フィレンツェの広場

| | トラックバック(0)

フィレンツェの「広場」を紹介します。

フィレンツェをはじめイタリアの諸都市には「広場(イタリア語でPiazza、英語ではPlazaに相当)」がたくさんあります。主な位置付けは「人々が集まるところ」でしょうか。一口に広場と言ってもその用途・目的は「宮殿や教会など多人数が集まる施設の門前」、「市場・交換場所」、「交通の結節点」、「イベント会場」、「議論・討論・演説・講演会場」、「休憩・レクレーションの場所」など多岐にわたっているようです。イタリアの歴史は都市国家の歴史ともいわれています。ローマ、カルタゴ、ヴェネツィア、フィレンツェ、ミラノ、ナポリ、ジェノヴァ、トリノをはじめイタリア史において一時代を画したのは大都市を中心とした国家でした。イタリアは国土が狭く、大都市内も過密でした。そこにおいて人々の関係を円滑・有効に機能させたのが「広場」でした。これまでに紹介したドゥオーモ(大聖堂)の前にはドゥオーモ広場が、ヴェッキオ宮殿の前にはシニョリーア広場がありました。

その他の広場を紹介します。最初はサン・マルコ(Piazza San Marco)広場です。サン・マルコ修道院前の広場です。周囲に美術館などの文化施設が集まっているとともに、市内交通の要所になっていて様々な交通機関が集まっています。

k20090408-1.jpg

 

次はサン・ロレンツィオ教会前のサン・ロレンツィオ広場(Piazza San Lorenzo)です。市内有数の庶民的な広場で、広場から露店が軒を連ねています。衣類・装飾品・雑貨など何でもありの店が並んでいます。その先はフィレンツェの胃袋と言われている中央食品市場につながっています。

k20090408-2.jpg

 

三番目は共和国広場(Piazza dalla Repubblica)です。ポンテ・ヴェッキオからドゥオーモに向かう左側にある広場です。極めて庶民的な広場で、周囲にはレストランやカフェが並び、広場の中にはメリーゴーランドもあり、幼い子連れの家族から、老夫婦まで様々な人達が集まっていました。

k20090408-3.jpg

 

最後はサンタ・クローチェ広場(Piazza Santa Croce)です。ミケランジェロやガリレオが眠っているフランチェスコ会最大のサンタ・クローチェ教会の前の広場です。周囲にはレストランやカフェがありますが、極めてシンプルな広場です。訪問したのはもう夕暮れ時で人は少なかったですが、カップルやグループが親密そうに過ごしている様子が印象的でした。

k20090408-4.jpg

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: フィレンツェの広場

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://interesting.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/78