2015年8月アーカイブ

30年来取り組んできた自動運転について、その技術などをまとめた本を津川定之氏、青木啓二氏との三名共著で上梓しました。

7月31日に森北出版から発刊されました。

自動駐車や渋滞時の自動追従などの自動運転は実用化(発売)が始まっています。さらに高度な自動運転も実用化が近いと言われています。

自動運転システムとはどのようなものか、発展経緯、技術内容、研究開発事例、課題

など、自動運転システムと技術の全体について分かり易くまとめました。自動運転の全体像や基本技術などを把握するのに適しています。

書籍紹介や内容見本(PDFファイル)が下のURLに掲載されています。

https://www.morikita.co.jp/books/book/2832

 

書名:自動運転

副題:システム構成と要素技術

英名:AUTOMATED DRIVING -Systems and Technologies-

著者:保坂明夫、青木啓二、津川定之 共著

発行所:森北出版株式会社 【URL】http://www.morikita.co.jp/

体裁:菊版 192頁

定価:2800 円(+税)

発行年月:2015年 7月31日

 








少し古い話になりますが、2013年12月に発行した「路車協調でつくるスマートウェイ:AHSによる安全な道路の構築と国土イノベーション」が交通図書賞を受賞しました。専門関係者から評価されたことは嬉しいです。

図書内容は以下のように紹介されています。

ITSとは、最先端の情報通信技術を交通システムに新結合させ、自動車交通がもたらした負の遺産である事故・渋滞・環境問題の解決だけでなく、21世紀の社会・経済・生活に革新をもたらそうとする研究開発分野です。

本書はその中でも、日本が世界に先駆けて発信した路車協調システム「スマートウェイ」の具体的プロジェクトであるAHS(Advanced Cruse-Assist Highway Systems:走行支援道路システム)の研究開発の歴史を整理し、欧米のキャッチアップではないイノベーションのための研究開発の立ち上げの苦闘、応用研究や実用化研究の違いやその進め方の秘訣が記述されています。

また、単なる研究開発の解説書ではなく、交通システムの革新が、国土や都市そのものを変化させることを交通の歴史を紐解きながら整理し、スマートウェイという路車協調システムが社会をどのように変化させていくのかという今後を考えるために有効なアイデアがちりばめられています。イノベーションのための将来の研究開発を行いたいと願う研究者や行政官の参考になる書です。


k20150802-1.jpg