鹿苑寺(金閣寺)

| | トラックバック(0)

京都の西北端、京都市北区金閣寺町の「鹿苑寺(ろくおんじ)」、通称「金閣寺」です。

1397年(応永4年)に将軍足利義満が旧西園寺を一新して「北山殿」とよばれる山荘を造りました。その規模は御所に匹敵したそうです。義満の死後規模が縮小され、義満の法号「鹿苑院」から鹿苑寺と名付けられた禅寺になりました。その時に唯一最初に姿のまま残ったのが釈迦様の骨を祀ったといわれる「舎利殿」です。漆地に金箔を貼った三層(金箔は二・三層のみ)の建物で、通称「金閣」とよばれました。寺も「金閣寺」という呼び名の方が一般的です。国宝であった金閣は1950年(昭和25年)に小説でも有名な放火事件により全焼しました。現存する金閣は1955年(昭和30年)に再建され、1987年(昭和62年)には金箔が厚いものに張り替えられました。私が最初に金閣を見たのは昭和39年でしたが、今回久しぶりに見た姿はその時よりずっと輝いて見える印象でした。金閣の傍の鏡湖池を中心に島、岩、石などを配した「池泉回遊式庭園」は室町時代の北山文化を代表するものです。

k20090412-1.jpg

 

鏡湖池の東側にある書院の庭に、足利義満手植えと伝えられる船の形をした「陸舟(りくしゅう)の松」があります。京都三松の一つに数えられています。後の松の木とあわせて帆掛け船のように見えます。舳先は西方浄土に向かっているのだそうです。足利義満の時代からの松とすると樹齢は約600年を越えています。

k20090412-2.jpg

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 鹿苑寺(金閣寺)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://interesting.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/80