事象の最近のブログ記事

アイソン彗星が見られるようになってきました。

アイソン彗星はハレー彗星のように周期的に回ってくる彗星ではなく、今回限りの彗星です。

太陽に非常に近い距離まで近づくので、氷の溶け方が激しく、(箒状の)長い尾をひいて、今世紀最大の彗星になる可能性があるといわれています。ですが、あまりにも太陽に近づくので爆発して消滅してしまう可能性もあるそうです。

いま太陽に近づいていますが、順調に太陽を回って帰ってくると、綺麗に見られるようになります。もし爆発するともう見られなくなってしまいます。そこで太陽に近づく前に是非見ておきたいと、しばらく前から観察を開始しました。

2013年11月19日にやっと見ることができました。

おとめ座の1等星スピカのやや左の下にアイソン彗星が見られました。

K20131123-1.jpg

 

上の画像は300mm相当のの望遠レンズで撮影しました。下の画像は1000mm相当の望遠レンズで撮影しました。

少し右斜め上に向かってかすかに尾をひいているのがわかります。

K20131123-2.jpg

 

下の画像は11月23日の朝に撮影したものです。

横浜の海辺で東の地平線近く、水星の右側にアイソン水星がみられました。画像の下の明かりはは千葉県君津市付近の工業地帯のものと思われます。

K20131123-3.jpg

 

上の画像は300mm相当の望遠レンズで撮影したもので、一枚目の画像と同じ倍率です。下の画像はは同じ時に1000mm相当の望遠レンズで撮影したもので、二枚目の画像と同じ倍率です。これらを比較すると随分と彗星の尾が長くなってきているのが分かります。

K20131123-4.jpg

もう少し観察を続けたいと思います。

 

 

 

 

 

 

2012年12月13日深夜から14日未明にかけてふたご座流星群の流星を撮影しました。

今回のふたご座流星群はピーク時期に月が新月で空が暗く、観察・撮影しやすい好条件でした。

その上当日は雲一つない状態でさえぎるものない星空が広がっていました。

いつも流星を見るのは横浜のグランドキャニオンと呼ばれる谷間で、少しでも都会の灯りの影響を避けるように林の間から撮影していました。今回はせっかくの好条件ですので田舎の光の少ない環境を狙って、旧国道20号線笹子峠の山中に行って撮影しました。

ふたご座流星群はふたご座のあたりから流れ出すようにみえることから名付けられています。深夜24時ちょっと前にがこれまで見た流星の中で最も明るく、長い流れ星が見られました。ちょうどその方向にレンズを向けて撮影していたので画像を捉えることができました。
左上にやや斜めに縦に二つ並んでいるのがふたご座の星です。ふたご座とオリオン座の間、半分くらいに渡って流れました。
明るすぎて色が少し飛んでしまい、中央付近の光の帯が滲んでいます。
20121215-1.jpg

 

こちらは結構良い色に撮影することができました。
落下して燃えるに従って緑系から赤系の色に変化しています。

画像は3倍くらいにトリミングしています。20121215-2.jpg

 

今回撮影したところは、いつも撮影しているこちらとは10倍くらい暗さが異なる感じでした。
こちらでの撮影ではコントラストが低くとても写せないような流星も撮影できました。
シャッター時間も20~30秒開くことができ、一枚の中に二つの流星が入ったものもあります。
右下の流星は流出点が異なりますのでふたご座流星群の流星ではなく偶然発生した他の流星のようです。20121215-3.jpg

よい機会にめぐまれて嬉しかったです。

 

2011年12月10日の皆既月食です。
およそ11年ぶりの好条件下の皆既月食でした。
天気予報は良かったのですが、月食開始頃は曇っていました。
雲の切れ間から見える月を狙ってなんとか月食の経緯を撮影することができました。
今回の皆既月食の
 詳細はこちら をご覧下さい。

20111220-1.jpg

 

 

 

 

オリオン座流星群の流星を狙って撮影していた時に撮れた流れ星です。
見上げていた北の空の真上に近いところから下に向かって、ひときわ明るい流れ星が表れました。流れてきた方向がオリオン座流星群の流出点とはだいぶ異なりますのでオリオン座流星群の流星ではないようです。
流れ星の先のW字型(画像では上下反転してMの字の両側がひらいたようになっている)の星座がカシオペア座です。
カシオペア座のWの両側の直線を延長した交点からW字の中央の星に向かってひいた線を5倍延長した先が北極星です。画像下部の星が北極星です。
わが家の付近としては比較的暗い所の林の中で撮影しました。しかし真夜中でも空が明るく、コントラストが小さくて流星を明るく写すことができませんでした。都市部の人口密集地付近での流星撮影は難しいです。
正規のISO感度範囲を超えた高感度設定で撮影し、さらにかなりコントラストを上げて現像しています。そのため色がほとんどでていません。
次は周囲に灯りが少なく、星がくっきり見えるような場所で撮影してみたいです。
k20091023-1.jpg

 

 

 

 

日食

| | トラックバック(0)

2009年7月22日の日食です。日本の南の島々などで皆既日食が、本州各地でも部分日食が見られると言うことで期待していました。

晴れていると太陽を直接撮影するには光を一万分の一くらいに減らさなくてはなりません。専用のフィルタも発売されましたが、量が少なく入手できませんでした。そこで減光用のフィルタやシートなどを集めて、なんとか日食を撮影したいと準備していました。

ところが当日は朝から雨、日食が始まる頃には空に厚い雲、とても太陽を見られる状態ではありませんでした。最大食の時刻が近付くと、75%くらいの食のこの付近でも周囲が暗くなってきたのがわかりました。さらに少しすると明るくなりました。おやもう日食が終わったのかなと思いましたが、あまりにも早すぎます。ひょっとして雲が薄くなったかなと思って空を見ると、太陽がかすかに見えました。
あわててカメラやフィルタなどを用意して撮影を試みました。3回ほどですが、数秒間日食の太陽が(雲を通してですが)顔を見せてくれました。雲の濃さが一様ではありませんので、撮影条件設定に苦労しましたが、何枚か撮影することができました。

k20090724-1.jpg  

 

 

 

 

飛行機からのオーロラです。 3月上旬にヨーロッパから帰国する時にロシア上空で飛行機の窓から見ました。立体的な地球儀で見て頂くと理解しやすいのですが、日本とヨーロッパを最短距離で結ぶとかなり北極に近いところを通ります。ヨーロッパからの帰国便は夜になることが多く、晩秋から早春の間の季節にはオーロラが見られることがあります。オーロラというとカナダやアラスカの北部が有名ですが、観察は寒くてたいへんだそうです。飛行機の中からだと適温で観察できます。雲の上を飛びますので、天候の影響も受けません。飛行機からオーロラ観察は楽です。

但し、撮影となると話は別です。オーロラの光は微弱なので、高感度にしても長い時間かけないと撮影できませんし、高速で飛行して振動も多い飛行機からの撮影で、三脚は使えず手持ち撮影になり、ブレが激しいです。窓ガラス(プラスチック)を通しての撮影ですが、飛行機の窓ガラスは光学的にみると汚れや歪みが大きく、クリアな画像は得られません。飛行機室内の照明の影響も大きく、様々な光が写り混みます。撮影に関しては三重苦の状態です。それでもいろいろと工夫すればオーロラのイメージを撮影することが可能です。

飛行機からのオーロラについてはHPHPの「興味版」の「現象」もご覧下さい。

k20090405-1.jpg

 

 

 

 

木曜日からアメリカに旅行です。
今回はユタ州とアリゾナの州にまたがる国立公園が集中していて、国立公園の宝庫」ともいわれるグランドサークルと呼ばれる地域です。
見所はたくさんありますが、大きな目標の筆はモニュメントバレーの観光です。
ジョンフォードの「駅馬車」など、多くの映画の舞台になったところです。

 

20080806-1.jpg

 

 

駅馬車で思い出すのは自動車のハンドルの位置です。
最初に気付いたのはドイツのベンツ博物館で、ベンツの初期の車を見た時です。
ドイツは車が右側通行でハンドルは左側に付いていますが、初期の車は右ハンドルだったのです。
(世界最初のガソリンエンジン自動車といわれるベンツ1号車は3輪車で運転席が中央で、ハンドルも中央でしたが。) その後フィアット、フォードなどの博物館でも確かめましたが、1900年代初頭まではほとんどの車が右ハンドルでした。


写真はフィアットの1901年のフィアットModel 8と1932年のフィアットModel508です。ハンドルの位置が右から左に移っているのがわかります。

20080806-2.jpg

 

 

招待していただいたベンツ博物館の館長に、「ドイツは昔は左側通行だったのですか?」と尋ねると、「最初から右側通行でした。馬車が右側を通行していたので、車も右側を走りました。」とのこと。そこで、最初は何故右ハンドルで、どうして左ハンドルに変わったのか意見交換しました、その場でははっきりわかりませんでした。その後、気になったのでいろいろと調べてみました。いくつかの説があるようですが、以下が私の結論です。

(1)車の前に馬車の歴史があり、初期は馬車の通行と同じ考え方で車の通行も始まった。
(2)馬車の御者は鞭を振るう必要があるが、多くの人は右利きで右手で鞭を振るう。
(3)御者が右に座ると左側の乗客に鞭があたらず、走りやすいので御者は右側に座る。
下の写真は映画「駅馬車」の一場面で、御者は右に位置しています。
もう一枚はドイツのノイシュバンシュタイン城の客運搬用の馬車ですが、今も御者は右に座っています。

 

 

 20080806-3.jpg

 

 

20080806-4.jpg

 

右に御者が座って走るのに、右側通行のほうが都合がよかった理由については2説あります。
(4a)当時は道路が貧弱なので、すれ違う時にお互いに路肩ぎりぎりに馬車をよせなければならず、路肩を確認しやすい右側を走った方がよい。
(4b)すれ違う時に鞭が相手の邪魔にならないためには、右側を走った方がよい。
いずれにしても、御者が右側に乗って、馬車は右側を走るようになった。
(5)初期の自動車は馬車と同じく運転者が右に乗って右側を走った。
(6)道路が整備されて、路肩など気にしないで走れるようになった。また、運転者は鞭を振るう必要はない。従って、右側に座らなければいけない必要はなくなった。
(7)車も道路もよくなって、高速で走行できるようになると、運転席は路肩側にあるよりも、カーブ走行や追い越し時に対向車を確認しやすいセンターライン側にあった方が安全に運転しやすい。
その結果、自動車の発達と道路の発達にともなって、運転席が左側に移った。

これはだいたい1900年代初頭です。ヨーロッパでは1910年代後半から1920年代に登場した車が左ハンドルになっています。
自動車交通の進展が早かったアメリカでは、1908年に発売になった世界で最初の量産車といわれるT型フォードがすでに左ハンドルになっていました。

 

以上は、車が右側通行する社会でのことです。

今でも車が左を通行する国が世界の1/4ほどあります。その代表が日本とイギリスです。


日本は武士がすれ違う時に刀の鞘があたってトラブルにならないようにお互いに左側をあるくようにしたといわれます。但し、すれ違いざまに抜き打ちで斬りかかられないためにはお互いに右側を歩いた方が安全であり、それが武士のマナーだったという説もあります。武士が着座するときに腰からはずした刀を右側において、相手に斬りかかる意志がないことを示すのがマナーだったことを考えると、こちらの方が理にかなっているように思いますが。


明治になって歩行者の通行方法を決めるときに武士の時代からの左側通行が採用されました。自動車についての通行規定が法律で決まったのは昭和22年ですが、それまでは車の通行につての規定がありませんでしたが、車も左側を通行する習慣だったそうです。車が増えてきて車と歩行者の安全確保には対面通行がよいということで(GHQの指導もあり)昭和24年に車はそのまま左を走り、歩行者が右を歩くようにルールが改められました。

 

イギリスも騎士の文化発祥の地で日本の武士の場合と似たような状況で(馬に乗った)騎士が左側を通行するルールが一般化していたそうです。そのため車も左側を走るようになったらしいです。私が質問した英国人も首をかしげていて、はっきりはわかりませんでしたが。

あと、馬車と舗装道路という交通体系を早い時期に作り上げた古代ローマ帝国から近い国は車が右を通行し、遠いイギリスや1967年以前のスエーデンなどが車が左を通行していたのはローマ文化の影響の少なさが影響しているかもしれません。

 

 

 

 

 韓国済州島(Jeju)の済州市から島の西部に向かって10分ほど走ったところに下り坂が上り坂に見える不思議なポイントがあります。

写真の道路の奥の方(写真の上側)の道路は上り坂に見えます。ここで車を止めてエンジンを切り、ニュートラルにすると、坂道を登るような感じに車が走り始めます。実実際にはここは下り坂で、車は坂道を下っていくわけです。

最近は観光名所になっていて来訪者が多いそうです。坂の途中で車を止めて現象を確かめたり、車から降りて道路の勾配を確かめたりしている人がいます。トケビ(あるいはトッケビと発音)の道路といわれています。トケビとは韓国語でお化けとか妖怪といった意味だそうです。道路脇の標識には漢字表記で「神秘道路」、英語表記で「Mysterious Road」と書かれています。 

道路の勾配が変化するところをサグと呼びます。ここもサグの一つです。手前の道路が急な下り坂で、奥の道路は緩やかな下り坂です。この変化のために、人間には上り坂に変わったように見えるわけです。一種の視覚の錯覚です。

日本の高速道路にもサグがあります。しかし、その勾配変化が小さいためにドライバーは上り坂に変わったことに気づかずに速度が低下してしまう車があります。後からきた車は前の車の速度が下がって車間が近付くのでブレーキを踏んだりします。するとその後の車も続々と速度を落とし、ついには渋滞が発生してしまいます。事故もなく、それほど混んでいるわけでもないのに不思議と渋滞になります。サグ渋滞と呼ばれている現象です。これも妖怪のなせるわざ?

20080803-1.jpg 

 

 

 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち事象カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはフランスです。

次のカテゴリは全般です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja