2009年4月アーカイブ

京都市右京区龍安寺御陵下町の龍安寺(りょうあんじ)の石庭です。

龍安寺は「古都京都の文化財」の一部として世界遺産に登録されている文化財ですが、その石庭は世界的にも最も有名な庭の一つです。いわゆる「龍安寺の石庭」は枯山水の方丈石庭です。国の史跡・特別名勝に指定されています。幅25m×奥行10mの大きさの庭に白砂を敷き、5か所にわけて15個の石を配置したシンプルな庭です。15個の石はどこから眺めても、必ず1個は他の石に隠れて見えないようになっているそうです。この庭は「虎の子渡しの庭」ともいわれ、中国の「虎の子渡し」という説話を再現しているという伝承があるそうです。

イギリスのエリザベス女王はじめ海外の要人がこの庭を絶賛し、海外からの訪問客も多いそうです。

k20090419-1.jpg

 

 

 

 

京都の西北端、京都市北区金閣寺町の「鹿苑寺(ろくおんじ)」、通称「金閣寺」です。

1397年(応永4年)に将軍足利義満が旧西園寺を一新して「北山殿」とよばれる山荘を造りました。その規模は御所に匹敵したそうです。義満の死後規模が縮小され、義満の法号「鹿苑院」から鹿苑寺と名付けられた禅寺になりました。その時に唯一最初に姿のまま残ったのが釈迦様の骨を祀ったといわれる「舎利殿」です。漆地に金箔を貼った三層(金箔は二・三層のみ)の建物で、通称「金閣」とよばれました。寺も「金閣寺」という呼び名の方が一般的です。国宝であった金閣は1950年(昭和25年)に小説でも有名な放火事件により全焼しました。現存する金閣は1955年(昭和30年)に再建され、1987年(昭和62年)には金箔が厚いものに張り替えられました。私が最初に金閣を見たのは昭和39年でしたが、今回久しぶりに見た姿はその時よりずっと輝いて見える印象でした。金閣の傍の鏡湖池を中心に島、岩、石などを配した「池泉回遊式庭園」は室町時代の北山文化を代表するものです。

k20090412-1.jpg

 

鏡湖池の東側にある書院の庭に、足利義満手植えと伝えられる船の形をした「陸舟(りくしゅう)の松」があります。京都三松の一つに数えられています。後の松の木とあわせて帆掛け船のように見えます。舳先は西方浄土に向かっているのだそうです。足利義満の時代からの松とすると樹齢は約600年を越えています。

k20090412-2.jpg

 

 

 

 

フィレンツェの「広場」を紹介します。

フィレンツェをはじめイタリアの諸都市には「広場(イタリア語でPiazza、英語ではPlazaに相当)」がたくさんあります。主な位置付けは「人々が集まるところ」でしょうか。一口に広場と言ってもその用途・目的は「宮殿や教会など多人数が集まる施設の門前」、「市場・交換場所」、「交通の結節点」、「イベント会場」、「議論・討論・演説・講演会場」、「休憩・レクレーションの場所」など多岐にわたっているようです。イタリアの歴史は都市国家の歴史ともいわれています。ローマ、カルタゴ、ヴェネツィア、フィレンツェ、ミラノ、ナポリ、ジェノヴァ、トリノをはじめイタリア史において一時代を画したのは大都市を中心とした国家でした。イタリアは国土が狭く、大都市内も過密でした。そこにおいて人々の関係を円滑・有効に機能させたのが「広場」でした。これまでに紹介したドゥオーモ(大聖堂)の前にはドゥオーモ広場が、ヴェッキオ宮殿の前にはシニョリーア広場がありました。

その他の広場を紹介します。最初はサン・マルコ(Piazza San Marco)広場です。サン・マルコ修道院前の広場です。周囲に美術館などの文化施設が集まっているとともに、市内交通の要所になっていて様々な交通機関が集まっています。

k20090408-1.jpg

 

次はサン・ロレンツィオ教会前のサン・ロレンツィオ広場(Piazza San Lorenzo)です。市内有数の庶民的な広場で、広場から露店が軒を連ねています。衣類・装飾品・雑貨など何でもありの店が並んでいます。その先はフィレンツェの胃袋と言われている中央食品市場につながっています。

k20090408-2.jpg

 

三番目は共和国広場(Piazza dalla Repubblica)です。ポンテ・ヴェッキオからドゥオーモに向かう左側にある広場です。極めて庶民的な広場で、周囲にはレストランやカフェが並び、広場の中にはメリーゴーランドもあり、幼い子連れの家族から、老夫婦まで様々な人達が集まっていました。

k20090408-3.jpg

 

最後はサンタ・クローチェ広場(Piazza Santa Croce)です。ミケランジェロやガリレオが眠っているフランチェスコ会最大のサンタ・クローチェ教会の前の広場です。周囲にはレストランやカフェがありますが、極めてシンプルな広場です。訪問したのはもう夕暮れ時で人は少なかったですが、カップルやグループが親密そうに過ごしている様子が印象的でした。

k20090408-4.jpg

 

 

 

 

飛行機からのオーロラです。 3月上旬にヨーロッパから帰国する時にロシア上空で飛行機の窓から見ました。立体的な地球儀で見て頂くと理解しやすいのですが、日本とヨーロッパを最短距離で結ぶとかなり北極に近いところを通ります。ヨーロッパからの帰国便は夜になることが多く、晩秋から早春の間の季節にはオーロラが見られることがあります。オーロラというとカナダやアラスカの北部が有名ですが、観察は寒くてたいへんだそうです。飛行機の中からだと適温で観察できます。雲の上を飛びますので、天候の影響も受けません。飛行機からオーロラ観察は楽です。

但し、撮影となると話は別です。オーロラの光は微弱なので、高感度にしても長い時間かけないと撮影できませんし、高速で飛行して振動も多い飛行機からの撮影で、三脚は使えず手持ち撮影になり、ブレが激しいです。窓ガラス(プラスチック)を通しての撮影ですが、飛行機の窓ガラスは光学的にみると汚れや歪みが大きく、クリアな画像は得られません。飛行機室内の照明の影響も大きく、様々な光が写り混みます。撮影に関しては三重苦の状態です。それでもいろいろと工夫すればオーロラのイメージを撮影することが可能です。

飛行機からのオーロラについてはHPHPの「興味版」の「現象」もご覧下さい。

k20090405-1.jpg

 

 

 

 

このアーカイブについて

このページには、2009年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年3月です。

次のアーカイブは2009年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja