2009年5月アーカイブ

京都市右京区御室大内の仁和寺(にんなじ)の庭園です。
仁和寺は仁和2年(886年)に第58代光孝天皇が国家と仏教の興隆を願って「西山御願寺」(にしやまごがんじ)という名称の寺の建立を発意され、次の第59代宇多天皇がその遺志をついで仁和4年(888年)に造営されました。先帝から受け継がれた「仁和」の年号から仁和寺という寺号で呼ばれるようになりました。皇室とゆかりの深い寺で、「御室御所」(おむろごしょ)と称されました。
世界遺産になっています。御室桜と呼ばれる桜の名所でもあります。数々の国宝で有名ですが、江戸時代に再整備された庭園も見事なものです。
最初は南庭です。奥左手が勅使門で天皇の勅使が入る門です。

k20090521-1.jpg

 

次は宸殿から北庭の池を通して見た五重塔です。

k20090521-2.jpg

 

最後は北庭のパノラマ画像です。拡大して(インターネット・エクスプローラの場合、右クリックで「リンクを新しいウインドウで開く」を選択)ご覧下さい。拡大画像が表示されない場合は一度画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

k20090521-3.jpg 

 

 

 

このアーカイブについて

このページには、2009年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年4月です。

次のアーカイブは2009年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja