイドンに相当します。ネプチューンの足元にサチュロス(ギリシア神話の下半身が山羊の怪物)がいたりして、複雑な場面になっています。

k20090330-4.jpg

 

さらに左側には「大公コジモ1世の騎馬像」があります。コジモ1世(コジモ・デ・メディチ)は1537年にメディチ家の当主となり、フィレンツェ大公となった人です。1570年には法王ピオ5世によって初代トスカナ大公の地位が与えられました。フィレンツェの都市改造事業を行ない、現在のウフィツィ美術館やヴァザーリの回廊などを建設し、今日のフィレンツェの景観を作り上げました。そのコジモ1世を記念して作られたものだそうです。

k20090330-5.jpg

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: フィレンツェのシニョリーア広場

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://interesting.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/74