日本の最近のブログ記事

20110718-1.jpg

昨晩「森山良子デビュー45周年記念コンサート」に行ってきました。

1967年1月に「この広い野原いっぱい」でデビューして今年で45年目です。3月から各地で45周年記念コンサートを行っています。

澄んでいて張りのある声は衰えることを知りません。昭和40年代の曲もたくさんあって、懐かしい思い出に浸りました。

同時代人の元気な活躍には勇気づけられます。

 

20110718-2.jpg

 

上の画像は1968年(デビューの翌年)横浜関内センタービルのカウベルというビアレストラン(DISCO)で撮影したものです。

ラジオ番組の公開収録のために来場し、何曲か歌ったあと客席に入ってきて一緒に歌いました。曲は「We shall overcome」でした。その場面は後でラジオで放送され、自分の声が入っている部分をエアチェックしましたが、そのオープンリールのテープは今どこに?  

 

NPHPブログ版に森山良子のコンサートの模様が掲載されています。

 

 

 

 

 

 

カレッタ汐留のクリスマス・イルミネーションです。Blue Oceanと名付けられ、30万個のLEDとレーザー光などを用いて幻想的な海の中のイメージを創りだしています。

下の画像をクリックして下さい。ビデオファイルにリンクしています。

 

 

 

 

 

日本三大夜景(HPHPの日本三大夜景をご覧下さい)は北から「函館山からの函館市街の夜景」「摩耶山掬星台からの神戸から大阪の夜景」「稲佐山からの長崎市街の夜景」です。2000年から10年越しで三大夜景を撮影することができました。

最後の仕上げが神戸の「摩耶山掬星台からの神戸から大阪の夜景」でした。夜景の広大さは三大夜景随一といっていいでしょう。神戸市街から大阪市街、さらに大阪湾の対岸にかけて100kmにもおよぶ範囲の夜景が眼前に広がっています。よく素晴らしい夜景を「百万ドルの夜景」といいますが、ここは「千万ドルの夜景」と銘打っています。それも頷ける巨大な規模です。

画像右端の神戸中心街から順に左に、海の中に飛び出している神戸ポートアイランド、出島のような形の六甲アイランド、芦屋市、西宮市、尼崎市、大阪市の夜景が広がっています。

拡大して(インターネット・エクスプローラの場合、右クリックで「リンクを新しいウインドウで開く」を選択)ご覧下さい。拡大画像が表示されない場合は一度画像をクリックすると拡大画像が表示されます。
K20091028-1.jpg  

 

 

 

 

オリオン座流星群の流星を狙って撮影していた時に撮れた流れ星です。
見上げていた北の空の真上に近いところから下に向かって、ひときわ明るい流れ星が表れました。流れてきた方向がオリオン座流星群の流出点とはだいぶ異なりますのでオリオン座流星群の流星ではないようです。
流れ星の先のW字型(画像では上下反転してMの字の両側がひらいたようになっている)の星座がカシオペア座です。
カシオペア座のWの両側の直線を延長した交点からW字の中央の星に向かってひいた線を5倍延長した先が北極星です。画像下部の星が北極星です。
わが家の付近としては比較的暗い所の林の中で撮影しました。しかし真夜中でも空が明るく、コントラストが小さくて流星を明るく写すことができませんでした。都市部の人口密集地付近での流星撮影は難しいです。
正規のISO感度範囲を超えた高感度設定で撮影し、さらにかなりコントラストを上げて現像しています。そのため色がほとんどでていません。
次は周囲に灯りが少なく、星がくっきり見えるような場所で撮影してみたいです。
k20091023-1.jpg

 

 

 

 

日食

| | トラックバック(0)

2009年7月22日の日食です。日本の南の島々などで皆既日食が、本州各地でも部分日食が見られると言うことで期待していました。

晴れていると太陽を直接撮影するには光を一万分の一くらいに減らさなくてはなりません。専用のフィルタも発売されましたが、量が少なく入手できませんでした。そこで減光用のフィルタやシートなどを集めて、なんとか日食を撮影したいと準備していました。

ところが当日は朝から雨、日食が始まる頃には空に厚い雲、とても太陽を見られる状態ではありませんでした。最大食の時刻が近付くと、75%くらいの食のこの付近でも周囲が暗くなってきたのがわかりました。さらに少しすると明るくなりました。おやもう日食が終わったのかなと思いましたが、あまりにも早すぎます。ひょっとして雲が薄くなったかなと思って空を見ると、太陽がかすかに見えました。
あわててカメラやフィルタなどを用意して撮影を試みました。3回ほどですが、数秒間日食の太陽が(雲を通してですが)顔を見せてくれました。雲の濃さが一様ではありませんので、撮影条件設定に苦労しましたが、何枚か撮影することができました。

k20090724-1.jpg  

 

 

 

 

京都市右京区御室大内の仁和寺(にんなじ)の庭園です。
仁和寺は仁和2年(886年)に第58代光孝天皇が国家と仏教の興隆を願って「西山御願寺」(にしやまごがんじ)という名称の寺の建立を発意され、次の第59代宇多天皇がその遺志をついで仁和4年(888年)に造営されました。先帝から受け継がれた「仁和」の年号から仁和寺という寺号で呼ばれるようになりました。皇室とゆかりの深い寺で、「御室御所」(おむろごしょ)と称されました。
世界遺産になっています。御室桜と呼ばれる桜の名所でもあります。数々の国宝で有名ですが、江戸時代に再整備された庭園も見事なものです。
最初は南庭です。奥左手が勅使門で天皇の勅使が入る門です。

k20090521-1.jpg

 

次は宸殿から北庭の池を通して見た五重塔です。

k20090521-2.jpg

 

最後は北庭のパノラマ画像です。拡大して(インターネット・エクスプローラの場合、右クリックで「リンクを新しいウインドウで開く」を選択)ご覧下さい。拡大画像が表示されない場合は一度画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

k20090521-3.jpg 

 

 

 

京都市右京区龍安寺御陵下町の龍安寺(りょうあんじ)の石庭です。

龍安寺は「古都京都の文化財」の一部として世界遺産に登録されている文化財ですが、その石庭は世界的にも最も有名な庭の一つです。いわゆる「龍安寺の石庭」は枯山水の方丈石庭です。国の史跡・特別名勝に指定されています。幅25m×奥行10mの大きさの庭に白砂を敷き、5か所にわけて15個の石を配置したシンプルな庭です。15個の石はどこから眺めても、必ず1個は他の石に隠れて見えないようになっているそうです。この庭は「虎の子渡しの庭」ともいわれ、中国の「虎の子渡し」という説話を再現しているという伝承があるそうです。

イギリスのエリザベス女王はじめ海外の要人がこの庭を絶賛し、海外からの訪問客も多いそうです。

k20090419-1.jpg

 

 

 

 

京都の西北端、京都市北区金閣寺町の「鹿苑寺(ろくおんじ)」、通称「金閣寺」です。

1397年(応永4年)に将軍足利義満が旧西園寺を一新して「北山殿」とよばれる山荘を造りました。その規模は御所に匹敵したそうです。義満の死後規模が縮小され、義満の法号「鹿苑院」から鹿苑寺と名付けられた禅寺になりました。その時に唯一最初に姿のまま残ったのが釈迦様の骨を祀ったといわれる「舎利殿」です。漆地に金箔を貼った三層(金箔は二・三層のみ)の建物で、通称「金閣」とよばれました。寺も「金閣寺」という呼び名の方が一般的です。国宝であった金閣は1950年(昭和25年)に小説でも有名な放火事件により全焼しました。現存する金閣は1955年(昭和30年)に再建され、1987年(昭和62年)には金箔が厚いものに張り替えられました。私が最初に金閣を見たのは昭和39年でしたが、今回久しぶりに見た姿はその時よりずっと輝いて見える印象でした。金閣の傍の鏡湖池を中心に島、岩、石などを配した「池泉回遊式庭園」は室町時代の北山文化を代表するものです。

k20090412-1.jpg

 

鏡湖池の東側にある書院の庭に、足利義満手植えと伝えられる船の形をした「陸舟(りくしゅう)の松」があります。京都三松の一つに数えられています。後の松の木とあわせて帆掛け船のように見えます。舳先は西方浄土に向かっているのだそうです。足利義満の時代からの松とすると樹齢は約600年を越えています。

k20090412-2.jpg

 

 

 

 

初雪

| | トラックバック(0)

冬の鳥を求めて高原に行ってきました。下は雨でしたが少し上っていくと雪になり、目的地ではすっかり雪景色になっていました。

四駆で新雪の中を走り、雪景色を存分に楽しみました。画像は林の奥深くに入っていき、帰り道にて撮影したものです。木の枝に積もった雪が良い景色を演出していました。

20081216-1.jpg

 

 

 

 

暦の上ではもう冬です。12月初めに鎌倉に紅葉を見に行きました。例年の紅葉狩りです。

紅葉ヶ谷の真っ赤な紅葉や八幡宮の大銀杏の黄色など、様々な色彩の光景に出会うことができました。

20081215-1.jpg

20081215-2.jpg

「初冬の鎌倉の色彩」のページを作成しました。そちらもご覧下さい。

八幡宮のカワセミの水平飛行は「ブログ快鳥」でご覧下さい。

 

 

 

 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち日本カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは施設です。

次のカテゴリはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja