2009年6月アーカイブ

国際スパイ博物館(International Spy Museum)です。
比較的新しい博物館で、アメリカの首都ワシントンDCに2002年に開設されました。ワシントンDCの博物館はその多くが無料ですが、ここは私営で有料です。ここの展示にはCIAやKGBの有力OBが協力しているそうです。
雨の日に短時間の自由時間がありましたので訪問してみました。
この博物館は名前の通り、国際的スパイ活動の歴史、使われてきた技術、歴史的収蔵品などが公開展示されています。
日本における諜報活動の代表として「忍者」や「東京ローズ」などに関する展示もあります。

k20090612-1.jpg

 

興味深い展示がたくさんありましたが、残念ながら館内は撮影禁止です。画像はお土産のスパイ活動解説本に紹介されているもので、1978年にKGBがイギリスでブルガリアから亡命した作家の殺人に使用したと言われている傘型の毒入り弾丸発射装置のカットモデルです。これ(の模型)も館内に展示されていました。
ワシントンDCはスパイ活動が活発(?)なところで、Spy Cityの異名があります。
隣接してSpy City Cafeが営業していて、スパイムードに浸りながらティータイムを過ごせます。

k20090612-2.jpg

 

 

 

 

このアーカイブについて

このページには、2009年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年5月です。

次のアーカイブは2009年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja