飛行機からのオーロラ

| | トラックバック(0)

飛行機からのオーロラです。 3月上旬にヨーロッパから帰国する時にロシア上空で飛行機の窓から見ました。立体的な地球儀で見て頂くと理解しやすいのですが、日本とヨーロッパを最短距離で結ぶとかなり北極に近いところを通ります。ヨーロッパからの帰国便は夜になることが多く、晩秋から早春の間の季節にはオーロラが見られることがあります。オーロラというとカナダやアラスカの北部が有名ですが、観察は寒くてたいへんだそうです。飛行機の中からだと適温で観察できます。雲の上を飛びますので、天候の影響も受けません。飛行機からオーロラ観察は楽です。

但し、撮影となると話は別です。オーロラの光は微弱なので、高感度にしても長い時間かけないと撮影できませんし、高速で飛行して振動も多い飛行機からの撮影で、三脚は使えず手持ち撮影になり、ブレが激しいです。窓ガラス(プラスチック)を通しての撮影ですが、飛行機の窓ガラスは光学的にみると汚れや歪みが大きく、クリアな画像は得られません。飛行機室内の照明の影響も大きく、様々な光が写り混みます。撮影に関しては三重苦の状態です。それでもいろいろと工夫すればオーロラのイメージを撮影することが可能です。

飛行機からのオーロラについてはHPHPの「興味版」の「現象」もご覧下さい。

k20090405-1.jpg

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 飛行機からのオーロラ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://interesting.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/75