イタリアの最近のブログ記事

フィレンツェの「広場」を紹介します。

フィレンツェをはじめイタリアの諸都市には「広場(イタリア語でPiazza、英語ではPlazaに相当)」がたくさんあります。主な位置付けは「人々が集まるところ」でしょうか。一口に広場と言ってもその用途・目的は「宮殿や教会など多人数が集まる施設の門前」、「市場・交換場所」、「交通の結節点」、「イベント会場」、「議論・討論・演説・講演会場」、「休憩・レクレーションの場所」など多岐にわたっているようです。イタリアの歴史は都市国家の歴史ともいわれています。ローマ、カルタゴ、ヴェネツィア、フィレンツェ、ミラノ、ナポリ、ジェノヴァ、トリノをはじめイタリア史において一時代を画したのは大都市を中心とした国家でした。イタリアは国土が狭く、大都市内も過密でした。そこにおいて人々の関係を円滑・有効に機能させたのが「広場」でした。これまでに紹介したドゥオーモ(大聖堂)の前にはドゥオーモ広場が、ヴェッキオ宮殿の前にはシニョリーア広場がありました。

その他の広場を紹介します。最初はサン・マルコ(Piazza San Marco)広場です。サン・マルコ修道院前の広場です。周囲に美術館などの文化施設が集まっているとともに、市内交通の要所になっていて様々な交通機関が集まっています。

k20090408-1.jpg

 

次はサン・ロレンツィオ教会前のサン・ロレンツィオ広場(Piazza San Lorenzo)です。市内有数の庶民的な広場で、広場から露店が軒を連ねています。衣類・装飾品・雑貨など何でもありの店が並んでいます。その先はフィレンツェの胃袋と言われている中央食品市場につながっています。

k20090408-2.jpg

 

三番目は共和国広場(Piazza dalla Repubblica)です。ポンテ・ヴェッキオからドゥオーモに向かう左側にある広場です。極めて庶民的な広場で、周囲にはレストランやカフェが並び、広場の中にはメリーゴーランドもあり、幼い子連れの家族から、老夫婦まで様々な人達が集まっていました。

k20090408-3.jpg

 

最後はサンタ・クローチェ広場(Piazza Santa Croce)です。ミケランジェロやガリレオが眠っているフランチェスコ会最大のサンタ・クローチェ教会の前の広場です。周囲にはレストランやカフェがありますが、極めてシンプルな広場です。訪問したのはもう夕暮れ時で人は少なかったですが、カップルやグループが親密そうに過ごしている様子が印象的でした。

k20090408-4.jpg

 

 

 

 

シニョリーア広場(Piazza della Signoria)は宮殿前の大きな広場で、かってはこのあたりがフィレンツェの政治の中心地だったそうです。歴史的な建造物が周囲を囲んでおり、さらにしゃれたカフェなども軒を連ね、観光スポットになっています。

正面の高い塔を有する建物が「ヴェッキオ宮殿(現在は市庁舎)」、その右のアーケード風の建物が「ランツィのロッジア」、宮殿の左側の白い像は「ネプチューンの噴水」、その左に「コジモ1世の騎馬像」があります。広場には大勢の観光客や地元の人達が集まっています。

k20090330-1.jpg

 

ヴェッキオ宮殿は1299年から1314年にかけて建設されたものです。彫刻家アルノルフォ・ディ・カンビオによって設計された歴史的な建物です。かつてはフィレンツェ共和国政庁舎として使われ、現在はフィレンツェの市庁舎になっています。高い塔は「アルノルフォの塔」と呼ばれる鐘楼で、94mの高さです。現在は時計塔になっています。入口正面階段にはミケランジェロ作 「ダヴィデ」像のレプリカ(オリジナルはアカデミア美術館に展示)が置かれています。宮殿内にはレオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロなどの多くの彫刻や絵画が展示されています。シニョリーア広場には観光用の馬車が何台か客待ちをしていました。フィレンツェ観光にはこのような馬車が似合いそうです。

k20090330-2.jpg

 

宮殿に向かって右側には大きなゴシック様式のアーケードを持つランツィのロッジア(Loggia dei Lanzi)があります。14世紀後半に建てられたものです。ベンヴェヌート・チェッリーニ作の 「ペルセウス( Perseo)像」など、14世紀から16世紀にかけての地元の彫刻家の作品が展示されています。画像左端のブロンズ像がメドゥーサの首を掲げるペルセウスの像です。ロッジアはアーケード建築、ランツィは槍兵の意味だそうですが、16世紀にランツィ・ケネッキと呼ばれるドイツ槍兵が駐屯したことから名付けられたとか。もともとは広場の集会におけるステージだったそうですが、現在はギャラリーとなっています。

k20090330-3.jpg

 

宮殿の左側には1575年にバルトロメオ・アンマンナーティによって作られた「ネプチューンの噴水」があります。ネプチューンはローマ神話の海の神様で、ギリシャ神話のポセイドンに相当します。ネプチューンの足元にサチュロス(ギリシア神話の下半身が山羊の怪物)がいたりして、複雑な場面になっています。

k20090330-4.jpg

 

さらに左側には「大公コジモ1世の騎馬像」があります。コジモ1世(コジモ・デ・メディチ)は1537年にメディチ家の当主となり、フィレンツェ大公となった人です。1570年には法王ピオ5世によって初代トスカナ大公の地位が与えられました。フィレンツェの都市改造事業を行ない、現在のウフィツィ美術館やヴァザーリの回廊などを建設し、今日のフィレンツェの景観を作り上げました。そのコジモ1世を記念して作られたものだそうです。

k20090330-5.jpg

 

 

 

 

イタリア、フィレンツェのポンテ・ヴェッキオ(Ponte Vecchio)です。
Ponteはイタリア語で「橋」、Vecchioは「古い」を表すそうです。
その名の通り、14世紀中頃(1345年?)には既に開通していた、フィレンツェで最も「古い橋」で、最もユニークな橋です。
前回紹介した大聖堂前のサン・ジョバンニ広場から南に下り、途中ヴェッキオ宮殿の前を通り、フィレンツェの中央を流れるアルノ川にでたところにあります。画像の左側の橋がポンテ・ヴェッキオ、右に見える塔がヴェッキオ宮殿の鐘楼(現在は時計塔)です。

k20090328-1.jpg

 

ポンテ・ヴェッキオは世界でも最も有名な橋のひとつといわれています。基本構造は三連のアーチ橋ですが、その上に建物がたくさんのっていて、川を渡るという役割とともに、商店街や住宅街の役割を果たしています。

k20090328-2.jpg

 

下流側からみたところです。橋にへばりつくようにして多くの建物が連なっています。橋の中央部分は切り通しのようになっていて、川の景色を望むことができます。

k20090328-3.jpg

 

橋はいつも買い物客や観光客など多くの人で賑わっています。画像は橋の南側入口を手前から見たところです。フィレンツェにきたら最低限大聖堂(ドゥオーモ)とポンテ・ヴェッキオは押さえなければいけないといわれているとか。

k20090328-4.jpg

 

橋の中央部の上流側はユニークなアーチ状の建物があり、観光客の人気撮影スポットになっています。神曲で有名な詩人ダンテもここからのアルノ川と明月の絶景を愛でていたとか。

k20090328-5.jpg

 

ポンテ・ヴェッキオの橋の上の店は、建設当初は肉屋などの生活用品を扱う店が多かったそうですが、その後金銀細工などを扱う店が中心になり、現在は貴金属装飾品の店がずらりと並んでいます。中には世界的に有名なブランド店もあります。

k20090328-6.jpg

 

 

 

 

イタリア、トスカーナ州の州都フィレンツェはルネッサンスの興隆の地であり、現在もイタリア文化の中心的都市です。市街地は美しくまとまっていて、歴史的文化遺産も多く見どころがたくさんあります。
その代表が大聖堂です。現地ではドゥオーモと呼ばれます。白・緑・バラ色の大理石によって造られた壮麗な建物です。

サン・ジョバンニ広場に入ると手前に大きな八角形の洗礼堂、続いて大聖堂の本体、向かって右側にジェットの鐘楼がそびえ、その奥に大聖堂の後陣にあるクーポラと呼ばれる大円屋根が見えます。それぞれがみごたえのある建物で、それがそろっている様は壮観です。

k20090322-1.jpg

 

大聖堂内部は装飾は少なくて比較的簡素ですが大きく重々しい雰囲気です。最深部の上がクーポラです。

k20090322-2.jpg

 

クーポラの内側(円屋根の裏側)は見事な大壁画で彩られています。

k20090322-3.jpg

 

クーポラは106mの高さがあり、13世紀末から15世紀中頃の約150年かけて建築されました。463段の狭い階段を歩いて最上部の展望階にあがることができます。クーポラの展望階はフィレンツェ市街地で最も高い場所で、市街地が一望できます。画像はジェットの鐘楼のある方向を見下ろしたところです。円屋根が滑り台のように下に伸びている様子がわかります。次の画像はジェットの鐘楼の上部から撮影したものです。

k20090322-4.jpg

 

ジェットの鐘楼はジェットとその弟子によって1334~1359年にかけて建築された鐘突堂です。ジェットの鐘楼にも登ることができます。こちらは高さ85m、414段の階段を登ります。クーポラと合わせると約850段の階段です。リフトやエスカレータはありません。これを上り降りするのは良い運動になります。画像はジェットの鐘楼最上部のテラスからクーポラとフィレンツェ市街地を望んだものです。フィレンツェ市街は黄土色の壁と橙色の屋根で統一されています。またその高さも制限され、ほぼ同じ高さで統一されています。イタリアではピサやトリノなどでも色彩や高さが揃えられている街を上から見る経験をしました。フィレンツェはそのなかでももっとも均整のとれた美しい街でしょう。上の画像はクーポラ上部の展望階から撮影したものです。

k20090322-5.jpg

 

 

 

 

ルネッサンス期の天才、レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452~1519年)が生まれたヴィンチ(Vinci)村を訪問する機会がありました。

レオナルド・ダ・ヴィンチの名前はヴィンチ村のレオナルドということで名付けられたそうです。清水の次郎長(清水湊の次郎長)とか黒駒の勝蔵(黒駒村の勝蔵)というのと同じらしいです。

今も500年以上昔の姿が保存されているレオナルド・ダ・ヴィンチの生家です。

20090317-1.jpg

 

生家はイタリア、トスカーナ州、アルバーノ山の山腹にあり、周囲はオリーブの畑に囲まれています。

20090317-2.jpg

 

生家の近くにはヴィンチ博物館(イタリア語でMUSEO VINCIANO、和名はダ・ヴィンチ博物館、あるいはレオナルド・ダ・ヴィンチ博物館)があります。建物は13世紀建造のヴィンチ城を利用しているそうです。移動途中の10分足らずの立ち寄りでしたので、館内には入りませんでした。レオナルド・ダ・ヴィンチのアイデアに基づく様々な発明品が所蔵・展示されているとのこと。少しでも見てみたかったです。

20090317-3.jpg

 

博物館の入り口の庭にはレオナルド・ダ・ヴィンチが描いたウィトルウィウス的人体図を模式化したモニュメントがありました。紀元前1世紀頃のローマの建築家ポッリオ・ウィトルウィウスの著作に記述されている人体の寸法の特徴と自身の観察に基づく特徴を図式化したものです。画像の左側がモニュメント、右側がウィトルウィウス的人体図です。

20090317-4.jpg

 

 

 

 

ガリレオが「自由落下するときの時間は落下する物体の質量には依存しないという法則」を実証したことで有名なピサの斜塔(Torre di Pisa)を訪問する機会がありました。

イタリアのピサ市にあるピサ大聖堂の鐘楼として建てられたものです。1173年に着工されました。高さは55mです。建設開始後まもなく傾斜が始まり、当初計画より低い建物になってしまいました。1990年から2001にかけて本格的な修復(傾斜増大回避対策)作業が行われました。現在の傾斜角は約4度だそうです。現地で見た印象は、写真などで想像していたよりも大きく傾いている印象でした。一時公開(登塔)禁止されていましたが、現在は今後300年は持つということで再公開され、97段の階段の上の展望階に登ることができました。

20090311-1.jpg

 

 

 

 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちイタリアカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはアメリカです。

次のカテゴリはイベントです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2009年4月: 月別アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja