天体の最近のブログ記事

アイソン彗星が見られるようになってきました。

アイソン彗星はハレー彗星のように周期的に回ってくる彗星ではなく、今回限りの彗星です。

太陽に非常に近い距離まで近づくので、氷の溶け方が激しく、(箒状の)長い尾をひいて、今世紀最大の彗星になる可能性があるといわれています。ですが、あまりにも太陽に近づくので爆発して消滅してしまう可能性もあるそうです。

いま太陽に近づいていますが、順調に太陽を回って帰ってくると、綺麗に見られるようになります。もし爆発するともう見られなくなってしまいます。そこで太陽に近づく前に是非見ておきたいと、しばらく前から観察を開始しました。

2013年11月19日にやっと見ることができました。

おとめ座の1等星スピカのやや左の下にアイソン彗星が見られました。

K20131123-1.jpg

 

上の画像は300mm相当のの望遠レンズで撮影しました。下の画像は1000mm相当の望遠レンズで撮影しました。

少し右斜め上に向かってかすかに尾をひいているのがわかります。

K20131123-2.jpg

 

下の画像は11月23日の朝に撮影したものです。

横浜の海辺で東の地平線近く、水星の右側にアイソン水星がみられました。画像の下の明かりはは千葉県君津市付近の工業地帯のものと思われます。

K20131123-3.jpg

 

上の画像は300mm相当の望遠レンズで撮影したもので、一枚目の画像と同じ倍率です。下の画像はは同じ時に1000mm相当の望遠レンズで撮影したもので、二枚目の画像と同じ倍率です。これらを比較すると随分と彗星の尾が長くなってきているのが分かります。

K20131123-4.jpg

もう少し観察を続けたいと思います。

 

 

 

 

 

 

2012年12月13日深夜から14日未明にかけてふたご座流星群の流星を撮影しました。

今回のふたご座流星群はピーク時期に月が新月で空が暗く、観察・撮影しやすい好条件でした。

その上当日は雲一つない状態でさえぎるものない星空が広がっていました。

いつも流星を見るのは横浜のグランドキャニオンと呼ばれる谷間で、少しでも都会の灯りの影響を避けるように林の間から撮影していました。今回はせっかくの好条件ですので田舎の光の少ない環境を狙って、旧国道20号線笹子峠の山中に行って撮影しました。

ふたご座流星群はふたご座のあたりから流れ出すようにみえることから名付けられています。深夜24時ちょっと前にがこれまで見た流星の中で最も明るく、長い流れ星が見られました。ちょうどその方向にレンズを向けて撮影していたので画像を捉えることができました。
左上にやや斜めに縦に二つ並んでいるのがふたご座の星です。ふたご座とオリオン座の間、半分くらいに渡って流れました。
明るすぎて色が少し飛んでしまい、中央付近の光の帯が滲んでいます。
20121215-1.jpg

 

こちらは結構良い色に撮影することができました。
落下して燃えるに従って緑系から赤系の色に変化しています。

画像は3倍くらいにトリミングしています。20121215-2.jpg

 

今回撮影したところは、いつも撮影しているこちらとは10倍くらい暗さが異なる感じでした。
こちらでの撮影ではコントラストが低くとても写せないような流星も撮影できました。
シャッター時間も20~30秒開くことができ、一枚の中に二つの流星が入ったものもあります。
右下の流星は流出点が異なりますのでふたご座流星群の流星ではなく偶然発生した他の流星のようです。20121215-3.jpg

よい機会にめぐまれて嬉しかったです。

 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち天体カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは夜景です。

次のカテゴリは庭園です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2013年11月: 月別アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja