2009年10月アーカイブ

日本三大夜景(HPHPの日本三大夜景をご覧下さい)は北から「函館山からの函館市街の夜景」「摩耶山掬星台からの神戸から大阪の夜景」「稲佐山からの長崎市街の夜景」です。2000年から10年越しで三大夜景を撮影することができました。

最後の仕上げが神戸の「摩耶山掬星台からの神戸から大阪の夜景」でした。夜景の広大さは三大夜景随一といっていいでしょう。神戸市街から大阪市街、さらに大阪湾の対岸にかけて100kmにもおよぶ範囲の夜景が眼前に広がっています。よく素晴らしい夜景を「百万ドルの夜景」といいますが、ここは「千万ドルの夜景」と銘打っています。それも頷ける巨大な規模です。

画像右端の神戸中心街から順に左に、海の中に飛び出している神戸ポートアイランド、出島のような形の六甲アイランド、芦屋市、西宮市、尼崎市、大阪市の夜景が広がっています。

拡大して(インターネット・エクスプローラの場合、右クリックで「リンクを新しいウインドウで開く」を選択)ご覧下さい。拡大画像が表示されない場合は一度画像をクリックすると拡大画像が表示されます。
K20091028-1.jpg  

 

 

 

 

オリオン座流星群の流星を狙って撮影していた時に撮れた流れ星です。
見上げていた北の空の真上に近いところから下に向かって、ひときわ明るい流れ星が表れました。流れてきた方向がオリオン座流星群の流出点とはだいぶ異なりますのでオリオン座流星群の流星ではないようです。
流れ星の先のW字型(画像では上下反転してMの字の両側がひらいたようになっている)の星座がカシオペア座です。
カシオペア座のWの両側の直線を延長した交点からW字の中央の星に向かってひいた線を5倍延長した先が北極星です。画像下部の星が北極星です。
わが家の付近としては比較的暗い所の林の中で撮影しました。しかし真夜中でも空が明るく、コントラストが小さくて流星を明るく写すことができませんでした。都市部の人口密集地付近での流星撮影は難しいです。
正規のISO感度範囲を超えた高感度設定で撮影し、さらにかなりコントラストを上げて現像しています。そのため色がほとんどでていません。
次は周囲に灯りが少なく、星がくっきり見えるような場所で撮影してみたいです。
k20091023-1.jpg

 

 

 

 

このアーカイブについて

このページには、2009年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年7月です。

次のアーカイブは2009年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja