カナダの最近のブログ記事

オタワの別な顔を紹介します。

オタワの中心にリドー川が流れています。この川は運河になっていて、他の大きな都市とつながっているオタワ川とオンタリオ湖を結んでいます。200kmにもおよぶ運河で、物資輸送の動脈として1826年から6年の歳月をかけて造られたそうです。当時はアメリカと戦争状態にあり、アメリカの侵略に備える交通網として造られたそうです。

20081210-1.jpg

 

運河の主体はリドー川ですが、リドー川がオタワ川に合流するところは大きな段差があり、リドー滝となっています。

20081210-2.jpg

 

それでは船を通すことができませんので、たくさんの水門を有する運河を造り、水門を開閉させながら徐々に水位を上げ下げして船を通していきます。

20081210-3.jpg

 

現在は物資輸送はトラックや鉄道が中心で運河はその本来の役割を終えていますが、夏はカヌーや観光船が行き交い、冬はスケートリンクとして賑わっています。このスケートリンクは世界最大の長さを誇っています。200kmにもおよぶスケートリンクが形成されるのでしょうか。

20081210-4.jpg

 

最後は国会議事堂付近の夕焼けです。今回の訪問期間中はほとんど曇っていましたが、一日だけ晴れて夕焼けを見ることができました。国会議事堂のシルエットが綺麗でした。オタワからもオーロラが見られることがあるとのことで、期待していましたが見られませんでした。この夕焼けの後にオーロラが登場したら最高だったのですが。

20081210-5.jpg

 

 

 

 

引き続きオタワの建物を。

最初は連邦ビルです。連邦関係の機関が集まっているとか。重厚な建物です。

20081205-1.jpg

 

カナダの造幣局です。有名なメープルリーフ金貨などが鋳造されているのでしょう。今年は100周年記念の年だそうです。歴史を感じる建物です。

20081205-2.jpg

 

ノートルダム大聖堂です。1840年から70年の工事で完成した聖堂です。中世の雰囲気を感じます。壁面の彫刻などが見事です。

20081205-3.jpg

 

国立美術館です。こちらは近代的なガラス張りの建物です。自然光をおおいに採り入れた展示空間が構成されています。4万点の作品が保有されているそうです。カナディアンアートはもとより、ヨーロッパやアジアの有名な作品も多数展示されています。入口には巨大なクモのオブジェがあります。

20081205-4.jpg

 

こちらは市街地のはずれにある民家です。趣のある構えの家が並んでいました。

20081205-5.jpg

 

戦没者記念塔です。22名の兵士の像が飾られています。第1次世界大戦が終戦となった11月11日が戦没者追悼記念日で式典が開かれます。今回の訪問はちょうどその時期で、黄葉に彩られた記念塔には多くの花が捧げられていました。

20081205-6.jpg

 

 

 

 

11月中旬~下旬にカナダのオタワとアメリカのニュー・ヨークに行きました。オタワは初めての訪問です。先ずオタワから紹介します。

オタワはカナダの首都です。フランス系ケベック州とイギリス系オンタリオ州の接点に位置しています。独立時にいくつかあった首都候補都市の中でフランス系とイギリス系がバランスしているので首都として都合がよかったとか。首都と決定してから計画的に都市開発が行われ、コンパクトで機能的で、かつ美しい街になりました。工場などは全て郊外に配置され、首都らしく中央官庁の機能が市の中心に集中していています。半日もあれば歩いて市内の主要な建物を回ることができます。そのいくつかを紹介していきます。

オタワで最も有名な建物はカナダ連邦の国会議事堂です。ネオ・ゴシック様式の荘厳な建物です。しばしば世界で最も美しい公共建物の一つとして取り上げられています。左がウエスト(西)ブロック、正面がセンター(中央)ブロック、右がイースト(東)ブロックとよばれる建物です。主要な機能はセンターブロックにあります。中心の高い時計塔はPeace Tour(平和の塔)で、平和への祈りと決意をこめて作られ、内部に戦没者記念室があります。
パノラマ画像です。拡大して(インターネット・エクスプローラの場合、右クリックで「リンクを新しいウインドウで開く」を選択)ご覧下さい。

20081130-1.jpg

 

センターブロックに向かう正面通路には1967年に建国100周年を記念して点火された聖火が燃え続けています。

20081130-2.jpg

 

センターブロックの後側にはビクトリアン・ゴシック復興様式の建物の傑作といわれている国会図書館があります。内部は美しい模様で飾られ、素晴らしい彫刻が並び、美しい白大理石のビクトリア女王像などがあり、見応えがありますが、撮影は禁止されています。

20081130-3.jpg

 

議場も見学できます。赤い絨毯と赤張りの調度、金張りの天井などが有名な上院議場です。周囲の壁にはカナダの歴史に係わる壁画やカナダの動植物の彫刻などが飾られています。

20081130-4.jpg

 

下院議場は英国下院と同じく緑の絨毯や緑の調度が使われています。周囲の石灰岩には4億年以上前の化石類が入っています。天井の麻布の模様も見事です。窓のステンドグラスにはカナダ各州の州花が描かれているそうです。窓の下の彫刻はカナダ憲法に含まれている概念を具象化したものだそうです。

20081130-5.jpg

 

 

 

 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちカナダカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはイベントです。

次のカテゴリはフランスです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2008年12月: 月別アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja