2011年4月アーカイブ

プラハ・パリ-5

| コメント(0)

旧市街への両脇にはお土産物やさんが並びます。

414show-w.jpg

自動車は不釣り合いな街角。馬車が似合いそう。

414matikado.jpg

ヤンフス像

チェコにおける宗教改革の先駆者。カレル大学の総長。

414YANhusu.jpg

旧市庁舎塔の上から旧市街広場を見下ろすとプラハの町並みが眺められる。

10時前のイースターマルクトはまだ準備中で人出もまばら。

エンジの屋根瓦にホワイト系の壁面の美しさに目を奪われます。

414YANhusu-u.jpg

 

プラハ・パリ-4

| コメント(0)

体内サイクルが乱れているのかプラハ時間4:30AM頃にお腹が空いて目がさめる。

飛行機の中のバケットサンドをもらっておくんだった・・・と思いながら

6:00頃までベッドでがまん。8:30に朝食の約束をしたがちょっと無理。早めにレストランへ。

朝食は豊富でスープ、ハム、卵、チーズ、果物。ヨーグルト、牛乳はこくがあり美味しい。

5-tyousyoku.jpg

アメリカドライブ中は具だくさんのこってりスープが多く、

疲れた胃に優しい醤油っぽいさっぱりスープが飲みたいといつも思う。

スープは毎日かわり嬉しいことに2日目にはコンソメスープがでた。

日本では固めに焼かれたパンをあまり食べないが、

今回の旅行中は外側は固めに見えるパンも中は柔らかく美味しかった。

日本のパンもそうなのかしら。デザートまで用意されていて朝からつい食べ過ぎてしまう。

9:30ロビー集合にしたが早めにホテル前に出てみる。

*********

チェコの首都プラハは、「百塔のプラハ」「都市の母」「魔法の都」など、

様々な異名を持つ街。

1000年以上の歴史をもち、各時代の貴重な建造物が多く残っているため、

866ヘクタールに及ぶ区域が世界遺産に登録されています。

バロック、ゴシック、ルネサンスなど、様々な建築様式が混在するにもかかわらず、

全体として見事な統一感のある不思議な街。

*********

ホテルエントランスお隣も前も格調高い建物が並んでいます。

コンビニ風スーパーも格調高い建物の1Fでした。

0414hoteru.jpg

ホテル前左手には火薬塔が目の前にそびえている。

0414kayakutou.jpg

くすんだ黒が重々しい雰囲気を醸し出しているゴシック様式の火薬塔。

17世紀に火薬倉庫として利用されていたことから、こう呼ばれるようになったと

言われています。

旧市街を守っていた城壁の門の1つでもあったそうです。

0414kayakutou-2.jpg

火薬塔の隣は市民会館

内部には音楽祭「プラハの春」の会場となるスメタナ・ホールが有る。

0414siminkaikan.jpg

豪華な装飾が施された建物。かつては歴代の王の宮廷でしたが、大火事で焼け、

そこに市民会館が建てられたそうです。

チェコの芸術家たちによるアールヌーヴォーの華麗な装飾。

豪華な建物群にただただ圧倒されながら火薬塔をくぐり抜け旧市街広場へ

 

 

プラハ・パリ-3

| コメント(0)

原発の影響で成田では乗客の乗り降りのみ、整備等は関空、仁川(韓国)へ外国の航空機が

変更をしていました。

最初の予定便も2時間早くなり仁川経由パリ到着は3時間遅れ、これだとその日の内に

プラハには入れません。

kaichoがDELTAに交渉しJALとエアーフランスのコードシェア便を見つけてもらいました。

パリまでは一人旅ですのでJALとの提携便だとかなり心強いです。

停電、余震も無く予定通り成田着。

サクララウンジがお寿司、サンドウィッチと充実していると聞き期待して入りましたが

スナックのみ、

2カ所のラウンジをはしごしお目当ての物があり朝食としました。

パリ(3月から夏時間)との時差は7時間

narita-1.jpg

いよいよ搭乗。機内はすいていて2列の座席を1人ずつ利用しています。

何故か私の列は2名。

kinai.jpg

「アテンダントの方がお座席番号は?」「え~確か15A・・・あっ13Aでした~~」

緊張し番号を思い違えた? なかなか順調にはいかない。にわかに先が不安に。

プラハ着は現地の夜ですのであまり眠らなくともと考え

「ツーリスト」、「ミートザペアレンツ」、

相変わらずわけの分からない小林聡美「マザーウォーター」を時々居眠りしながら観る。

MRTのN氏が年間100本以上の映画を観るという話の訳はこれかと納得。

機内で入国書類を書いていないことに気がつき ちょっとアタフタ。

ガイドブックを観るとヨーロッパは入国書類が不要とのこと。11時間の飛行後パリ到着。

フムフムUSA入国とはかなり違うね。入国審査もしかり・・・スタンプは押してくれたけれど

(プラハでは往きも帰りもなし)

プラハ乗り継ぎ便へはどういったら良いのかイケメン航空職員に尋ねると

「でたらひだり、5ふん。そのさき5ふん・・・」日本語で教えて下さいました。

「ありがとうございます。日本語お上手ですね」

嬉しそうに「べんきょうちゅうです」って  な~んだ日本語が通じるジャン

 

menzeiten.jpg

息子、kaichoからの携帯電話が通じる。

息子への電話は日本発信と同じなので +31 ・・・・から発信。

何故か通話後にかなり遅れてSMSで着信メールが入る。

無事息子夫婦とも落ち合え先ずは夕食。その後チェコ航空は1時間ぐらい遅れて満席で出発。

復活祭前後の春休みとかで夜9時近いのに小さな子ども連れが大勢。

乗ったとたんにバケットサンドと飲み物のサービス。

もう2人がいるから大丈夫!!  眠いんだから早くプラハに着いてよ~~~。

プラハ市内は各所がライトアップされ綺麗。

ホテル近くもオレンジに照明されていたそうですが記憶になし、

石畳を体感、タクシーの振動ががたがたと身体に響く。 ホテル到着。

kaichoが買って置いてくれたチェコ名物を食べ。おやすみ~~

kolonada.jpg

プラハ~パリ-2

| コメント(0)
手のひらサイズの大きさで筋が縦に入っている皺が寄った面白いトマトが
この日カルフール(Carrefour)にピッカピカな姿で売られていました。
 
 
南仏泰子さんのブログに紹介がありました
何とフランス語でCoeur de Boeuf(牛の心臓)という名前だそうです。
 
 
20110422PARI -tomato.jpg
*********
皮は薄くて、とってもジューシーで甘い。
料金は割高で、普通のトマトの2~3倍します。ちなみに2個で4.5ユーロでした。
美味しい上質なオリーブオイルに、これまた上質な塩、ビネガーでシンプルに
頂くのが、このトマトのお薦めの食べ方。
*********
お嫁さんのT子さんもまだ買ったことがないといっていました。
値段はチェックしなかったのですが、
野菜を購入する方法は
好きなだけとって自分ではかりにのせ、トマトマークにタッチすると
値段シールが出てくる仕組みになっています。
重さに比例した値段。カルフールではこのトマトはお買い得だったかもしれない。
T子さん 買ってみればよかったネ  ザンネン!
 
バケットを購入するとバケット中央部分に10センチぐらいの紙を巻いて売ってくれます。
渡仏前に焼きたてのバケットを買って食べるのが夢と言っていたT子さん
むき出しのバケットを嬉しそうに持っていました。
ホテルそばでクロワッサン2個をかったら両端をねじってくれました。
食べるときに開いたら袋では無く長方形の紙を二つ折りにしてねじった物でした。
過剰包装はしないんだ。
 

プラハ~パリ-1

| コメント(0)

4/13~4/23kaicho出張にあわせ プラハ、パリへ出かけていました。

まだ冷え込むプラハ。気温が上がり一挙に春が訪れ花盛りのパリを楽しんできました。

昨日は復活祭 街角の復活祭の飾りからご覧下さい。

プラハの街角のウィンドウを飾る卵

pura-hukatu-1.jpg

pura-hukatu-2.jpg

プラハのマルシェ 

復活祭になると、街中がうさぎとたまごの飾りであふれかえります。

何故復活祭にうさぎとたまごなのか...

うさぎは子沢山の象徴。たまごは復活の象徴なんだそうです。

チェコではもう1つ、

いろんな色のついたリボンを結んだ柳の枝、ポームスラカ売られています。
イースターマンデーの午前中に男の子がこれで女の子のお尻ををたたくんだそうです。

そうすると、「1年健康でいられる」そうです。
1本30クローネ(150円)くらいで売ってます。

pura-hukatu-3.jpg

パリのショーウインドーにも卵がいっぱい

pari-hukatusai-1.jpg

チョコレートの卵が箱づみされています

pari-hukatusai-2.jpg

 

パリの左岸に位置する老舗デパートのボン・マルシェでは

ニワトリが卵を抱いたバケツも売られています。

pari-hukatusai-3.jpg

うさぎの入った可愛いパッケージを購入しました。

PARI-usagi 065.jpg

ちなみにうさぎの中は空洞のチョコレートでした~

イースターのウサギや魚の顔がなぜか可愛くなくて笑ってしまいました。

 南仏泰子さんの南仏便りに楽しい復活祭には宝探し が掲載されています。

フランスでは復活祭を挟んで地域ごとに3回に分けての春休みがあるそうで、

ロアールやモンサンミッシェルはすごい混雑でした。

春爛漫-4

| コメント(2)

桜も満開になりました。 20110411seimon 027.jpg

山道にニリンソウの群生があることを教えていただきました。

山側ばかりでなく道沿いにも沢山咲いていました。

20110411nirinsou-6 010.jpg

エゾエンゴサクもチラホラ咲いています

 

20110411ezoengosaku 013.jpg

タチツボスミレ

20110411sumire 016.jpg

もう少しするとゼンマイも沢山出るそうです。

お花見

| コメント(0)

毎年家の前の公園でのテニスクラブのお花見。

今年は暖かく丁度満開でした。(KTC会長画像提供)

2011 KTCお花見2.JPG地震の際桜木町から5時間徒歩で帰宅した人、

NZの地震の際クライイストチャーチに滞在し帰国後東日本地震を経験

「とんでもないお土産を持って帰ってきた」と冷たい言葉をかけられている方

これからの防災対策はどのようにしたら良いかなど

大震災や原子力事故の話が多かったですが、

これからも地域のみんなで助け合って行くことが大切と言うことを確認しました。

 

春爛漫-3

| コメント(0)

昨日の冷たい雨で家の前の公園の桜がチラチラ散り始めています。

朝夕はジョギングやウオーキングの人で賑わういたち川ベリ

コブシが満開です。kobusi-r.jpg

kobusi-u.jpg

レンギョウ

rengyou-u.jpg

春爛漫-2

| コメント(0)

かまたみのる公式ブログ「八ヶ岳山麓日記」

原発事故139 宮城県女川町の様子も掲載されています。

*********

枝野さんは「ただちに健康被害はおきない」と言う。
「ただちに」というのは、どういうことか。
急性障害はおこらないということを言いたいのだろう。

*********

悲惨な状況、原発の不安な状況に私たちも落ち込みがち、

でも春はいつものように訪れています。

山門を飾る桜も5部咲

sanmon-2.jpg

川沿いの道にはレンギョウ

rengyou.jpg

芽吹いた柳が風に揺れユキヤナギも満開

yanagi.jpg

yukiyanagi.jpg

「花見を自粛しないで下さい。
      東北の美味しいお酒を1杯追加して 東北の産物を1品増やして
                             震災にあった地域を後方支援して下さい。」

 

春爛漫

| コメント(0)

今日は小学校の入学式。

両親に連れられぴっかぴかのランドセルをしょっての登校。

背中の真ん中の大きなランドセルが踊っているようです。

被災地にとどけて上げたいツクシ。

tukusi.jpg

 

sakura.jpg

hikansakura.jpg

源平もも 

momo.jpg

公園の奥に鮮やかなピンクの花が見えます。どうやらアーモンドのようです。

a-monndo.jpg

「アーモンドチョコレートの中のアーモンドをまくとアーモンドチョコレートが

なるんだよ」とお父さんにおしえてられ ずっと信じていた人がいるんですって。

信じる気持ち分からなくもないな~

こぶし

| コメント(0)

風が冷たかったけれど川沿いには春の花が咲き始め華やかです。

ハクモクレン    コブシ

20110404hakumokuren.jpg

青空とみどりをバックにコブシが踊るようにはなひらいています。

花ビラが開ききるのはコブシ。

モクレンは筒状を保ったまま開花するそうです。

1本向こうの道をガソリンを買うために並んだ時にはきっと開花の準備中だったのかな。

陽射しを受けて咲くユキヤナギとレンギョウ

20110404yukiyanagi.jpg

停電を気にしながらあわてて買い物をしたり

地震後こちらの気持ちもガサガサしていたような気がする。

春の花が山を彩りよく飾っている様子にこころが安らぎます。

 

 

MOKIHANA HULA FESTIVAL

| コメント(0)

第78回難病キャンペーンハワイアンショーが大井町きゅりあんで開催されました。

地震や原発の事があり日本渡航を中止する方が多い中

レイナニリヴェラボンドさんのバンドがいらして下さり

一部生バンドも入ってのショーでした。

20110402mokihanaHULA.jpg

レイナニさんがサプライズでしなやかなHULAを踊って下さいました。

1部途中でかなり大きな地震があり会場が騒然となりました。

1部終了後は地震による電車運休を気にされてか途中で帰宅される方が多かったです。

素晴らしい歌声に聞き惚れ華やかな舞台でのHULAに明るい気持ちになりました。

フランス土産

| コメント(2)

友人の結婚式に参列するため一時帰国していた長男のお嫁さん。

実家のある大阪にしばらく滞在。

フランスでは手に入らないスリッパなど必要物資を沢山買い込んでスーツケースと

もう一つ満杯の大きなバッグをかかえてこちらに来ました。

フランスからのバラエティーにとんだお土産を届けてくれました。

塩が美味しいと大西洋の塩。紅茶、クッキー、鴨と兎のパテ・・・

20110401pari-p 001.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私がフランスのお土産情報でチェックしていた品をみてみるとほとんどがチェックリストに

入っていました。

同じサイトをみているのか、若いお嬢さん達にはフランス土産の定番なのか

友人にも大勢会ったようで皆さんにもそれぞれお土産を用意してきたのかしらと

   これじゃ行きも帰りも買い出しツアー。

みんなに喜んでもらおうと様々なフランス名物を買い集めたようで

きっと友人の方々は感激されたのではないかしら

ありがとう楽しみに味わいます。価値のあまり分からない親で申し訳ない。20110401pari-p 002.jpg

我が家でも日本食など用意したけれどもう持てないと言うことで今回はお土産はなし。

一人留守番の息子はネコが毎朝起こしてくれるのだけれど

3月末よりサマータイムになり1時間早くなったのにネコは対応していなくて

会社に遅刻しそうになったとか マンガの様な話をしていました。

情報収集に余念のないコーディネーターT子さん2週間後の息子宅訪問が楽しみです。

2月から毎月日本からの訪問客があるようで、なかなか忙しそう。

「そろそろパリ案内も有料にしようかと思っている」と言っていました。

友人もできパリ生活をエンジョイしている様子を聞き安心しました。

フランスでは電力の8割方を原発に頼っているそうで、今回の福島原発にも

皆興味を持ってニュースをみているそうです。  

このアーカイブについて

このページには、2011年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年3月です。

次のアーカイブは2011年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja