アメリカの最近のブログ記事

国際スパイ博物館(International Spy Museum)です。
比較的新しい博物館で、アメリカの首都ワシントンDCに2002年に開設されました。ワシントンDCの博物館はその多くが無料ですが、ここは私営で有料です。ここの展示にはCIAやKGBの有力OBが協力しているそうです。
雨の日に短時間の自由時間がありましたので訪問してみました。
この博物館は名前の通り、国際的スパイ活動の歴史、使われてきた技術、歴史的収蔵品などが公開展示されています。
日本における諜報活動の代表として「忍者」や「東京ローズ」などに関する展示もあります。

k20090612-1.jpg

 

興味深い展示がたくさんありましたが、残念ながら館内は撮影禁止です。画像はお土産のスパイ活動解説本に紹介されているもので、1978年にKGBがイギリスでブルガリアから亡命した作家の殺人に使用したと言われている傘型の毒入り弾丸発射装置のカットモデルです。これ(の模型)も館内に展示されていました。
ワシントンDCはスパイ活動が活発(?)なところで、Spy Cityの異名があります。
隣接してSpy City Cafeが営業していて、スパイムードに浸りながらティータイムを過ごせます。

k20090612-2.jpg

 

 

 

 

夜のニュー・ヨークの続きです。ニュー・ヨークといえば「エンパイアー・ステートビル」です。
キングコングも登った(?)夜のエンパイアステートビル。

20090126-1.jpg

 

エンパイアステートビルの最上階から見たマンハッタンの夜景。所狭しと摩天楼が林立しているのがわかります。

20090126-2.jpg

 

エンパイアステートビルの最上階から見た夜の自由の女神像。きれいにライトアップされています。

20090126-3.jpg

 

 

 

 

昼のニュー・ヨークも素敵ですが、夜のニュー・ヨークは一段と魅力的です。ここはタイム・ワーナー・センタです。
場所はマンハッタンの北、セントラル・パークの西南部のコロンバス・サークルにあります。総工費約2200億円をかけて、コロンブス・サークルの円形広場を半周かこむように、80階建て230mの二つのビルと4階建てのショッピング・モールが建てられています。タイム・ワーナー社のオフィス・タワーを中心に有名店や高級ホテルが集まっています。訪問したのはクリスマスの少し前でしたので、通りはクリスマスのイルミネーションで飾られて、綺麗でした。

20090124-1.jpg

 

 

 

 

自由の女神像があるリバティ島から戻ると、ほどなく夕暮れになりました。夕日に空が綺麗に染まっています。空にはカモメが飛んでいます。自由の女神像が素晴らしい背景に浮かび上がっています。思わずほっとするようなニューヨークの夕暮れです。

20090107-1.jpg

 

 

 

 

1008年11月にニューヨーク(New York)を訪問しました。晩秋のニューヨークの表情を紹介します。

ニューヨークと言えば先ず自由の女神像(The Statue of Liberty)です。ヨーロッパから大西洋を渡って新大陸アメリカに到着するところがニューヨークでした。入口のニューヨーク湾に入り、最初に目にはいる場所であるリバティ島に建てられたのが自由の女神像でした。アメリカの独立100周年を記念して独立を支援したフランスから贈られ、1886年に完成しました。以来「自由を象徴する像」としてアメリカのシンボルとなっています。世界各地からやってくる移民にとっても新天地の象徴ともなっていました。世界遺産に登録されています。画像はリバティ島にわたるフェリーから撮影したもので、後にはニューヨークのマンハッタン島と高層ビル群が見えます。

20090101-1.jpg

 

右手には純金で形作られた炎のたいまつが掲げられ、左手にはアメリカ合衆国の独立記念日である「1776年7月4日」とローマ数字で刻印されている銘板を持っています。足元には引きちぎられた鎖と足かせがあり、弾圧や抑圧からの解放と、人類は皆自由で平等であることを象徴しています。女神がかぶっている王冠には7つの突起があり、7大陸と7つの海に自由が広がることを象徴しているそうです。台座を含めて93mの高さです。たいまつのところが展望台になって、見物客が見えます。その人達との対比から大きさが想像できると思います。911テロの後入場が制限され、内部見物は1週間以上前に予約した少数の人しか認められていません。

20090101-2.jpg

 

 

 

 

ザイオン国立公園には、不思議なかたちの岩山がたくさんあります。これはオルガン(Organ)と名付けられています。パイプオルガンのように見えます。

20081106-1.jpg

 

垂直に切り立った大きな岩山も多くあります。これはザイオン国立公園で最も魅力的なトレイル(散策道)があるといわれているエンゼルス・ランディング(Angels Landing:天使が舞い降りるところ)です。絶壁の上に登ることができます。

パノラマ画像です。拡大して(インターネット・エクスプローラの場合、右クリックで「リンクを新しいウインドウで開く」を選択)ご覧下さい。

20081106-2.jpg

 

渓谷に流れるバージン川に沿ってリバーサイド・ウォーク(Riverside Walk)という散策路があります。両側にはほぼ垂直の絶壁が迫っています。バージン川上流は川の中を歩いて谷間を上流に上っていくことができます。

20081106-3.jpg

 

岩壁は垂直に切り立っているだけでなく、道の上にのし掛かってくるようになっているところもあります。

20081106-4.jpg

 

ザイオン渓谷は24Kmにもわたって続いています。その両側には高さ600mにもおよぶ急峻で変化に富んだ岩山が連なり、谷間には曲がりくねった道路が続いています。いろは坂のようなところもあります。画像中央にかすかに道路が見えます。道路の上に小さな小さな白いゴミのようなものが見えます。それが長さ10m程度のキャンピングカーです。それとの対比で岩山の大きさが想像いただけますでしょうか。

20081106-5.jpg

ザイオン国立公園は独特のナバホ・サンドストーン(Navajo Sandstone)が浸食されてできた、美しくて気高い彫刻模様が溢れていました。

 

グランド・サークル巡りの紹介は今日で完了です。今回のグランド・サークル巡りはグランド・キャニオン、アンテロープ・キャニオン、モニュメント・バレー、ブライス・キャニオン、ザイオンなど、期待・想像していたスケールや不思議さを遙かに上回る景色を堪能することができました。あらためて自然や時の流れの偉大さと不思議な力を実感として感じることができました。

 

 

 

 

 

ザイオン国立公園は、ナバホ・サンドストーン(Navajo Sandstone)とよばれる砂岩層が浸食されてできた岩山に囲まれた、長さ24kmにおよぶザイオン渓谷を中心とした公園です。
私たちはブライス・キャニオンからザイオンに向かい、東側の入口から公園に入りました。公園入口近くに有名なチェッカーボード・メサ(Checkerboard Mesa)があります。岩肌にチェッカーボード(チェスの盤)のような碁盤目状の模様があります。

20081102-1.jpg

 

マウント・キャメル・ハイウエイ(Mount Camel Highway)を走ってザイオン渓谷を進みます。道路沿いに魅力的な形の岩山が次々と登場します。

20081102-2.jpg

次はザイオン渓谷のポイントを紹介します。

 

 

 

 

ブライス・ポイントからピーカブー・ループ・トレイル(Peakaboo Loop Trail)という散策路を通って谷間に降りていきます。谷の斜面にそって細い道が続いています。この写真の場面は比較的斜面の傾斜が緩やかで、道幅が広いですが、中には急斜面に狭い道というようなところもあります。

20081025-1.jpg

 

岩柱の間を縫うように道が通っています。

20081025-2.jpg

 

谷の上を見上げると、斜面からニョキニョキと生えてきているような岩柱が見えます。今にも頭の上に落ちてくるかのような迫力です。

20081025-3.jpg

 

様々な形の岩柱や木の林の中を散策コースが続きます。途中からナバホ・ループ・トレイル(Navajo Loop Trail)につながっています。

20081025-4.jpg

 

最後の方は岩柱が近くに迫っている狭いところを通って行きます。こんな狭いところににも大きな木が太陽を求めて高く背を伸ばしています。

20081025-5.jpg

 

岩柱の隙間を通り抜けたところです。人の大きさから周囲の岩柱の大きさ、高さが想像できると思います。

20081025-6.jpg

 

コースの最後はサンセット・ポイントに上がります。その途中から谷の方を見ると、不思議な形の岩柱がたくさん連なってみごとな景観をていしています。

20081025-7.jpg

このコースを最後にブライス・キャニオンに別れを告げ、ザイオン国立公園に向かいます。

 

 

 

 

次の景観ポイントはブライス・ポイント(Bryce Point)です。

ブライス・キャニオンは幾層にも重ねられた地層が風や水に浸食されてできています。その地層の多様性が岩柱(hoodoo)を始めとする地形の多様性を産み出しています。ブライス・ポイントにもじつに様々な形の岩柱を始めとする地形が並んでいます。

20081012-1.jpg

 

岩柱ではありませんが、多くの穴(Window)や洞穴(Grotto)があります。これは地層の中に砂岩(Sandstone)という砂を固めたような、比較的柔らかい層があり、それが固い岩の層の裂け目などから入り込んだ水やその氷、風雨などによって押し出されたり浸食されて穴があいてできます。下の写真にも大きな洞穴が多数見えます。

20081012-2.jpg

 

事前に調べたり教えて頂いた情報で、上から眺めるだけでなく散策路(Trail)を歩いて、横や下から見たブライス・キャニオンがすばらしいとのこと、是非見てみたいと思っていました。ブライス・ポイントから降りてピーカーブー・ループ・トレイル(Peakaboo Loop Trail)歩く予定です。下の写真の右下に細い道が続いているのが見えます。

20081012-3.jpg

いよいよ谷底に向かって歩き始めます。

 

このブログでも紹介してきましたが、モニュメント・バレーで多くの映画が撮影されています。その撮影地を集めたページ「モニュメント・バレーの映画撮影地」をアップしました。ご覧下さい。

 

 

 

 

次の景観ポイントはインスピレーション・ポイント(Inspiration Point)です。

ブライス・キャニオンは基本的に高原が風、水、氷によって浸食されてできたものです。巨大な自然の円形劇場ともいわれています。その雰囲気がここインスピレーション・ポイントによくでています。擂り鉢状に掘られた地形にたくさんの岩柱(hoodoo)がならんでいます。底の部分には濃い緑が見られます。

パノラマ画像です。拡大して(インターネット・エクスプローラの場合、右クリックで「リンクを新しいウインドウで開く」を選択)ご覧下さい。

20081007-1.jpg

 

岩柱はそれぞれ複雑な色と形をしています。中には60mにも達する高さのものもあります。このような形のものがよく崩れないものだと感心します。自然が産み出した驚異の造形ですね。

20081007-2.jpg

次はブライス・ポイントです。そこから谷間に降りていきます。

 

 

 

次の景観ポイントはサンセット・ポイント(Sunset Point)です。深い谷底に向かう崖にたくさんの岩柱が並んでいます。

パノラマ画像です。拡大して(IE(インターネット・エクスプローラ)の場合、右クリックで「リンクを新しいウインドウで開く」を選択)ご覧下さい。

20081003-1.jpg

 

右側の崖の部分を見てみると、複雑な形の岩柱の間に散策路(Trail)が通っています。明日は逆方向から歩いてきて、ここを登ってくる予定です。かなりきつい坂のようですが、周囲の景色は魅力的でしょう。

20081003-2.jpg

 

中央の奥の方には不思議な形の岩柱が密集(?)しています。色も多様です。

20081003-3.jpg

 

その一部をさらにアップで見てみると、複雑に重なった地層が削られて岩の尖塔ができているのが見えます。岩の層毎に色も異なって複雑です。

20081003-4.jpg

 

別な場所をアップすると、赤茶色の岩柱がびっしりと並んでいます。それぞれの岩柱の形状は、なんとも表現が困難なくらい複雑怪奇な形です。

20081003-5.jpg

これぞ典型的なブライス・キャニオン(Bryce Canyon)の景色ですが、驚かされます。

 

 

 

 

いよいよブライス・キャニオン国立公園(Bryce Canyon National Park)に到着です。ブライス・キャニオンには「岩柱(hoodoo)」とよばれる尖塔のような独特の地形が形成され、奇妙かつ不安定な姿の岩々が何千も並んでいます。

まずビジターセンタから最も近い景観ポイントのサンライズ・ポイント(Sunrise Point)を訪れました。広大な視界の中央付近に岩柱がたくさん並んでいるのが見えます。

パノラマ画像です。拡大して(IE(インターネット・エクスプローラ)の場合、右クリックで「リンクを新しいウインドウで開く」を選択)ご覧下さい。

20080930-1.jpg

 

少し回り込んで岩柱に近付いてみると異なる色の地層が不思議な形に削られて並んでいる様子がわかります。

20080930-2.jpg

 

かなり規則的に並んで、お城や砦のような巨大構造物のように見えるところもあります。

20080930-3.jpg

 

ブライス・キャニオンの不思議な岩柱には期待していました。期待に違わぬ景観が見られましたが、驚くのはまだ早いです。これからさらに不思議な光景が展開されていきます。

 

 

 

 

モニュメント・バレーから次の目的地、ブライス・キャニオンに向かいます。先ずペイジ(Page)の町に戻ります。Pageを過ぎるとすぐにパウエル湖(Lake Powelll)があります。コロラド川にできた人造湖で、アメリカ二番目の大きさの人造湖です。湖の幅約300km、周囲の総延長は3000km以上にもおよぶ大きさです。湖の出口にグレン・キャニオン・ダム(Glen Canyon Dam)があります。ダムができてからパウエル湖が満水になるまでに17年もかかったとか。その規模の大きさはとてつもないものです。画像はパウエル湖とグレン・キャニオン・ダムのパノラマです。

20080928-1.jpg

 

PageからUS89号線を西に向かうとカナブ(Kanab)の町に着きます。次の目的地のブライス・キャニオン観光の拠点にした町です。「リトル・ハリウッド」と言われ、映画の撮影が多く行われた町だそうです。町中に映画にまつわる展示物が多く存在しています。町のはずれにMovie Townという映画博物館的な施設があり、映画撮影に利用された建物や大道具・小道具が展示されています。画像はMovie Townの内部です。

20080928-2.jpg

 

モニュメント・バレーの日の出を見て、すぐに移動したのでまだ時間がありました。明日の本格的な観光とウォーキングに備えて、ブライス・キャニオンに下見にでかけました。途中にシーニック・ハイウエイ(Scenic Highway)と呼ばれる景観道路があります。そこにはレッド・キャニオン(Red Canyon:赤い谷)と呼ばれる谷間があります。名前の通り赤い岩の谷間です。道路際に不思議な形の赤い岩が連なっています。ここだけでも立派な観光地です。

20080928-3.jpg

 

道路に赤い岩のアーチがかかっています。周囲の地形を利用した心憎い演出の道路です。さすがシーニック・ハイウェイ。

20080928-4.jpg

 

次は今回のグランド・サークル巡りの一つのハイライト、ブライス・キャニオン(Bryce Canyon)です。

 

 

 

 

長いこと紹介してきましたモニュメント・バレーも今日で終わりです。モニュメント・バレーの中を通っているUS-163号線を少し北に行った地点からモニュメント・バレーを振り返ると、多くのビュートやメサが見えます。映画「フォレスト・ガンプ/一期一会」の撮影ポイントとして紹介した場所です。その地点からのパノラマ画像に、現地のガイド図と照らし合わせて分かった名前を記入して紹介します。これまで紹介した多くのポイントの位置関係などがわかると思います。

同じビュートやメサに対して別な名前がついているものもあるようです。例えばWestとEast Mitten ButteはそれぞれLeftとRight Mitten Butteとも呼ばれます。こちらはどちらで呼んでも理解できます。道路正面に見えるBringham's TombにはSaddlebackという名前もあるようです。

パノラマ画像です。拡大して(IE(インターネット・エクスプローラ)の場合、右クリックで「リンクを新しいウインドウで開く」を選択)ご覧下さい。

20080927-1.jpg

 

アメリカの原風景の一つともいわれていますが、映画やCMで見慣れているせいか、これぞアメリカと感じる景色でした。是非訪れてみたいという長年の夢が叶い、想像していた以上の景色を実際に見ることができて幸せでした。

 

モニュメント・バレーで多くの映画が撮影されています。その撮影地を集めたページ「モニュメント・バレーの映画撮影地」をアップしました。ご覧下さい。 

 

 

 

 

朝、日の出の時のモニュメント・バレーも素晴らしいと評判でした。早朝4時半に起床、日の出前にモニュメント・バレーに到着です。日の出の時刻がグランド・キャニオンとほぼ同じと勝手に決め込んで出かけましたが、日にちと高度の違いで、想定よりも15分近く早く陽が昇りはじめました。モニュメント・バレーの東側の山並みの先の空が綺麗に赤く染まりはじめました。雲はありませんが山の稜線近くの空は真っ赤です。山の稜線のモノクロのグラデュエーションと空のカラーが不思議な雰囲気の光景を作りだしています。

20080926-1.jpg

 

本来は入口近くのビュートの裏側が見える位置に回り込んでから日の出を迎えたかったのですが、日の出が予想外に早くて裏に回る余裕が無く、東西の手袋の中間地点で日の出を迎えます。

20080926-2.jpg

 

夕景と同じようにビュートやメサが赤く染まりはじめます。

20080926-3.jpg

 

スリー・シスターズの三姉妹も頬を真っ赤に染めて、朝を迎えます。

20080926-4.jpg

 

地平線から陽が昇り終わりましたが、ビュートの上に陽が出るところを撮るべく場所を移動して、East Mitten Butteから太陽が顔を出してダイヤモンド・ビュートになる瞬間を中望遠レンズで撮ることができました。

20080926-5.jpg

 

広角レンズでも、West Mitten Butte、East Mitten Butte、Merrick Butteの影をいれて、ダイヤモンドを撮影。空の色も含めたコントラスト、グラデュエーションを見た印象に近い状態に現像するのに苦労しましたが、納得のいく画像がえられました。

20080926-6.jpg

日の出時に太陽の回りに光の輪ができている写真がNPHPブログ版に掲載されています。 

 

昨日の夕の景色と今日の朝の景色、時間的には大変でしたが、苦労した甲斐のある画像が得られて、大満足です。

 

 

 

 

モニュメント・バレーの夕景も魅力的です。もともと赤茶色いビュートやメサに夕陽が当たると、赤く浮かび上がったような光景になります。多くの人がチャレンジしていますが、天候や時刻恵まれないといい写真が撮れないようです。グランド・キャニオンの夕景もよかったですが、モニュメント・バレーの夕景はまた格別です。今回のグランド・サークル巡りの一つ大きなハイライトでした。現地時刻で午後8時頃でしたので、その後の行動も考えると、ちょっときつい時刻でしたが、無理した甲斐がありました。納得のいく画像が撮れました。素晴らしい夕景をご覧下さい。

西の地平線に夕日が沈みます。

20080925-1.jpg

 

ほぼ水平の夕陽が、グランド・サークル巡り (13) モニュメント・バレー その3で紹介した、ウエスト・ミトン・ビュート、イースト・ミトン・ビュート、メリック・ビュートにあたり、綺麗に浮かび上がったような光景が展開されます。

20080925-2.jpg

 

さらに日が沈み、暗くなるとビュートの上部だけが濃い赤茶色になります。これらの画像はかなり絞り込んで撮影して、光と色のコントラストの強い画像にしています。

 

20080925-3.jpg 

なんとも言えない、敬虔な気持ちになって眺めていました。

 

 

 

 

モニュメント・バレーにはジョン・フォード・ポイント以外にも素晴らしい景色が一望できるポイントがあります。その一つがアーティスツ・ポイント(Artist's Point:芸術家ポイント)です。ビジター・センターから一番奥にあり、これまで見てきた岩山を裏から見るような位置になります。多くのビュートやメサを一望でき、絵心を誘われます。パノラマ画像です。拡大して(IEの場合右クリックで「リンクを新しいウインドウで開く」を選択)ご覧下さい。

1-アーティスツ・ポイントのパノラマ

20080924-1.jpg

 

次はノース・ウィンド(North Window:北の窓)です。エレファント・ビュートの後側で二つのビュートの間(窓)から素晴らしい景色が見られます。画像はその窓(中央やや右側)の手前から撮ったものです。

2-ノース・ウィンド(North Window:北の窓)の手前

20080924-2.jpg

 

このあたりも「西部開拓史 How the West Was Won (1962) 」や「捜索者 The Searchers (1956) 」がここで撮影されました。画像は「西部開拓史」のラストに近い場面で主役の一家が叔母さんの家に向かうところのイメージです。

3-西部開拓史のシーンのイメージ

20080924-3.jpg

 

ノース・ウィンドからは多くのビュートやメサが連なる光景が見られます。

4-ノース・ウィンド

20080924-4.jpg

 

ここでは「捜索者」の撮影が行われました。画像はそのシーンのイメージです。

5-捜索者シーンのイメージ

20080924-5.jpg

 

ここから見える平原でも多くの映画が撮影されています。

6-ノース・ウィンドから見える平原

20080924-6.jpg

 

下の画像は映画「バック・トゥ・ザ・フューチャーⅢ Back to the Future Part Ⅲ (1990) 」で1885年にタイムトラベルした主人公と愛車「デロリアン」が先住民族の目前に登場してあわてて逃げるシーンのイメージです。実際の撮影は平原の奥の方で行われたと思いますが、我々はそこまでは入っていけませんでした。

7-バック・トゥ・ザ・フューチャーⅢのシーンのイメージ

20080924-7.jpg

 

モニュメント・バレーとそこで撮影された映画の「通」になってしまいました。

 

 

 

 

モニュメント・バレーには実に様々なモニュメントのような岩山があります。それらを紹介します。ガイドの図に示されている位置と写真を撮影した位置との対応で判断しています。中には形を示す画像や図が見つからなかったり、画像があっても見る位置によって形が大きく変化しますので、不確かなものもあります。岩山は二種類に分類され、上の部分の幅が高さより大きいもの(=横長の長方形に収まるもの)がメサ(Mesa)、上の部分の幅より高さの方が大きいもの(=縦長の長方形に収まるもの)がビュート(Butte)とよばれます。高さは300mにも達する巨大なものがあります。

1-レイン・ゴッド・メサ(Rain God Mesa:雨の神様)

20080923-1.jpg

 

 

2-サンダーバード・メサ(Thunderbird Mesa:雷を引き起こす鳥)

20080923-2.jpg

 

 

3-ザ・ハブ(The Hub:車輪の中心)

20080923-3.jpg

 

 

4-トーテム・ポール(Totem Pole:トーテム像の柱)

20080923-4.jpg

 

 

5-スピアヘッド・メサ(Spearhesd Mesa:槍の先端)

20080923-5.jpg

 

名前は原住民の人々がつけた名前に由来しているではないかと思われます。

 

 

 

 

モニュメント・バレーを有名にしたのは西部劇の神様といわれるジョン・フォード監督の貢献が大きいと思います。ジョン・ウエインを抜擢して、初めてモニュメント・バレーで撮影した「駅馬車」をはじめ、多くの映画をここで撮影して世に送り出しました。そのジョン・フォード監督が好んだ場所といわれているのが「ジョン・フォード・ポイント」です。エレファント・ビュートとスリー・シスターズの中間くらいのところにあり、モニュメント・バレーを巡るコースの目玉の一つになっています。画像はジョン・フォード・ポイントからのパノラマです。多くのビュートや起伏の多い地形が連なっており、いいシーンのイメージが浮かんだことが想像されます。

パノラマ画像です。拡大して(IEの場合右クリックで「リンクを新しいウインドウで開く」を選択)ご覧下さい。

20080921-1.jpg

 

 「ジョン・フォード・ポイント」に関する多くの説明では「ここで多くの映画を撮影した」とか「好んでカメラを設置して撮影した」といわれています。さぞや多くのジョン・フォード作品にここから撮影したシーンが登場するものと思って調べてみましたが、意外と見つけるのに苦労しました。「駅馬車」「荒野の決闘」「アパッチ砦」「リオ・グランデの砦」「黄色いリボン」をチェックしましたが、見つけられませんでした。やっと見つけたのが「捜索者:The Searchers (1956) 」です。ジョン・ウエインが新境地を開いた作品と言われています。下の画像は「捜索者」で牧場の牛を襲った犯人を追跡するシーンのイメージです。上のパノラマ画像の中央やや左側のあたりを背景にしていることがわかります。実際の撮影場所はもう少し右側だと思います。

20080921-2.jpg

 

「ジョン・フォード・ポイント」といっても特定の一点の地点ではなく、このエリア一帯をさしていると思います。よくここが「ジョン・フォード・ポイント」として紹介される場所(下の画像の右側からせり出している岩場の上)がありますが、その場所から撮影されたシーンは見つけられませんでした。

20080921-3.jpg

 

しかし、その後方から撮影したシーンは、同じく「捜索者」に登場します。下の画像は「捜索者」で、さらわれた親族を最後に見つけて助け出す場所として登場するシーンのイメージです。「捜索者」は久しぶりに見直しましたが、なかなか面白い作品でした。

20080921-4.jpg

以上のような状況から「ジョン・フォード・ポイント」はジョン・フォード監督が好んだ場所でここで「撮影したところ」というよりは(ここに陣取って周囲を見回しながら、どこでどんなシーンを撮影するかの)「構想を練ったところ」というのが当を得ているのではないかと思いました。

ジョン・フォード・ポイントにおける取材風景は「NPHPブログ版」でご覧下さい。

 

 

 

 

モニュメント・バレーは米国西部に広がるコロラド高原に2億7000万年も前にできた地層が、その後この付近の大河の水や風などによって5000万年もかけて浸食・風化されてできたものだそうです。巨大で複雑な岩山ができあがった(周囲が削られて残ったという方が的確か?)過程は自然の偉大な力を感じます。メサ(上の台地の部分が高さより大きいもの)やビュート(上の部分より高さの方が大きいもの)は約300mもの高さがあります。岩に含まれていた鉄分が酸化して独特の赤茶色になっています。そのいくつかを紹介します。

エレファント・ビュート(Elephant Butte)
象の形に見えるので名付けられています。

20080920-1.jpg

 

 

キャメル・ビュート(Camel Butte)
駱駝(ラクダ)の形をしています。

20080920-2.jpg

 

 

スリー・シスターズ(Three Sisters)
三姉妹です。

20080920-3.jpg

 

次々と登場するモニュメントに圧倒されます。

 

 

 

 

グールディングス・ロッジからUS-163号線を越えて東側に向かうとビジター・センターがあります。ここから眺める景色はモニュメント・バレーを代表する景色です。
下の画像はビジター・センター前からのパノラマです。拡大して(IEの場合右クリックで「リンクを新しいウインドウで開く」を選択)ご覧下さい。
左に見える大きな台地がセンティネル・メサ(Sentinel Mesa:見張り台)、次ぎに右に向かって順にウエスト・ミトン・ビュート(West Mitten Butte:西手袋塔あるいは左手袋塔)、イースト・ミトン・ビュート(East Mitten Butte:東手袋塔あるいは右手袋塔)、メリック・ビュート(Merrick Butte:メリック塔? どうも個人名のようです。盗賊の名前との話しも)、右端の方にエレファント・ビュート(Elephant Butte:象塔)などが見えます。Mesaは上が平らなテーブル状の岩山、Butteは上が尖った岩の塔、Mittenは親指だけが別れ、他の4本の指の部分が一体になった手袋です。ビュート群の前に未舗装の道路があり、車で回ることができます。パノラマ画像です。拡大して(IEの場合右クリックで「リンクを新しいウインドウで開く」を選択)ご覧下さい。

20080915-1.jpg

 

 

ここから眺めていると映画のシーンがダブってきます。まず駅馬車が走っているシーンが思い出されます。撮影した画像に駅馬車をかぶせてみると、「駅馬車(Stagecoach)」のシーンのイメージとぴったり一致します。実際の撮影場所はビジター・センターより少し北西にいったところです。この作品の監督、撮影、「影」の出演はKAICHOです。(^_^;) (^_-)v 

20080915-2.jpg

20080915-3.jpg

 

 

次は「黄色いリボン(She Wore A Yellow Ribbon)」です。ウエスト・ミトン・ビュートの下を黄色いリボンを首にまいた騎兵隊が馬を駆っているイメージと重なります。映画の世界にひたることができます。

20080915-4.jpg

20080915-5.jpg

 

次から次と映画の撮影場所とそのシーンに重なる画像を撮ることができ、とても感激しました。

 

 

 

 

モニュメント・バレーはUS-163号線の東と西に広がっています。東側にビジター・センターがあり、訪れる人が多いですが、西側にも有名なポイントがあります。その一つがグールディングス・ロッジ(Goulding's Lodge)です。
HarryとLeone (nicknamed "Mike")のグールディング(Goulding)夫妻は1921年に原住民から640エーカーの土地を購入し、ナバホ族の住民との交易所を建てました。1938年にハリウッドを訪れ、新作西部劇のロケ地を探していたジョン・フォード監督と会い、地域振興のために撮影地として誘致しました。その結果モニュメント・バレーで撮影されたのが「駅馬車(Stagecoach)」(1939年)です。西部劇やアメリカ映画とその歴史を語る時に欠かせない作品です。アカデミー賞7部門にノミネートされ、2部門で受賞しました。ジョン・フォード監督が当時無名のジョン・ウェインを抜擢し、一躍西部劇のスターに押し上げました。その後もジョン・フォード監督とジョン・ウェインのコンビはモニュメント・バレーを舞台にして数々の作品を生み出していきました。Goulding夫妻は宿泊所も設置しました。ジョン・ウェインなどの映画関係者が定宿にしていたそうです。観光客も多く訪れるようになり、Goulding夫妻はモニュメント・バレーの発展に大いに貢献しました。現在はモニュメント・バレー内唯一の宿泊施設になり、常に満室という人気のホテルになっています。

20080913-1.jpg

 

 

グールディングス・ロッジの前にはモニュメント・バレーのビュート(岩の尖塔)やメサ(テーブル状の岩)が広がり、西部劇の舞台そのものといった雰囲気です。ここにはモニュメント・バレーで撮影された映画の情報などに関する博物館も併設されています。

20080913-2.jpg

 

 

グールディングス・ロッジの前でもいくつかの映画が撮影されています。その一つがジョン・ウェインとヘンリー・フォンダ主演の「アパッチ砦(Fort Apache)(1948年)」です。画像はヘンリー・フォンダ扮する新任の司令官が赴任するために、騎兵と馬車が駆け上がってくる場面のイメージです。

 

 

20080913-4.jpgグールディングス・ロッジの前の風景が上のイメージに重なります。

 

20080913-3.jpg 

 

もう一つは「黄色いリボン(She Wore A Yellow Ribbon)(1949年)」です。ジョン・ウェイン主演の騎兵隊映画です。軽快な主題歌も有名です。騎兵隊の駐屯地がここにあるという設定でした。画像はその駐屯地で国旗掲揚を行っている場面のイメージです。

 

20080913-6.jpg

グールディング・ロッジから見た風景がそのイメージに重なります。

 

20080913-5.jpg 

 

 

 

アンテロープ・キャニオンからいよいよモニュメント・バレー(Monument Valley)に向かいます。
モニュメント・バレーはアメリカのユタ州南部からアリゾナ州北部にかけて広がる地域で、ナバホ居留地となっています。その一部が観光客に公開されています。メサといわれる岩の台地やビュートといわれる岩の塔が、モニュメント(記念碑)のように並んでいて、モニュメント・バレーと名付けられました。ロッキー山脈からの鉄分を大量に含んだ砂が川の流れにのって堆積してできた地層が風化・浸食されてして複雑な形の岩でき、鉄分の酸化によって茶褐色の地表となり、独特の風景になっています。


アメリカの原風景の一つとして、古くから多くの映画の撮影地になっています。ジョン・フォード監督のお気に入りの地で「荒野の決闘」「駅馬車」「黄色いリボン」「アパッチ砦」「捜索者」などの多くの西部劇の名作がモニュメント・バレーで撮影されました。近年でも「フォレスト・ガンプ」や「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「イージー・ライダー」「インディ・ジョーンズ」「2001年宇宙の旅」などの作品の舞台となっています。

 

アンテロープ・キャニオンからはAZ-98号線を南下し、US-160号線を東進、US-163号線を北上して向かいます。カイエンタ(Kayenta)の町を過ぎて20マイルほど走ると、前方にモニュメント・バレーが見えてきます。最初に目に入ってきたのはAgathla Peakと呼ばれる孤立岩山です。このあたりは「荒野の決闘(My Darling Clementine (1946) )」の場面になったところです。「愛しのクレメンタイン(My Darling Clementine)」(日本では雪山賛歌という曲として有名)の曲とヘンリー・フォンダ扮する主人公ワイアット・アープと女教師クレメンタインの別れの場面が有名です。この場面を撮影した場所は是非訪れてみたいと思っていたところです。最初の画像はUS-163号線沿いから撮影したものです。2枚目の画像が映画「荒野の決闘」の別れのシーンのイメージ画です。背景からほぼ同じ場所と思われます。

20080912-1.jpg

20080912-2.jpg

 

 

「フォレスト・ガンプ/一期一会(Forrest Gump (1994))」の撮影地がUS-163号線のモニュメント・バレー入口を越えた先にあるとのことで、訪れてみました。3枚目の画像はUS-163号線沿いの駐車スペースで撮影したものです。4枚目の画像は映画「フォレスト・ガンプ」で恋に破れて(と思って)アメリカを何度も横断して走り続けてたトム・ハンクス扮する主人公フォレスト・ガンプが、走るのを止めたシーンのイメージ画です。背景からほぼ同じ場所と思われます。

20080912-3.jpg

20080912-4.jpg

 

両方とも好きな映画で、そのシーンの強い印象が記憶に残っており、撮影場所を訪れることができて嬉しかったです。

 

 

 

 

アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon)はアリゾナ州ページ(Page)の町の近くのナバホ居留区(ナバホ・ネイション)にある、美しい渓谷です。
いわゆるスロット・キャニオン(幅の狭い渓谷)の一つで、砂岩が水によって削られてできた狭い渓谷です。モンスーンの時期などに降る雨水が狭い谷間に集まり高速の流れになって、砂岩を複雑な形に削り取ります。長い年月の間に文字通り流れるような模様を作り上げてきました。
そこに入り込む光が素晴らしい自然の光のシンフォニーを奏でます。
1931年に初めて紹介されたそうです。最近人気のスポットになり、とくに写真家の訪問が多いそうです。
素晴らしい光景をたっぷりとお届けします。 

20080910-01.jpg

 

 

20080910-02.jpg

 

 

 

20080910-03.jpg

 

 

 

20080910-04.jpg

 

 

 

20080910-05.jpg

 

 

 

20080910-06.jpg

 

 

 

20080910-07.jpg

 

 

 

20080910-08.jpg

 

 

20080910-09.jpg

 

 

20080910-10.jpg

 

アンテロープ(Antelope)とは牛の仲間の一種であるレイヨウ(羚羊)のことですが、なぜこの谷間がアンテロープと呼ばれるかは、いろいろ調べてみましたが、まだ分かっていません。谷間の砂岩の色がエダツノレイヨウの色に似ていますが、そのために命名されたという見解も見つかっていません。

 

 

 

 

いよいよ今回のグランド・サークル巡りの主要目的地であるアンテロープ・キャニオン、モニュメント・バレー、ブライス・キャニオンに向かいますが、その前に閑話休題でルート66とシカゴについて触れます。
今回の旅で公園巡りとともに旧ルート66を走ってみるというのも大きな目標でした。その旅から帰国2週間後に、仕事でアメリカのシカゴを訪問しました。シカゴはミシガン湖にの西岸に接する五大湖、大平原地方の中心都市で、古くから牛などの物資の集積地で、交通の要衝の地で、ルート66の東の起点の街です。これも何かの縁、そこでシカゴのルート66ゆかりの地を訪れてみました。

ルート66はアメリカ合衆国最初の国道の一つとして1926年11月に創設されました。東のイリノイ州シカゴと西のカルフォルニア州サンタモニカを結ぶ全長2,347マイル(3,755キロ)の道路はアメリカの国力(輸送効率や経済力)の発展に貢献するだけでなく、モータリゼーション、生活パターンなどのアメリカ文化の進展に貢献し、メイン・ストリート・オブ・アメリカ(The Main Street of America)とも呼ばれました。スタインベックの小説「怒りの葡萄」の中で貧しい人達が希望に溢れて西の街に向かう道路として「母なる道路(マザー・ロード:The Mother Road )」と呼ばれ、その呼び名も定着しました。ハンバーガーなどのファストフード店、ドライブスルー、モーテル、ロックンロール、ジュークボックスなどのアメリカ文化もこのルート66の沿線で大いに発展しました。近代的な州間道路の発展にともなって1985年に廃線になりましたが、その歴史的な価値が見直され、現在は旧国道66号線(Historic Route 66)として、国指定景観街道(National Scenic Byway)になっています。

先ずはルート66の起点です。シカゴの起点はルート66創設時は現在のジャクソン通り(Jackson Blvd)とミシガン通り(Michigan Av)の交差点だったそうです。ここを起点にしてジャクソン通りを西に向かうのがルート66の最初です。1926年の創設時から1937年までルート66の起点だったそうです。
写真は最初のルート66の起点、ジャクソン通り(Jackson Blvd)とミシガン通り(Michigan Av)の交差点

20080908-1.jpg

 

 

その後、起点の位置がミシガン湖沿いに移っています。明確に確認できていませんが、多分ジャクソン通りがミシガン湖畔まで東に延びたのだと思います。現在のジャクソン通りの東の端がミシガン湖のほとりを走る湖岸通り(レイク・ショア:Lake Shore Dr)通りと交差する交差点にルート66の起点が移りました。この起点は1937年から廃線になる1985年まで続きました。
下の写真はルート66の第二の起点になったジャクソン通り(Jackson Blvd)とレイク・ショア通り(Lake Shore Dr)の交差点で、奥はミシガン湖岸に繋留されているヨットの帆柱

20080908-2.jpg

 

 

多分ルート66が廃線になってからと思われますが、シカゴ市内は一方通行道路を多用するようになり、ジャクソン通りが、最初の起点であったミシガン通りとの交差点まで、東向きの一方通行道路になりました。ルート66が旧国道66号線(Historic Route 66)として復活した1990年代には、ジャクソン通りは西に向かって走れないため、旧ルート66に一番近く、西に向かう一方通行のアダムス通り(Adams St )がHistoric Route 66となり、そのアダムス通りとミシガン通りの交差点が起点となりました。そこはシカゴ美術館の真ん前です。
下の写真はHistoric Route 66の起点、アダムス通り(Adams St )とミシガン通り(Michigan Av)の交差点で、左に見える大きな建物がシカゴ美術館

20080908-3.jpg

 

 

アダムス通りはシカゴの中心地を西に向かって走る通りで、起点から西方向を見ると市街の中心に位置するシアーズ・タワーなどが見えます。シアーズタワーは長いこと世界一の高さの高層ビルでした。現在は屋根部分の高さで世界第三位、アンテナも含めると第一位です。
下の写真はHistoric Route 66の起点からアダムス通りを西に向かう方向を撮影したもので、通りの左奥に見える高い建物がシアーズ・タワー

20080908-4.jpg

 

 

アダムス通りの右の歩道に旧国道66号線(Historic Route 66)の起点であることを示す標識が立っています。
写真は起点標識で、後に上部が見えるビルがシアーズ・タワー

 

20080908-5.jpg

 

 

アダムス通りを西に向かって進むと旧国道66号線(Historic Route 66)であることを示す道路標識が立っています。
写真はシカゴ川にかかるアダムス通りの橋と標識、橋は跳ね橋になっている

20080908-6.jpg

 

 

本来のルート66であったジャクソン通りを、シカゴ川を越えて数ブロック西に向かうと、ジェファーソン通り(Jefferson St.)との交差点手前左側にルート66時代からの名物レストラン「ルー・ミッチェルズ(Lou Mitchell's)」があります。アメリカで最も美味しい朝食(breakfast)の店と評判の店です。自家製のパンを焼き、朝食、昼食を提供し、美味しいパン、素晴らしいコーヒー、ギリシャ風オムレツなどの多様なメニューが有名です。ルート66創設の直前の1923年創業で、ルート66とともに発展してきた店です。ルート66を旅する人達がここで食事し、パンやコーヒーを購入してスタートしていきました。午後3時までしか営業しておらず、訪問したのが夕方だったために実際に味わうことはできませんでした。余談ですが、この店の支店がシカゴのオヘア空港の第5ターミナルに出店していました。JALなどの国際便が発着するターミナルです。
写真はジャクソン通りのLou Mitchell'sの外観

20080908-7.jpg

 

 

ルート66はファストフードを発展させました。ハンバーガーで有名なマクドナルドもその一つです。マクドナルドはマクドナルド兄弟の名前に由来しますが、兄弟が1940年に作った店はハンバーガーショップではなく、1店舗だけです。現在のマクドナルドのチェーン店を展開したのはマクドナルドの商標と商売のノウハウを買い取った企業家のレイ・クロックです。1954年にシカゴ郊外のデスプレーンズ(Des Plaines)に最初のフランチャイズ店を出店し、大成功をおさめました。今のチェーン店としてのマクドナルドはシカゴから始まったわけです。
写真はマクドナルド創立50周年を記念してシカゴの中心地に作られたマクドナルドの外に展示されていたシボレー・コルベット・コンバーチブル(1959年製)です。その奥にはマックの黄色いアーチ状のマークと2列平行のドライブ・スルーがあります。
シボレー・コルベット・コンバーチブルは1960年にスタートしたテレビ映画「ルート66」の主人公の二人が乗っていた車です。初代コルベットは1954年に発売されました。写真のコンバーチブルは1958年に登場し、当時としては破格の高性能車で、憧れの車でした。優れたスピードや加速性能をほこり、数々のレースで活躍しました。シボレー・コルベットは、キャデラックとともにルート66を代表する車になりました。余談ですが、シボレー・コルベットというとエイを連想させるスティングレイ(Chevrolet Corvette Stingray)が有名ですが、これは2代目コルベット(1963年~)以降の車で、テレビのルート66の時にはまだ発売されていませんでした。その後、有名な名前になったのでルート66に登場した車もコルベット・スティングレイと思われているようです。
シボレー・コルベット・コンバーチブル(1959年製)は発売当時の価格が3495ドルでした。1ドル360円の時代でしたので、約126万円です。今は高価なクラシックカーになり数十倍の値段で取引されているようです。

20080908-8.jpg

 

 

ルート66とその途中の楽しい街に関する グランド・サークル巡り(5) ルート66とセリグマンの町 も是非ご覧下さい。

 

 

 

グランド・キャニオンで素晴らしい朝夕の景色を堪能し、次の目的地のホースシュー・ベンドに向かいます。途中でグランド・キャニオンのデザート・ビューやUS-89沿いの平原や渓谷を楽しみながらのドライブです。
ホースシュー・ベンド(Horseshoe Bend:馬蹄型の屈曲部)はコロラド川をせき止めたアメリカ第2の人造湖パウエル湖の下流にあります。名前の通り(コロラド川が)馬蹄型に大きく曲がっている大峡谷です。国道US-89沿いの駐車場から平原を15分ほど歩きます。およそ峡谷がありそうもない平原を歩き小さな丘を越えると目の前に窪地のようなところが見えてきます。手前から見ると窪地の中間に広い通路があるように見えます。

20080830-1.jpg

 

 

間違っても急いで走ってこの通路(に見えるところ)を渡ろうなど考えないで下さい。
近付いて見ると、そこには深い峡谷があり、通路のように見えたところは馬蹄型に対岸から張りだしているところです。ここもそうですが、崖っぷちにフェンスも手すりも何もありません。うっかり飛び出すと川底に向かって真っ逆さまです。ホースシュー・ベンドの峡谷の深さをネットで調べてみましたが、まだ分かっていません。どなたかご存知でしたら教えていただきたいと思います。谷底を覗いてみた感じでは数百mはありそうです。右端の川の中に小さく船が見えます。数人乗りの船です。この大きさに見える距離を想像してみると少しは感じがわかるかもしれませんが、現地で見た峡谷の深さを写真で表すのは困難です。谷底を写そうとすると、足を踏み外しそうになるくらいに身を乗り出さないとできません。さすがに立ったまま身を乗り出すと、とんでもない恐怖感です。崖っぷちに腹這いになって上半身を乗り出して、決死の思いで撮影しました。崖っぷちの撮影状況はNPHPブログ版でご覧下さい。

20080830-2.jpg

 

 

全体は一枚の写真ではなかなか表せない広大な光景です。焦点距離10mmという超広角レンズで撮影したものを掲載しますが、それでも入りきりませんでした。「馬蹄」の感じが分かるかと思います。不思議な光景は、一見の価値ありです。崖の上からのぞき込む恐怖感も是非自分でお試し下さい。世の中には面白いところがあるものだと、再認識しました。

20080830-3.jpg

 

 

 

 

日の出の時刻は5時40分頃、眠い目をこすりながらMather Pointに向かいます。昨日の夕陽のポイントほどではありませんが、ここも混んでいます。撮影に適していそうな場所には既に大勢が占めています。
少し離れた崖っぷちが目につきました。立ち入り禁止などの制約もなさそうです。余談ですがアメリカの公園などでは日本のようにフェンスや手すりがあまりなくて、こんな場所に人が入っても大丈夫かと心配になるようなところがたくさんあります。日本のように過保護にならず、自分の責任で安全な範囲を判断して利用して下さいという姿勢のようです。同じことを考える人もいるようで、一人先客がいました。そこで日の出を待ちました。
グランド・キャニオンの崖の先に陽が昇り始めたようです。東の空が赤くそまり、崖がシルエットで浮かび上がり、素晴らしい光景が広がりはじめました。

20080829-1.jpg

 

 

望遠レンズで太陽を撮影しました。少し雲がかかっています。

20080829-2.jpg

 

 

昇りはじめた太陽がダイヤモンド状態になりました。グランド・キャニオンの上のダイヤモンド、魅力的です。

20080829-3.jpg

 

 

陽が昇ると、グランド・キャニオンの渓谷のなかに朝陽が入り始めます。日に当たった部分が赤く染まり、素晴らしい色の景色が展開されます。

20080829-4.jpg

 

 

グランド・キャニオンの素晴らしい夕陽、朝陽を堪能し、次のアンテロープ・キャニオンに向かって出発です。

 

 

 

 

今回、モニュメント・バレーなどを巡る途中にグランド・キャニオンがありますが、2000年に訪れていますのでスキップしてもいいかと考えていました。
在米のいとこ夫婦からグランド・キャニオンの夕方の景色と朝の景色が素晴らしいことを教えていただき、今回のコースに組み込みました。
現地に着いて、事前に調べていた夕景のポイントが工事の関係で訪問できないことが分かりましたが、別に素晴らしいポイントがあることを聞き込み、そちらに向かうことにしました。集団ツアーの決められたコースに付いていくのではなく、レンタカーを自分たちで運転して、フリーに行動できるメリットが活きました。
日没の時刻を調べて、ホテルから数マイルの距離のYavapai Pointに向かいました。アメリカもサマー・バケーションのシーズンで観光客が多く、駐車場も大変混んでいましたが、偶然出ていく車があり、なんとか日が沈む時刻にポイントにたどりつくことができました。

陽が沈む時に、いい雲がかかっていて、きれいな色に焼けていました。

 

20080828-1.jpg 

 

グランド・キャニオンの雄大な景色に夕陽があたり、赤く焼けた神秘的な光景が目の前に出現しました。空と谷間で繰り広げられる色彩の競演は息をのむような、なんとも言えない光景です。グランド・キャニオンの雄大で奥深い景色を初めて見た時に、価値観というかものの見方が変わるような感激的な経験をしましたが、この夕景を見た時にはそれに劣らないほどのショックを受けました。その状況はとても表現できませんが、谷側を中心に撮影したパノラマ画像から想像してみて頂きたいと思います。

拡大して(IEの場合右クリックで「リンクを新しいウインドウで開く」を選択)ご覧下さい。

20080828-2.jpg 

 


 

今回、テレビ映画などで懐かしい旧US-66(ルート66)を是非走ってみたいと、計画しました。
ルート66は合衆国最初の国道として1926年11月に創設されました。東のイリノイ州シカゴと西のカルフォルニア州サンタモニカを結ぶ全長2,347マイル(3,755キロ)の道路はアメリカの輸送効率や経済力の発展に貢献するだけでなく、モータリゼーション、生活パターンなどのアメリカ文化の進展に貢献し、メイン・ストリート・オブ・アメリカ(The Main Street of America)とも呼ばれました。ハンバーガーなどのファストフードやドライブスルーなどもこのルート66の沿線で発展しました。

 

第2次大戦後、アメリカはドイツのアウトバーンのような道路を整備すべしと判断し、近代的な自動車専用州間高速道路(Interstate Freeway)の建設を進めました。その発展にともない、ルート66の高速輸送という基本的な機能は州間高速道路にとって代わられ、1985年に廃線になりました。
高速輸送だけではないアメリカ文化への貢献という役割が見直され、復活を望む活動が活発になりました。とくにアリゾナ州とミズーリ州でそれぞれルート66の復権を望む活動が進められました。ミズーリ州政府は1990年に州内の旧国道66号線を州の歴史的街道に指定しました。アリゾナ州は国の史跡としての指定を進めました。アリゾナの旧US-66は「旧国道66号線(Historic Route 66)」として、国指定景観街道(National Scenic Byway)になりました。

ラスベガスからグランド・キャニオンに向かってUS-93を南下し、KingmanでI-40に入り、通常はWilliamsからAZ-64(US-180)を北上してグランド・キャニオンに入ります。私たちはI-40の途中のセリグマン(Seligman)で降りてHistoric Route 66に入りました。この付近は鉄道が平行して走っており、幹線道路だったことが偲ばれます。

20080825-1.jpg

 

アリゾナのI-40が完成して、旧US-66(Route 66)が廃線となりました。最後までRoute 66が走っていたセリグマンの町はRoute 66の面影を強く残している町です。セリグマンのディルガディーロ兄弟が中心になって、Route 66の復活の活動を進めました。セリグマン付近の旧Route 66が、国の史跡としての指定を最初に受けました。セリグマンはHistoric Route 66の誕生の地と言われています。今は観光名所にもなっており、1950-60年代の雰囲気を打ち出しています。

20080825-2.jpg 

 

セリグマンのディルガディーロ兄弟の弟、ホアン・ディルガディーロさんは有名なレストラン(ハンバーガーやアイスクリームの店)Snow Capを経営しています。写真右上にディルガディーロ(Delgadillo)とSnow Capの名前が入った看板が見えます。

20080825-3.jpg 

 

店の前はガソリンスタンドの跡で、フクロウが止まっているスタンドや古い車などでディスプレイされています。このレストランで軽い昼食をとりましたが、注文してから受け取るまでの間にいろいろとギャグをとばして楽しませてくれました。

20080825-4.jpg

 

 

ディルガディーロ兄弟の兄、エンジェル・ディルガディーロさんはビジターセンター兼ギフトショップの店を経営しています。かっては理髪店だったそうです。いまも頼めば散髪してもらえるとか。店内は懐かしいロート66グッズがいっぱいでした。

20080825-5.jpg

 

 

町には随所に1960年代と思われるような古い車があふれかえっています。

20080825-6.jpg

 

 

上の写真の左端の車は映画「Cars」の中のお巡りさんの車のイメージ(下の画像)にそっくりです。

20080825-7.jpg

 

 

映画「Cars」はRoute 66を主題にしたアニメ映画です。懐かしい車や、現在のRoute 66で活躍されている人々がモデルになって登場しています。当初「Route 66」という名前で計画されたそうですが、テレビ映画の「Route 66」のリバイバルと混同されてはいけないということで名前が変更になったそうです。
セリグマンは懐かしいテレビ映画「Route 66」の主人公二人がシボレー・コルベットに乗ってジョージ・マハリスの主題歌とともに登場してきそうな雰囲気の町でした。回り道して寄ってみて、よかったと思いました。

 

Route 66の東の起点シカゴのゆかりの地については グランド・サークル巡り(9) 閑話休題 ルート66とシカゴ をご覧下さい。 

 

 

 

ラスベガスからグランド・キャニオンに行くには、国道US-93で南に下りKingmanにでて、そこから州間高速道路I-40を東に向かい、Seligmanを通ってWilliamsにでて、そこからアリゾナ州道AZ-64とUS-180を通って、南エントランスからグランド・キャニオンに入るのが一般的なコースです。私たちも基本的にこのルートを通りました。

写真はUS-93の途中で撮影したものです。4枚の写真のパノラマ合成です。拡大して(IEの場合右クリックで「リンクを新しいウインドウで開く」を選択)ご覧下さい。広大な丘陵地帯が広がっています。中央やや右にフーバー・ダムがあるミード湖が見えます。こんな雰囲気の場所をゆったりと走るのは気持ちのいいものです。

20080823-1.jpg