風景の最近のブログ記事

長年行きたいと思っていたフランスのモン・サン・ミシェルに念願かなって行くことができました。

潮の満ち干の様子と修道院のライトアップを島の外側から見たいので一晩宿泊することにしました。

モン・サン・ミシェルは海の中の島にある修道院です。モン・サン・ミシェルがあるサン・マロ湾はヨーロッパでも潮の干満の差が最も激しい所として知られています。最大15mもの干満差があったそうです。島に続く道(堤防)を造った影響などがあり、近年は島の周りに土が堆積して大潮の時しか「海の中の島」になりません。

一枚目の画像は大潮から数日後の朝、ほぼ満潮時に撮影したものです。完全ではありませんが、修道院が映り込んで、手前が水面になっていることがわかります。

20110731-1.jpg

 

 

下の二枚目の画像は同日の昼、潮が引いてから同一場所から撮影したものです。

島の手前が砂地、草地になってしまっていることがよくわかります。

20110731-2.jpg

 早朝に潮が満ちてくる様子の動画もあります。ご覧になって下さい。

 

 

 

 

 

 

オリオン座流星群の流星を狙って撮影していた時に撮れた流れ星です。
見上げていた北の空の真上に近いところから下に向かって、ひときわ明るい流れ星が表れました。流れてきた方向がオリオン座流星群の流出点とはだいぶ異なりますのでオリオン座流星群の流星ではないようです。
流れ星の先のW字型(画像では上下反転してMの字の両側がひらいたようになっている)の星座がカシオペア座です。
カシオペア座のWの両側の直線を延長した交点からW字の中央の星に向かってひいた線を5倍延長した先が北極星です。画像下部の星が北極星です。
わが家の付近としては比較的暗い所の林の中で撮影しました。しかし真夜中でも空が明るく、コントラストが小さくて流星を明るく写すことができませんでした。都市部の人口密集地付近での流星撮影は難しいです。
正規のISO感度範囲を超えた高感度設定で撮影し、さらにかなりコントラストを上げて現像しています。そのため色がほとんどでていません。
次は周囲に灯りが少なく、星がくっきり見えるような場所で撮影してみたいです。
k20091023-1.jpg

 

 

 

 

京都市右京区御室大内の仁和寺(にんなじ)の庭園です。
仁和寺は仁和2年(886年)に第58代光孝天皇が国家と仏教の興隆を願って「西山御願寺」(にしやまごがんじ)という名称の寺の建立を発意され、次の第59代宇多天皇がその遺志をついで仁和4年(888年)に造営されました。先帝から受け継がれた「仁和」の年号から仁和寺という寺号で呼ばれるようになりました。皇室とゆかりの深い寺で、「御室御所」(おむろごしょ)と称されました。
世界遺産になっています。御室桜と呼ばれる桜の名所でもあります。数々の国宝で有名ですが、江戸時代に再整備された庭園も見事なものです。
最初は南庭です。奥左手が勅使門で天皇の勅使が入る門です。

k20090521-1.jpg

 

次は宸殿から北庭の池を通して見た五重塔です。

k20090521-2.jpg

 

最後は北庭のパノラマ画像です。拡大して(インターネット・エクスプローラの場合、右クリックで「リンクを新しいウインドウで開く」を選択)ご覧下さい。拡大画像が表示されない場合は一度画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

k20090521-3.jpg 

 

 

 

京都市右京区龍安寺御陵下町の龍安寺(りょうあんじ)の石庭です。

龍安寺は「古都京都の文化財」の一部として世界遺産に登録されている文化財ですが、その石庭は世界的にも最も有名な庭の一つです。いわゆる「龍安寺の石庭」は枯山水の方丈石庭です。国の史跡・特別名勝に指定されています。幅25m×奥行10mの大きさの庭に白砂を敷き、5か所にわけて15個の石を配置したシンプルな庭です。15個の石はどこから眺めても、必ず1個は他の石に隠れて見えないようになっているそうです。この庭は「虎の子渡しの庭」ともいわれ、中国の「虎の子渡し」という説話を再現しているという伝承があるそうです。

イギリスのエリザベス女王はじめ海外の要人がこの庭を絶賛し、海外からの訪問客も多いそうです。

k20090419-1.jpg

 

 

 

 

京都の西北端、京都市北区金閣寺町の「鹿苑寺(ろくおんじ)」、通称「金閣寺」です。

1397年(応永4年)に将軍足利義満が旧西園寺を一新して「北山殿」とよばれる山荘を造りました。その規模は御所に匹敵したそうです。義満の死後規模が縮小され、義満の法号「鹿苑院」から鹿苑寺と名付けられた禅寺になりました。その時に唯一最初に姿のまま残ったのが釈迦様の骨を祀ったといわれる「舎利殿」です。漆地に金箔を貼った三層(金箔は二・三層のみ)の建物で、通称「金閣」とよばれました。寺も「金閣寺」という呼び名の方が一般的です。国宝であった金閣は1950年(昭和25年)に小説でも有名な放火事件により全焼しました。現存する金閣は1955年(昭和30年)に再建され、1987年(昭和62年)には金箔が厚いものに張り替えられました。私が最初に金閣を見たのは昭和39年でしたが、今回久しぶりに見た姿はその時よりずっと輝いて見える印象でした。金閣の傍の鏡湖池を中心に島、岩、石などを配した「池泉回遊式庭園」は室町時代の北山文化を代表するものです。

k20090412-1.jpg

 

鏡湖池の東側にある書院の庭に、足利義満手植えと伝えられる船の形をした「陸舟(りくしゅう)の松」があります。京都三松の一つに数えられています。後の松の木とあわせて帆掛け船のように見えます。舳先は西方浄土に向かっているのだそうです。足利義満の時代からの松とすると樹齢は約600年を越えています。

k20090412-2.jpg

 

 

 

 

フィレンツェの「広場」を紹介します。

フィレンツェをはじめイタリアの諸都市には「広場(イタリア語でPiazza、英語ではPlazaに相当)」がたくさんあります。主な位置付けは「人々が集まるところ」でしょうか。一口に広場と言ってもその用途・目的は「宮殿や教会など多人数が集まる施設の門前」、「市場・交換場所」、「交通の結節点」、「イベント会場」、「議論・討論・演説・講演会場」、「休憩・レクレーションの場所」など多岐にわたっているようです。イタリアの歴史は都市国家の歴史ともいわれています。ローマ、カルタゴ、ヴェネツィア、フィレンツェ、ミラノ、ナポリ、ジェノヴァ、トリノをはじめイタリア史において一時代を画したのは大都市を中心とした国家でした。イタリアは国土が狭く、大都市内も過密でした。そこにおいて人々の関係を円滑・有効に機能させたのが「広場」でした。これまでに紹介したドゥオーモ(大聖堂)の前にはドゥオーモ広場が、ヴェッキオ宮殿の前にはシニョリーア広場がありました。

その他の広場を紹介します。最初はサン・マルコ(Piazza San Marco)広場です。サン・マルコ修道院前の広場です。周囲に美術館などの文化施設が集まっているとともに、市内交通の要所になっていて様々な交通機関が集まっています。

k20090408-1.jpg

 

次はサン・ロレンツィオ教会前のサン・ロレンツィオ広場(Piazza San Lorenzo)です。市内有数の庶民的な広場で、広場から露店が軒を連ねています。衣類・装飾品・雑貨など何でもありの店が並んでいます。その先はフィレンツェの胃袋と言われている中央食品市場につながっています。

k20090408-2.jpg

 

三番目は共和国広場(Piazza dalla Repubblica)です。ポンテ・ヴェッキオからドゥオーモに向かう左側にある広場です。極めて庶民的な広場で、周囲にはレストランやカフェが並び、広場の中にはメリーゴーランドもあり、幼い子連れの家族から、老夫婦まで様々な人達が集まっていました。

k20090408-3.jpg

 

最後はサンタ・クローチェ広場(Piazza Santa Croce)です。ミケランジェロやガリレオが眠っているフランチェスコ会最大のサンタ・クローチェ教会の前の広場です。周囲にはレストランやカフェがありますが、極めてシンプルな広場です。訪問したのはもう夕暮れ時で人は少なかったですが、カップルやグループが親密そうに過ごしている様子が印象的でした。

k20090408-4.jpg

 

 

 

 

シニョリーア広場(Piazza della Signoria)は宮殿前の大きな広場で、かってはこのあたりがフィレンツェの政治の中心地だったそうです。歴史的な建造物が周囲を囲んでおり、さらにしゃれたカフェなども軒を連ね、観光スポットになっています。

正面の高い塔を有する建物が「ヴェッキオ宮殿(現在は市庁舎)」、その右のアーケード風の建物が「ランツィのロッジア」、宮殿の左側の白い像は「ネプチューンの噴水」、その左に「コジモ1世の騎馬像」があります。広場には大勢の観光客や地元の人達が集まっています。

k20090330-1.jpg

 

ヴェッキオ宮殿は1299年から1314年にかけて建設されたものです。彫刻家アルノルフォ・ディ・カンビオによって設計された歴史的な建物です。かつてはフィレンツェ共和国政庁舎として使われ、現在はフィレンツェの市庁舎になっています。高い塔は「アルノルフォの塔」と呼ばれる鐘楼で、94mの高さです。現在は時計塔になっています。入口正面階段にはミケランジェロ作 「ダヴィデ」像のレプリカ(オリジナルはアカデミア美術館に展示)が置かれています。宮殿内にはレオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロなどの多くの彫刻や絵画が展示されています。シニョリーア広場には観光用の馬車が何台か客待ちをしていました。フィレンツェ観光にはこのような馬車が似合いそうです。

k20090330-2.jpg

 

宮殿に向かって右側には大きなゴシック様式のアーケードを持つランツィのロッジア(Loggia dei Lanzi)があります。14世紀後半に建てられたものです。ベンヴェヌート・チェッリーニ作の 「ペルセウス( Perseo)像」など、14世紀から16世紀にかけての地元の彫刻家の作品が展示されています。画像左端のブロンズ像がメドゥーサの首を掲げるペルセウスの像です。ロッジアはアーケード建築、ランツィは槍兵の意味だそうですが、16世紀にランツィ・ケネッキと呼ばれるドイツ槍兵が駐屯したことから名付けられたとか。もともとは広場の集会におけるステージだったそうですが、現在はギャラリーとなっています。

k20090330-3.jpg

 

宮殿の左側には1575年にバルトロメオ・アンマンナーティによって作られた「ネプチューンの噴水」があります。ネプチューンはローマ神話の海の神様で、ギリシャ神話のポセイドンに相当します。ネプチューンの足元にサチュロス(ギリシア神話の下半身が山羊の怪物)がいたりして、複雑な場面になっています。

k20090330-4.jpg

 

さらに左側には「大公コジモ1世の騎馬像」があります。コジモ1世(コジモ・デ・メディチ)は1537年にメディチ家の当主となり、フィレンツェ大公となった人です。1570年には法王ピオ5世によって初代トスカナ大公の地位が与えられました。フィレンツェの都市改造事業を行ない、現在のウフィツィ美術館やヴァザーリの回廊などを建設し、今日のフィレンツェの景観を作り上げました。そのコジモ1世を記念して作られたものだそうです。

k20090330-5.jpg

 

 

 

 

イタリア、フィレンツェのポンテ・ヴェッキオ(Ponte Vecchio)です。
Ponteはイタリア語で「橋」、Vecchioは「古い」を表すそうです。
その名の通り、14世紀中頃(1345年?)には既に開通していた、フィレンツェで最も「古い橋」で、最もユニークな橋です。
前回紹介した大聖堂前のサン・ジョバンニ広場から南に下り、途中ヴェッキオ宮殿の前を通り、フィレンツェの中央を流れるアルノ川にでたところにあります。画像の左側の橋がポンテ・ヴェッキオ、右に見える塔がヴェッキオ宮殿の鐘楼(現在は時計塔)です。

k20090328-1.jpg

 

ポンテ・ヴェッキオは世界でも最も有名な橋のひとつといわれています。基本構造は三連のアーチ橋ですが、その上に建物がたくさんのっていて、川を渡るという役割とともに、商店街や住宅街の役割を果たしています。

k20090328-2.jpg

 

下流側からみたところです。橋にへばりつくようにして多くの建物が連なっています。橋の中央部分は切り通しのようになっていて、川の景色を望むことができます。

k20090328-3.jpg

 

橋はいつも買い物客や観光客など多くの人で賑わっています。画像は橋の南側入口を手前から見たところです。フィレンツェにきたら最低限大聖堂(ドゥオーモ)とポンテ・ヴェッキオは押さえなければいけないといわれているとか。

k20090328-4.jpg

 

橋の中央部の上流側はユニークなアーチ状の建物があり、観光客の人気撮影スポットになっています。神曲で有名な詩人ダンテもここからのアルノ川と明月の絶景を愛でていたとか。

k20090328-5.jpg

 

ポンテ・ヴェッキオの橋の上の店は、建設当初は肉屋などの生活用品を扱う店が多かったそうですが、その後金銀細工などを扱う店が中心になり、現在は貴金属装飾品の店がずらりと並んでいます。中には世界的に有名なブランド店もあります。

k20090328-6.jpg

 

 

 

 

イタリア、トスカーナ州の州都フィレンツェはルネッサンスの興隆の地であり、現在もイタリア文化の中心的都市です。市街地は美しくまとまっていて、歴史的文化遺産も多く見どころがたくさんあります。
その代表が大聖堂です。現地ではドゥオーモと呼ばれます。白・緑・バラ色の大理石によって造られた壮麗な建物です。

サン・ジョバンニ広場に入ると手前に大きな八角形の洗礼堂、続いて大聖堂の本体、向かって右側にジェットの鐘楼がそびえ、その奥に大聖堂の後陣にあるクーポラと呼ばれる大円屋根が見えます。それぞれがみごたえのある建物で、それがそろっている様は壮観です。

k20090322-1.jpg

 

大聖堂内部は装飾は少なくて比較的簡素ですが大きく重々しい雰囲気です。最深部の上がクーポラです。

k20090322-2.jpg

 

クーポラの内側(円屋根の裏側)は見事な大壁画で彩られています。

k20090322-3.jpg

 

クーポラは106mの高さがあり、13世紀末から15世紀中頃の約150年かけて建築されました。463段の狭い階段を歩いて最上部の展望階にあがることができます。クーポラの展望階はフィレンツェ市街地で最も高い場所で、市街地が一望できます。画像はジェットの鐘楼のある方向を見下ろしたところです。円屋根が滑り台のように下に伸びている様子がわかります。次の画像はジェットの鐘楼の上部から撮影したものです。

k20090322-4.jpg

 

ジェットの鐘楼はジェットとその弟子によって1334~1359年にかけて建築された鐘突堂です。ジェットの鐘楼にも登ることができます。こちらは高さ85m、414段の階段を登ります。クーポラと合わせると約850段の階段です。リフトやエスカレータはありません。これを上り降りするのは良い運動になります。画像はジェットの鐘楼最上部のテラスからクーポラとフィレンツェ市街地を望んだものです。フィレンツェ市街は黄土色の壁と橙色の屋根で統一されています。またその高さも制限され、ほぼ同じ高さで統一されています。イタリアではピサやトリノなどでも色彩や高さが揃えられている街を上から見る経験をしました。フィレンツェはそのなかでももっとも均整のとれた美しい街でしょう。上の画像はクーポラ上部の展望階から撮影したものです。

k20090322-5.jpg

 

 

 

 

ルネッサンス期の天才、レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452~1519年)が生まれたヴィンチ(Vinci)村を訪問する機会がありました。

レオナルド・ダ・ヴィンチの名前はヴィンチ村のレオナルドということで名付けられたそうです。清水の次郎長(清水湊の次郎長)とか黒駒の勝蔵(黒駒村の勝蔵)というのと同じらしいです。

今も500年以上昔の姿が保存されているレオナルド・ダ・ヴィンチの生家です。

20090317-1.jpg

 

生家はイタリア、トスカーナ州、アルバーノ山の山腹にあり、周囲はオリーブの畑に囲まれています。

20090317-2.jpg

 

生家の近くにはヴィンチ博物館(イタリア語でMUSEO VINCIANO、和名はダ・ヴィンチ博物館、あるいはレオナルド・ダ・ヴィンチ博物館)があります。建物は13世紀建造のヴィンチ城を利用しているそうです。移動途中の10分足らずの立ち寄りでしたので、館内には入りませんでした。レオナルド・ダ・ヴィンチのアイデアに基づく様々な発明品が所蔵・展示されているとのこと。少しでも見てみたかったです。

20090317-3.jpg

 

博物館の入り口の庭にはレオナルド・ダ・ヴィンチが描いたウィトルウィウス的人体図を模式化したモニュメントがありました。紀元前1世紀頃のローマの建築家ポッリオ・ウィトルウィウスの著作に記述されている人体の寸法の特徴と自身の観察に基づく特徴を図式化したものです。画像の左側がモニュメント、右側がウィトルウィウス的人体図です。

20090317-4.jpg

 

 

 

 

ガリレオが「自由落下するときの時間は落下する物体の質量には依存しないという法則」を実証したことで有名なピサの斜塔(Torre di Pisa)を訪問する機会がありました。

イタリアのピサ市にあるピサ大聖堂の鐘楼として建てられたものです。1173年に着工されました。高さは55mです。建設開始後まもなく傾斜が始まり、当初計画より低い建物になってしまいました。1990年から2001にかけて本格的な修復(傾斜増大回避対策)作業が行われました。現在の傾斜角は約4度だそうです。現地で見た印象は、写真などで想像していたよりも大きく傾いている印象でした。一時公開(登塔)禁止されていましたが、現在は今後300年は持つということで再公開され、97段の階段の上の展望階に登ることができました。

20090311-1.jpg

 

 

 

 

夜のニュー・ヨークの続きです。ニュー・ヨークといえば「エンパイアー・ステートビル」です。
キングコングも登った(?)夜のエンパイアステートビル。

20090126-1.jpg

 

エンパイアステートビルの最上階から見たマンハッタンの夜景。所狭しと摩天楼が林立しているのがわかります。

20090126-2.jpg

 

エンパイアステートビルの最上階から見た夜の自由の女神像。きれいにライトアップされています。

20090126-3.jpg

 

 

 

 

昼のニュー・ヨークも素敵ですが、夜のニュー・ヨークは一段と魅力的です。ここはタイム・ワーナー・センタです。
場所はマンハッタンの北、セントラル・パークの西南部のコロンバス・サークルにあります。総工費約2200億円をかけて、コロンブス・サークルの円形広場を半周かこむように、80階建て230mの二つのビルと4階建てのショッピング・モールが建てられています。タイム・ワーナー社のオフィス・タワーを中心に有名店や高級ホテルが集まっています。訪問したのはクリスマスの少し前でしたので、通りはクリスマスのイルミネーションで飾られて、綺麗でした。

20090124-1.jpg

 

 

 

 

自由の女神像があるリバティ島から戻ると、ほどなく夕暮れになりました。夕日に空が綺麗に染まっています。空にはカモメが飛んでいます。自由の女神像が素晴らしい背景に浮かび上がっています。思わずほっとするようなニューヨークの夕暮れです。

20090107-1.jpg

 

 

 

 

1008年11月にニューヨーク(New York)を訪問しました。晩秋のニューヨークの表情を紹介します。

ニューヨークと言えば先ず自由の女神像(The Statue of Liberty)です。ヨーロッパから大西洋を渡って新大陸アメリカに到着するところがニューヨークでした。入口のニューヨーク湾に入り、最初に目にはいる場所であるリバティ島に建てられたのが自由の女神像でした。アメリカの独立100周年を記念して独立を支援したフランスから贈られ、1886年に完成しました。以来「自由を象徴する像」としてアメリカのシンボルとなっています。世界各地からやってくる移民にとっても新天地の象徴ともなっていました。世界遺産に登録されています。画像はリバティ島にわたるフェリーから撮影したもので、後にはニューヨークのマンハッタン島と高層ビル群が見えます。

20090101-1.jpg

 

右手には純金で形作られた炎のたいまつが掲げられ、左手にはアメリカ合衆国の独立記念日である「1776年7月4日」とローマ数字で刻印されている銘板を持っています。足元には引きちぎられた鎖と足かせがあり、弾圧や抑圧からの解放と、人類は皆自由で平等であることを象徴しています。女神がかぶっている王冠には7つの突起があり、7大陸と7つの海に自由が広がることを象徴しているそうです。台座を含めて93mの高さです。たいまつのところが展望台になって、見物客が見えます。その人達との対比から大きさが想像できると思います。911テロの後入場が制限され、内部見物は1週間以上前に予約した少数の人しか認められていません。

20090101-2.jpg

 

 

 

 

初雪

| | トラックバック(0)

冬の鳥を求めて高原に行ってきました。下は雨でしたが少し上っていくと雪になり、目的地ではすっかり雪景色になっていました。

四駆で新雪の中を走り、雪景色を存分に楽しみました。画像は林の奥深くに入っていき、帰り道にて撮影したものです。木の枝に積もった雪が良い景色を演出していました。

20081216-1.jpg

 

 

 

 

オタワの別な顔を紹介します。

オタワの中心にリドー川が流れています。この川は運河になっていて、他の大きな都市とつながっているオタワ川とオンタリオ湖を結んでいます。200kmにもおよぶ運河で、物資輸送の動脈として1826年から6年の歳月をかけて造られたそうです。当時はアメリカと戦争状態にあり、アメリカの侵略に備える交通網として造られたそうです。

20081210-1.jpg

 

運河の主体はリドー川ですが、リドー川がオタワ川に合流するところは大きな段差があり、リドー滝となっています。

20081210-2.jpg

 

それでは船を通すことができませんので、たくさんの水門を有する運河を造り、水門を開閉させながら徐々に水位を上げ下げして船を通していきます。

20081210-3.jpg

 

現在は物資輸送はトラックや鉄道が中心で運河はその本来の役割を終えていますが、夏はカヌーや観光船が行き交い、冬はスケートリンクとして賑わっています。このスケートリンクは世界最大の長さを誇っています。200kmにもおよぶスケートリンクが形成されるのでしょうか。

20081210-4.jpg

 

最後は国会議事堂付近の夕焼けです。今回の訪問期間中はほとんど曇っていましたが、一日だけ晴れて夕焼けを見ることができました。国会議事堂のシルエットが綺麗でした。オタワからもオーロラが見られることがあるとのことで、期待していましたが見られませんでした。この夕焼けの後にオーロラが登場したら最高だったのですが。

20081210-5.jpg

 

 

 

 

引き続きオタワの建物を。

最初は連邦ビルです。連邦関係の機関が集まっているとか。重厚な建物です。

20081205-1.jpg

 

カナダの造幣局です。有名なメープルリーフ金貨などが鋳造されているのでしょう。今年は100周年記念の年だそうです。歴史を感じる建物です。

20081205-2.jpg

 

ノートルダム大聖堂です。1840年から70年の工事で完成した聖堂です。中世の雰囲気を感じます。壁面の彫刻などが見事です。

20081205-3.jpg

 

国立美術館です。こちらは近代的なガラス張りの建物です。自然光をおおいに採り入れた展示空間が構成されています。4万点の作品が保有されているそうです。カナディアンアートはもとより、ヨーロッパやアジアの有名な作品も多数展示されています。入口には巨大なクモのオブジェがあります。

20081205-4.jpg

 

こちらは市街地のはずれにある民家です。趣のある構えの家が並んでいました。

20081205-5.jpg

 

戦没者記念塔です。22名の兵士の像が飾られています。第1次世界大戦が終戦となった11月11日が戦没者追悼記念日で式典が開かれます。今回の訪問はちょうどその時期で、黄葉に彩られた記念塔には多くの花が捧げられていました。

20081205-6.jpg

 

 

 

 

11月中旬~下旬にカナダのオタワとアメリカのニュー・ヨークに行きました。オタワは初めての訪問です。先ずオタワから紹介します。

オタワはカナダの首都です。フランス系ケベック州とイギリス系オンタリオ州の接点に位置しています。独立時にいくつかあった首都候補都市の中でフランス系とイギリス系がバランスしているので首都として都合がよかったとか。首都と決定してから計画的に都市開発が行われ、コンパクトで機能的で、かつ美しい街になりました。工場などは全て郊外に配置され、首都らしく中央官庁の機能が市の中心に集中していています。半日もあれば歩いて市内の主要な建物を回ることができます。そのいくつかを紹介していきます。

オタワで最も有名な建物はカナダ連邦の国会議事堂です。ネオ・ゴシック様式の荘厳な建物です。しばしば世界で最も美しい公共建物の一つとして取り上げられています。左がウエスト(西)ブロック、正面がセンター(中央)ブロック、右がイースト(東)ブロックとよばれる建物です。主要な機能はセンターブロックにあります。中心の高い時計塔はPeace Tour(平和の塔)で、平和への祈りと決意をこめて作られ、内部に戦没者記念室があります。
パノラマ画像です。拡大して(インターネット・エクスプローラの場合、右クリックで「リンクを新しいウインドウで開く」を選択)ご覧下さい。

20081130-1.jpg

 

センターブロックに向かう正面通路には1967年に建国100周年を記念して点火された聖火が燃え続けています。

20081130-2.jpg

 

センターブロックの後側にはビクトリアン・ゴシック復興様式の建物の傑作といわれている国会図書館があります。内部は美しい模様で飾られ、素晴らしい彫刻が並び、美しい白大理石のビクトリア女王像などがあり、見応えがありますが、撮影は禁止されています。

20081130-3.jpg

 

議場も見学できます。赤い絨毯と赤張りの調度、金張りの天井などが有名な上院議場です。周囲の壁にはカナダの歴史に係わる壁画やカナダの動植物の彫刻などが飾られています。

20081130-4.jpg

 

下院議場は英国下院と同じく緑の絨毯や緑の調度が使われています。周囲の石灰岩には4億年以上前の化石類が入っています。天井の麻布の模様も見事です。窓のステンドグラスにはカナダ各州の州花が描かれているそうです。窓の下の彫刻はカナダ憲法に含まれている概念を具象化したものだそうです。

20081130-5.jpg

 

 

 

 

ザイオン国立公園には、不思議なかたちの岩山がたくさんあります。これはオルガン(Organ)と名付けられています。パイプオルガンのように見えます。

20081106-1.jpg

 

垂直に切り立った大きな岩山も多くあります。これはザイオン国立公園で最も魅力的なトレイル(散策道)があるといわれているエンゼルス・ランディング(Angels Landing:天使が舞い降りるところ)です。絶壁の上に登ることができます。

パノラマ画像です。拡大して(インターネット・エクスプローラの場合、右クリックで「リンクを新しいウインドウで開く」を選択)ご覧下さい。

20081106-2.jpg

 

渓谷に流れるバージン川に沿ってリバーサイド・ウォーク(Riverside Walk)という散策路があります。両側にはほぼ垂直の絶壁が迫っています。バージン川上流は川の中を歩いて谷間を上流に上っていくことができます。

20081106-3.jpg

 

岩壁は垂直に切り立っているだけでなく、道の上にのし掛かってくるようになっているところもあります。

20081106-4.jpg

 

ザイオン渓谷は24Kmにもわたって続いています。その両側には高さ600mにもおよぶ急峻で変化に富んだ岩山が連なり、谷間には曲がりくねった道路が続いています。いろは坂のようなところもあります。画像中央にかすかに道路が見えます。道路の上に小さな小さな白いゴミのようなものが見えます。それが長さ10m程度のキャンピングカーです。それとの対比で岩山の大きさが想像いただけますでしょうか。

20081106-5.jpg

ザイオン国立公園は独特のナバホ・サンドストーン(Navajo Sandstone)が浸食されてできた、美しくて気高い彫刻模様が溢れていました。

 

グランド・サークル巡りの紹介は今日で完了です。今回のグランド・サークル巡りはグランド・キャニオン、アンテロープ・キャニオン、モニュメント・バレー、ブライス・キャニオン、ザイオンなど、期待・想像していたスケールや不思議さを遙かに上回る景色を堪能することができました。あらためて自然や時の流れの偉大さと不思議な力を実感として感じることができました。

 

 

 

 

 

ザイオン国立公園は、ナバホ・サンドストーン(Navajo Sandstone)とよばれる砂岩層が浸食されてできた岩山に囲まれた、長さ24kmにおよぶザイオン渓谷を中心とした公園です。
私たちはブライス・キャニオンからザイオンに向かい、東側の入口から公園に入りました。公園入口近くに有名なチェッカーボード・メサ(Checkerboard Mesa)があります。岩肌にチェッカーボード(チェスの盤)のような碁盤目状の模様があります。

20081102-1.jpg

 

マウント・キャメル・ハイウエイ(Mount Camel Highway)を走ってザイオン渓谷を進みます。道路沿いに魅力的な形の岩山が次々と登場します。

20081102-2.jpg

次はザイオン渓谷のポイントを紹介します。

 

 

 

 

ブライス・ポイントからピーカブー・ループ・トレイル(Peakaboo Loop Trail)という散策路を通って谷間に降りていきます。谷の斜面にそって細い道が続いています。この写真の場面は比較的斜面の傾斜が緩やかで、道幅が広いですが、中には急斜面に狭い道というようなところもあります。

20081025-1.jpg

 

岩柱の間を縫うように道が通っています。

20081025-2.jpg

 

谷の上を見上げると、斜面からニョキニョキと生えてきているような岩柱が見えます。今にも頭の上に落ちてくるかのような迫力です。

20081025-3.jpg

 

様々な形の岩柱や木の林の中を散策コースが続きます。途中からナバホ・ループ・トレイル(Navajo Loop Trail)につながっています。

20081025-4.jpg

 

最後の方は岩柱が近くに迫っている狭いところを通って行きます。こんな狭いところににも大きな木が太陽を求めて高く背を伸ばしています。

20081025-5.jpg

 

岩柱の隙間を通り抜けたところです。人の大きさから周囲の岩柱の大きさ、高さが想像できると思います。

20081025-6.jpg

 

コースの最後はサンセット・ポイントに上がります。その途中から谷の方を見ると、不思議な形の岩柱がたくさん連なってみごとな景観をていしています。

20081025-7.jpg

このコースを最後にブライス・キャニオンに別れを告げ、ザイオン国立公園に向かいます。

 

 

 

 

次の景観ポイントはブライス・ポイント(Bryce Point)です。

ブライス・キャニオンは幾層にも重ねられた地層が風や水に浸食されてできています。その地層の多様性が岩柱(hoodoo)を始めとする地形の多様性を産み出しています。ブライス・ポイントにもじつに様々な形の岩柱を始めとする地形が並んでいます。

20081012-1.jpg

 

岩柱ではありませんが、多くの穴(Window)や洞穴(Grotto)があります。これは地層の中に砂岩(Sandstone)という砂を固めたような、比較的柔らかい層があり、それが固い岩の層の裂け目などから入り込んだ水やその氷、風雨などによって押し出されたり浸食されて穴があいてできます。下の写真にも大きな洞穴が多数見えます。

20081012-2.jpg

 

事前に調べたり教えて頂いた情報で、上から眺めるだけでなく散策路(Trail)を歩いて、横や下から見たブライス・キャニオンがすばらしいとのこと、是非見てみたいと思っていました。ブライス・ポイントから降りてピーカーブー・ループ・トレイル(Peakaboo Loop Trail)歩く予定です。下の写真の右下に細い道が続いているのが見えます。

20081012-3.jpg

いよいよ谷底に向かって歩き始めます。

 

このブログでも紹介してきましたが、モニュメント・バレーで多くの映画が撮影されています。その撮影地を集めたページ「モニュメント・バレーの映画撮影地」をアップしました。ご覧下さい。

 

 

 

 

次の景観ポイントはインスピレーション・ポイント(Inspiration Point)です。

ブライス・キャニオンは基本的に高原が風、水、氷によって浸食されてできたものです。巨大な自然の円形劇場ともいわれています。その雰囲気がここインスピレーション・ポイントによくでています。擂り鉢状に掘られた地形にたくさんの岩柱(hoodoo)がならんでいます。底の部分には濃い緑が見られます。

パノラマ画像です。拡大して(インターネット・エクスプローラの場合、右クリックで「リンクを新しいウインドウで開く」を選択)ご覧下さい。

20081007-1.jpg

 

岩柱はそれぞれ複雑な色と形をしています。中には60mにも達する高さのものもあります。このような形のものがよく崩れないものだと感心します。自然が産み出した驚異の造形ですね。

20081007-2.jpg

次はブライス・ポイントです。そこから谷間に降りていきます。

 

 

 

次の景観ポイントはサンセット・ポイント(Sunset Point)です。深い谷底に向かう崖にたくさんの岩柱が並んでいます。

パノラマ画像です。拡大して(IE(インターネット・エクスプローラ)の場合、右クリックで「リンクを新しいウインドウで開く」を選択)ご覧下さい。

20081003-1.jpg

 

右側の崖の部分を見てみると、複雑な形の岩柱の間に散策路(Trail)が通っています。明日は逆方向から歩いてきて、ここを登ってくる予定です。かなりきつい坂のようですが、周囲の景色は魅力的でしょう。

20081003-2.jpg

 

中央の奥の方には不思議な形の岩柱が密集(?)しています。色も多様です。

20081003-3.jpg

 

その一部をさらにアップで見てみると、複雑に重なった地層が削られて岩の尖塔ができているのが見えます。岩の層毎に色も異なって複雑です。

20081003-4.jpg

 

別な場所をアップすると、赤茶色の岩柱がびっしりと並んでいます。それぞれの岩柱の形状は、なんとも表現が困難なくらい複雑怪奇な形です。

20081003-5.jpg

これぞ典型的なブライス・キャニオン(Bryce Canyon)の景色ですが、驚かされます。

 

 

 

 

いよいよブライス・キャニオン国立公園(Bryce Canyon National Park)に到着です。ブライス・キャニオンには「岩柱(hoodoo)」とよばれる尖塔のような独特の地形が形成され、奇妙かつ不安定な姿の岩々が何千も並んでいます。

まずビジターセンタから最も近い景観ポイントのサンライズ・ポイント(Sunrise Point)を訪れました。広大な視界の中央付近に岩柱がたくさん並んでいるのが見えます。

パノラマ画像です。拡大して(IE(インターネット・エクスプローラ)の場合、右クリックで「リンクを新しいウインドウで開く」を選択)ご覧下さい。

20080930-1.jpg

 

少し回り込んで岩柱に近付いてみると異なる色の地層が不思議な形に削られて並んでいる様子がわかります。

20080930-2.jpg

 

かなり規則的に並んで、お城や砦のような巨大構造物のように見えるところもあります。

20080930-3.jpg

 

ブライス・キャニオンの不思議な岩柱には期待していました。期待に違わぬ景観が見られましたが、驚くのはまだ早いです。これからさらに不思議な光景が展開されていきます。

 

 

 

 

モニュメント・バレーから次の目的地、ブライス・キャニオンに向かいます。先ずペイジ(Page)の町に戻ります。Pageを過ぎるとすぐにパウエル湖(Lake Powelll)があります。コロラド川にできた人造湖で、アメリカ二番目の大きさの人造湖です。湖の幅約300km、周囲の総延長は3000km以上にもおよぶ大きさです。湖の出口にグレン・キャニオン・ダム(Glen Canyon Dam)があります。ダムができてからパウエル湖が満水になるまでに17年もかかったとか。その規模の大きさはとてつもないものです。画像はパウエル湖とグレン・キャニオン・ダムのパノラマです。

20080928-1.jpg

 

PageからUS89号線を西に向かうとカナブ(Kanab)の町に着きます。次の目的地のブライス・キャニオン観光の拠点にした町です。「リトル・ハリウッド」と言われ、映画の撮影が多く行われた町だそうです。町中に映画にまつわる展示物が多く存在しています。町のはずれにMovie Townという映画博物館的な施設があり、映画撮影に利用された建物や大道具・小道具が展示されています。画像はMovie Townの内部です。

20080928-2.jpg

 

モニュメント・バレーの日の出を見て、すぐに移動したのでまだ時間がありました。明日の本格的な観光とウォーキングに備えて、ブライス・キャニオンに下見にでかけました。途中にシーニック・ハイウエイ(Scenic Highway)と呼ばれる景観道路があります。そこにはレッド・キャニオン(Red Canyon:赤い谷)と呼ばれる谷間があります。名前の通り赤い岩の谷間です。道路際に不思議な形の赤い岩が連なっています。ここだけでも立派な観光地です。

20080928-3.jpg

 

道路に赤い岩のアーチがかかっています。周囲の地形を利用した心憎い演出の道路です。さすがシーニック・ハイウェイ。

20080928-4.jpg

 

次は今回のグランド・サークル巡りの一つのハイライト、ブライス・キャニオン(Bryce Canyon)です。

 

 

 

 

長いこと紹介してきましたモニュメント・バレーも今日で終わりです。モニュメント・バレーの中を通っているUS-163号線を少し北に行った地点からモニュメント・バレーを振り返ると、多くのビュートやメサが見えます。映画「フォレスト・ガンプ/一期一会」の撮影ポイントとして紹介した場所です。その地点からのパノラマ画像に、現地のガイド図と照らし合わせて分かった名前を記入して紹介します。これまで紹介した多くのポイントの位置関係などがわかると思います。

同じビュートやメサに対して別な名前がついているものもあるようです。例えばWestとEast Mitten ButteはそれぞれLeftとRight Mitten Butteとも呼ばれます。こちらはどちらで呼んでも理解できます。道路正面に見えるBringham's TombにはSaddlebackという名前もあるようです。

パノラマ画像です。拡大して(IE(インターネット・エクスプローラ)の場合、右クリックで「リンクを新しいウインドウで開く」を選択)ご覧下さい。

20080927-1.jpg

 

アメリカの原風景の一つともいわれていますが、映画やCMで見慣れているせいか、これぞアメリカと感じる景色でした。是非訪れてみたいという長年の夢が叶い、想像していた以上の景色を実際に見ることができて幸せでした。

 

モニュメント・バレーで多くの映画が撮影されています。その撮影地を集めたページ「モニュメント・バレーの映画撮影地」をアップしました。ご覧下さい。 

 

 

 

 

朝、日の出の時のモニュメント・バレーも素晴らしいと評判でした。早朝4時半に起床、日の出前にモニュメント・バレーに到着です。日の出の時刻がグランド・キャニオンとほぼ同じと勝手に決め込んで出かけましたが、日にちと高度の違いで、想定よりも15分近く早く陽が昇りはじめました。モニュメント・バレーの東側の山並みの先の空が綺麗に赤く染まりはじめました。雲はありませんが山の稜線近くの空は真っ赤です。山の稜線のモノクロのグラデュエーションと空のカラーが不思議な雰囲気の光景を作りだしています。

20080926-1.jpg

 

本来は入口近くのビュートの裏側が見える位置に回り込んでから日の出を迎えたかったのですが、日の出が予想外に早くて裏に回る余裕が無く、東西の手袋の中間地点で日の出を迎えます。

20080926-2.jpg

 

夕景と同じようにビュートやメサが赤く染まりはじめます。

20080926-3.jpg

 

スリー・シスターズの三姉妹も頬を真っ赤に染めて、朝を迎えます。

20080926-4.jpg

 

地平線から陽が昇り終わりましたが、ビュートの上に陽が出るところを撮るべく場所を移動して、East Mitten Butteから太陽が顔を出してダイヤモンド・ビュートになる瞬間を中望遠レンズで撮ることができました。

20080926-5.jpg

 

広角レンズでも、West Mitten Butte、East Mitten Butte、Merrick Butteの影をいれて、ダイヤモンドを撮影。空の色も含めたコントラスト、グラデュエーションを見た印象に近い状態に現像するのに苦労しましたが、納得のいく画像がえられました。

20080926-6.jpg

日の出時に太陽の回りに光の輪ができている写真がNPHPブログ版に掲載されています。 

 

昨日の夕の景色と今日の朝の景色、時間的には大変でしたが、苦労した甲斐のある画像が得られて、大満足です。

 

 

 

 

モニュメント・バレーの夕景も魅力的です。もともと赤茶色いビュートやメサに夕陽が当たると、赤く浮かび上がったような光景になります。多くの人がチャレンジしていますが、天候や時刻恵まれないといい写真が撮れないようです。グランド・キャニオンの夕景もよかったですが、モニュメント・バレーの夕景はまた格別です。今回のグランド・サークル巡りの一つ大きなハイライトでした。現地時刻で午後8時頃でしたので、その後の行動も考えると、ちょっときつい時刻でしたが、無理した甲斐がありました。納得のいく画像が撮れました。素晴らしい夕景をご覧下さい。

西の地平線に夕日が沈みます。

20080925-1.jpg

 

ほぼ水平の夕陽が、グランド・サークル巡り (13) モニュメント・バレー その3で紹介した、ウエスト・ミトン・ビュート、イースト・ミトン・ビュート、メリック・ビュートにあたり、綺麗に浮かび上がったような光景が展開されます。

20080925-2.jpg

 

さらに日が沈み、暗くなるとビュートの上部だけが濃い赤茶色になります。これらの画像はかなり絞り込んで撮影して、光と色のコントラストの強い画像にしています。

 

20080925-3.jpg 

なんとも言えない、敬虔な気持ちになって眺めていました。