2010年12月アーカイブ

11月にパリに赴任した息子夫婦で~す。

渡仏直後はホテル住まい、その後引っ越ししたものの電子レンジが故障

持ち主の了解が得られないと購入出来ないとか

ヨーロッパの大雪の影響で郊外の会社から4時間かかって帰宅等

お嫁さんは連れて行ったネコと息子との会話のみ「引きこもり」と言ってきていましたが

最近はいろいろな催しに参加し日本人の友人もできたようでホッとしています。

クリスマス休暇はスノボーを楽しむようです。

船便一便にはまずスノボーを入れたと言っていました。

雪もたっぷりで今頃はパウダースノーを満喫していることでしょう。

画像は2人が参加したチーズ講習会で出てきたかずかすのチーズです。

「ブルーチーズもあったし、山羊や羊のチーズもありました。結構クセが強いのも多かったです。」 チーズJPG.JPG

お菓子の様なチーズもありますね。帰国する頃には癖のあるチーズが手放せなくなっているかもしれません。

ちなみに講師は日本人の方だったそうです。

フランス語で話しかけるとフランス語が分かると思われてべらべら話されるから

大変なんだそうです。でもどうにか2人で頑張っているようです。

 


 

 NORAD Traks Santa http://www.noradsanta.org/ja/index.html

サンタ追跡までのカウントダウンが始まっています。 image_about_santa2009.jpg

image_about_santa.jpg

夕方宿へ戻ると玄関ロビーでおうすが用意されていました。

中庭には足湯があり食事前に疲れをとりました。

夕食は畳の広間へ

白木の贅沢な手桶に四季の彩りが映える、京懐石。
品数も多くハモ入り土瓶蒸し 陶板焼・・・目も楽しく美味しいお料理の

かずかすが出ました。

最後には松茸ご飯そしてグラスに入ったおしゃれなデザートも

 

8-ryouri.jpgHULA

ラジカセをお借りし広間ではHULAも楽しみした。

夜中に低気圧が通り過ぎたようで強風が吹いたようです。

太い枝垂れ桜、モミジ、燈籠、釣瓶落としもある立派なお庭です。 8-niwa.jpg

8-niwa-2.jpg

 

翌朝は雨にあらわれたモミジが一層綺麗でした。

天気予報は午前中は晴昼から15時頃雨。綺麗な青空に送られて聖護院御殿を後にしました。 

8-syougoinn.jpg

 

聖護院御殿

*********

本山修験宗の総本山で、皇族の方が代々の御門主となられた格式高い寺院です。

天明8年と安政元年の二度の御所炎上の際に、仮皇居に用いられたことから、

昭和11年に「聖護院仮皇居」として国の史跡に指定されております。

重要文化財に指定されている「書院」は前日までの予約で拝観することが出来ます。

今回は予約が間に合わず拝観することが出来ませんでした。

*********

宿と京都駅間の荷物はキャリーサービスに頼み手軽なバックのみでの観光でした。

京都紅葉 真如堂

| コメント(0)

金戒光明寺を回り真如堂

真如堂は真正極楽寺(しんしょうごくらくじ)と言い、天台宗の寺院です

不便な場所とかで紅葉の穴場だったようですが、最近は大勢の人出があるようです。

日没近いこともあり人はまばらでした。

赤のモミジが印象的でした。陽がさしていたらさぞかし見事なのではないかと残念です。 7-真如堂山門.jpg

7-真如堂三重の塔.jpg

7-真如堂三重の塔-2.jpg

7-真如堂階段.jpg

7-真如堂本殿前.jpg

宿より5分ほどの金戒光明寺

浄土宗大本山 ご本尊は阿弥陀如来。 新撰組発祥の地でもあるそうです。

6-金戒光明寺山門.jpg

正面の紅葉は終わり門裏側より山門を眺めます。

この階段よりの夕日も美しく眺められるようです。

ちょうど陽が傾きかけていたのですが、真如堂へも回るためPassです。

JR東海の今年のポスターにもなっています。帰路の新幹線に貼られていました。

autumn金戒光明寺_001.jpg

ポスターをよくみると同じ方向から見上げるようにとっているんですね

足下のモミジは合成かもしれませんネ。

6-仏.jpg

 

市内一日乗り放題500円のばすカードを利用し熊野神社前へ移動

今日の宿聖護院御殿荘へ向かいます。

5-聖護院御殿荘.jpg

5-聖護院御殿荘-内門.jpg

本館は某高校の修学旅行生で貸し切り。無理を言って離れをとっていただきました。

5-gennkann.jpg

 

中庭に面した2間続きの広い和室が2部屋用意されていました。

5-heya.jpg

「7人なのでこのお部屋一つで十分なんですがここに7つお布団用意して下さい。」

「いえいえどうぞ向かいの部屋もご利用下さい。」とても豪華な部屋です。

荷物を一旦置き JR東海のポスターに登場の金戒光明寺、真如堂へ向かいます。

 

京都紅葉 東福寺

| コメント(0)

禅寺として日本最大最古の東福寺

2千本のカエデが赤や黄色に色づく紅葉の名所でもあります。

11月のある日には約3万2千人の 見物客で賑わったそうで山門へ続くこの道も人に押されての

移動だったそうです。

4-東福寺手前.jpg

4-東福寺2.jpg

4-東福寺3たて.jpg

早朝にはカメラマンが白壁をバックにシャッターを押しているそうです。

4-東福寺5.jpg

少し前まで幹を飾っていたモミジの絨毯も綺麗

幹が目立つ木もありますが風にはらはらと落ちてくるちりもみじも見事です。 

4-東福寺6チリモミジ.jpg

清水寺から七味家を右手に折れた産寧坂途中の明保野亭で昼食

満月阿闍梨餅(あじゃりもち)がお土産におすすめときき、試食用にとバラで購入。

2-明保野亭.jpg

2-料理.jpg

「明保野亭」は、龍馬の定宿でここより京都の町を眺めていたそうです。

龍馬が土佐藩家老息女・お田鶴さんと密会した場所ともいわれています。

店の入口には大きな枝垂れ桜があり春には見事なようです。

先ほど購入のあじゃりもちは

持ち歩くのも大変と昼食後のデザートとなりました。

甘さ控えめの粒あんがはいったモチモチした網代笠をイメージした美味しいお菓子でした。

さらに二年坂へと下ります。

 

2-二年坂.jpg

 


八坂庚申堂は正式名称を「大黒山金剛寺庚申堂」

途中で舞子さんの撮影会に出会いました。(本物の舞妓さんではなく観光客だそうです)

3-舞子.jpg

お堂に下げられた飾りは「くくり猿」

お猿さんが手足をくくられて動けない姿を表したもの。欲のままに行動するお猿さんの姿を人間の欲望にたとえ、人間の中にある欲望が動かないように、庚申さんによってくくりつけられているのだそうです。

民芸物やさんや甘味処などが並んでいます。

あちらへよりこちらへ寄っての散策がつづきます。

3-店.jpg

黒塀の道を行くと坂の終点八坂の塔

3-八坂の塔.jpg



 

京都 紅葉 清水寺

| コメント(0)

 怪しげな天気予報を気にしながら

「うるわしの古都晩秋の京都の旅」へHULAの仲間7人で出発です。

京都駅より市内バスで先ず清水寺へ向かいます。

青空も見え気温も高めでポカポカ陽気です。

 

清水寺.jpg

清水寺-2.jpg

舞台を眺めます。

11月中は相当な混雑のようですが12月の平日なので人出は一段落したところでしょうか。

清水寺舞台.jpg

もみじの木が大きく数も多く驚きました。盛りは過ぎていましたが十分美しいです。

緑から黄緑オレンジ赤とグラデーションがみられたり葉の大きさが様々です。

京都南座で開かれている「吉例顔見世興行」で、12月3日にはまねき看板に

市川海老蔵さんの名があり(上段左から3番目)、道行く人がみな見上げていました。

  南座まねき.jpg

4日深夜、夜の部終演後、劇場側から、海老蔵さんのまねき看板を引き抜いたそうです。

「まねき上げ」で掲げられた看板が取り外されるのは異例な事だそうです。

損害も膨大な額のようです。

楽しみにされていたファンの方も大勢いらしたでしょうに。

 


 

このアーカイブについて

このページには、2010年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年11月です。

次のアーカイブは2011年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja