2011年5月アーカイブ

プラハ新市街

| コメント(2)

プラハ・パリ-20

 プラハ・パリ旅行記>プラハにマーケットを追加しました。

ヴァツーラフ広場

14世紀カレル4世の頃の馬市場。

地下鉄ムステーク駅から国立博物館まで長さ750m幅60mの広場

19vatu-rahu.jpg

博物館前で広場を見守るのは聖ヴァツーラフの騎馬像

通りの両脇には高級レストラン、デパート、銀行などが軒をつらねています。

19-shop.jpg

マトリョーシカを並べたお店

19-matoryo-sika.jpg

魔法の街 、宝石の街 プラハに別れを告げパリへ移動します。

何故か2時間遅れでの離陸でした。

私たちがプラハの空港に着いたときは搭乗機はまだシャルルドゴール空港にいたことになります。

往復とも1時間以上の遅れ・・・何とものんびりしたチェコ航空

美味しい黒ビールでチェコとお別れ

 

 

19beer.jpg 

  プラハ・パリ旅行記>プラハのグルメのページもお楽しみ下さい。

プラハTV塔

| コメント(0)

プラハ・パリ-19

ジジコフ地区にあるTV塔へ向かいます。

途中教会のそばの公園は土曜市場で賑わっていました。

18-kyoukai.jpg

ビール、ソーセージ、を片手に食料品を購入しながら休日を楽しんでいます。

「昨日美味しかったマッシュルームってこれ?」

「生のマッシュルームにクリームチーズを詰めて食べると美味しいんですよ」

とT子さん。自宅での食事のメニューにのせてくれました。

118-march.jpg

TV塔が見えてきました。

18-tv1.jpg

高さ216m、海抜474mを誇るプラハで最も高い場所のひとつ。。

共産党政権時代末期から取り掛かり、革命を経て1992年に完成。

赤い屋根の連なる街の風景を壊していると何度も取り壊し計画が浮上したそうです。

2000年には若手人気彫刻家ダヴィッド・チェルニーが手がけた巨大赤ちゃん像が塔の外側を飾り、独特の存在感を放つ塔となる・・・・・?

近代的ですがちょっと異様な雰囲気。

18-tv2.jpg

赤ちゃんの先には輝かしい未来とプラハ市内を一望出来る展望台。

「スカイツリーにこんな飾りはつけないね~~」

18-tvsinai.jpg

プラハ街巡り

| コメント(0)

プラハ・パリ-18

プラハ最終日 ユダヤ人街、TV塔 新市街を回ります。

ヴルダヴ河の欄干に水の女神でしょうか彫刻がみられます。

少し先に遊覧観光船の船着き場があります。

17rankan.jpg

 

17sigona-ku.jpg

ブランドショップが並ぶ通りを越えるとユダヤ人達が隔離されて暮らしていたユダヤ人街。

14世紀から第二次世界大戦荷掛ユダヤ人迫害の歴史が続いた。

旧新シゴナーク(ユダヤ教徒の祈りの家教会)

1270年に建てられたヨーロッパ最古のシゴナークと言われている

初期のゴシック建築。内部五角柱の柱からアーチ状に伸びる5本の梁が特徴。

17sigona-kuyudaya.jpg

華やかな高級ブランドショップの先にある街は建物も小規模で違和感がある。

ユダヤ人墓地もあるが墓標が乱雑に建てられているだけ何だかくらい雰囲気を感じた。 

旧ユダヤ人墓地の西にある美術工芸博物館

フランスネオルネッサンス様式の建物。16~19世紀にかけてのガラスコレクション。

ボヘミアの硝子製品、ヴェネチアングラスなど世界の最高水準をほこる工芸品が

展示されている。(外観のみの見学)

17bijyutukougei.jpg

カレル大学

| コメント(0)

プラハ・パリ-17

カロリヌム(カレル大学本部)

南側の出窓は重厚なゴシック様式が残されている。16.jpg

 

 スタヴォフスケー劇場(エステート劇場)

1783年開場世界中のオペラハウスの中でも、現存するものとしては最古の劇場です。

1787年10月モーツァルト自信の指揮で「ドンジョバンニ」が初演された。

映画「アマデウス」のオペラの上演シーンはここで撮影された。 

16-3.jpg

*********

入り口は、これがオペラ劇場なの? と思わせるほど小さいですが、

とても美しい劇場です。

客席は左右の幅の狭い馬蹄形で、うすい緑と青の品のいい壁に

金箔の装飾が施され、天井には、カメオ風の大理石が8つほど埋め込んであり、

古き良き時代の劇場にタイムスリップしたようなような錯覚を感じさせる雰囲気です。

*********

16-2.jpg

プラハ・パリ-16

 プラハ・パリ旅行記HPはここをクリック

プラハから南へ200キロ強の世界で最も美しい街の一つ

世界遺産にも指定されているチェスキークルムロフへ。

自由に行動したいとガイドなしの自動車を予約。

2時間で着くと言う強気のドライバーの運転で田園地帯を走り抜けオレンジの瓦の街に到着。

車は旧市街入口まで後は徒歩でお城を目指します。カラフルな建物の間の石畳をすすみます。

15-isidatamikyuigasi.jpg 

崖の上に壁面に絵画の装飾を施した塔が見えてきます。

15-tyesu-igaiyori.jpg

壁面は見事なスグラフィット装飾になっています。 

15-tyesu-tou.jpg

 城の塔より蛇行したヴォルダヴ川に囲まれた旧市街をみることができます。

ヴルタヴァ川は延々プラハ市内までつながっているのですね。

15-kyusigai.jpg

 

マリオネット

| コメント(2)

プラハ・パリ-15  

   プラハ・パリ旅行記HPはここをクリック

   日本の春の花は旧NPHPブログに掲載中

街のお土産物屋さんには沢山のマリオネットが飾られています。

18~19世紀パプスブルグ家の支配を受けていた頃都市部ではドイツ語の使用が強制されていたそうですが、

人形劇や田舎中心のドサ周り芝居ではチェコ語の使用が認められていて

旅芸人達はプラハのファッション・政治の話題を地方で披露し

結果としてチェコ語やチェコ人としてのアイデンティティーを守ることに結びついたそうです。

前日kaichoに人形劇のチケットを購入してもらい早めの夕食をとり国立マリオネット劇場へ 

14-マリオネット劇場.jpg

演目は「ドン・ジョヴァンニ」

14-marionetto.jpg

マリオネットをみていると操作している人間の手がガリバーの手のように見えます。

目がマリオネットを標準の大きさと認識し人間の手が巨大に見えてくるこれも錯視の一つでしょうか。面白い体験でした。

劇場は昔ながらの木造の椅子が並ぶ小規模ホールです。

14-いす.jpg

他にもマリオネット劇場コンサート小ホールなど沢山な有るようで街を歩いていると

クラシックコンサートの紹介ビラが配られています。

14consert-h.jpg

プラハ・パリ-14

16世紀半ばにボヘミア全土に広がった装飾技法。

木炭などで黒に色付けした漆喰を塗り、その上に石灰などで作られた塗料を塗る。

乾燥後白い塗料をひっかいて削り取ると模様が浮き出てくる。(重ね塗りの絵)

6-tousitadouro.jpg

旧市庁舎端の建物で最後に増築された一分の家の壁は彫刻のように見えますが

壁には黒地に白で、人間や馬が浮き出ています。彫刻だと思ってみていました。

壁が立体的に見える建物はみましたが、このようなスグラフィット装飾はここだけでした

他所サイトで

「他国への体面上、見栄を良くしたい→本当の石積みや彫刻建築は予算難で無理→でもなんとか良く見せたい...と考え出された手法だとかで、騙し絵としての歴史は古い。」

と書かれていましたが、建築物全体を立体的に見えるよう装飾するのはかなりの労力と

技術がいると思います。やはりこれも一つの芸術。

熟練の職人ー?が育成されていたのではないかと思います。 

 

プラハ城-2

| コメント(4)

プラハ・パリ-13

シュヴァルツェンベルク宮殿 

スグラフィット装飾(だまし絵)16世紀中期ボヘミアの宮殿などに多様された

ルネッサンス期の装飾技法。15~16世紀初め

遠くから見ると凹凸がある壁に見えるが実は壁面に書かれた絵

13-syubarutyann.jpg

翌日訪れたチェスキークルムロフでも大規模なだまし絵がみられた。

ロレッタ教会 バロック様式17世紀初めから18世紀中期

入口の上の塔には27個の鐘があり毎正時に「マリアの歌」(昔の巡礼歌)を奏でる。

毎正時と有りますが少し早いようです。鐘が鳴るのが見えるわけではありませんが

やはり正面で聞きたいですよね、早めの位置取りをお勧めします。(笑) 

13-roretta.jpg13-roretta-1.jpg

 

 

2階展示室に6222個のダイヤがはめ込まれた聖体顕示台が展示されています。

輝いていましたが全てがダイヤだったからかあまりインパクトは無かったです?!

プラハ城

| コメント(0)

プラハ・パリ-12

12-purahajyou.jpg

 

  12-buronze.jpg    12-buronze-2.jpg

プラハ城内

| コメント(0)

プラハ・パリ-11

プラハ城はかつてボヘミア王国、神聖ローマ帝国の居城であり現在は大統領府が

置かれている。世界最古で最も大きな城 長さは約570m、平均の幅は約130m

11-vi-to.jpg

聖イジー教会

太さが微妙に違う2本の白い塔が目印のロマネスク様式

11-seiiji.jpg

 

11-3.jpg

 

11-4.jpg

建築の街プラハ。 プラハ城内には過去千年の様々な建築様式をみることができます。

場内東側に間口の小さな家が軒を連ねる童話の世界のような

黄金の小路が有るのですが、丁度工事中で入ることができませんでした。

 

聖ヴィート大聖堂

| コメント(0)

プラハ・パリ-10

ドイツの建築家ベトル・パルレーシュによる網目状のヴォールト天井

英国ウェストミンスター寺院はずっと大規模でしたね。観光客で溢れていても

おごそかな雰囲気は伝わって来ます。

天井までの柱をのばすことによって広い窓が出来る様になり

ステンドグラスが入れられるようになったそうです。

10-seidou.jpg

ステンドグラス (記憶が不確かですが多分入口の上)

10-tenjyou.jpg

左手1

10-sutendo1.jpg

 

左手2

ステンドグラスは中世、文字が読めない人々のために、

聖書の中の物語を伝える役割を果たしていたそうです。10-sutendo2.jpg

左手3 ムハ(ミュシャ)作「聖キリルと聖メトディウス」

ミュシャの作品の手前にロープが張られていて中に入ることができず

真正面から撮影できませんでした。下の部分の緑が印象的でした。

10-sutendo3.jpg

 壁面にも装飾画があります。

10-sutendo4.jpg

地下にはカレル4世はじめ代々の王の墓がおさめられている。

聖ヴィート大聖堂裏側  

奥行:124m 幅:60m 塔の高さ:96.6m

10-back.jpg

930年から14世紀カレル14世の頃今の様なゴシック建築に改築工事が行われ

最終的な完成は20世紀に入ってからだそうです。

帰国後訪れた清春芸術村のルオーの礼拝堂にも小さなバラの花束のステンドグラスが

有りました。 旧NPHPブログ版に八ヶ岳の麓の春の様子をアップしています。

プラハ・パリ-9

ヴルダヴァ川西岸小高い丘フラッチャニを目指します。

路面電車が歩道ぎりぎりに通過しビルの間のトンネル?を抜けていきます。

9-romen.jpg

地下室からの手に足を掬われないように石畳の道をっひたすらのぼります。

9-tika.jpg

ふり返ると旧市街が見えます。9-saka.jpg

プラハ城入口に到着。観光客で大賑わい。儀礼服を着た衛兵もみえます。

9-iriguti.jpg

遠足?修学旅行?学生の集団が目につきます。

丁度お昼時で20人近い高校生ぐらいの学生がプラハ城の裏手の縁に座り

一斉にバケットサンドを食べ始めました。

T子さんの「あ~まるでスズメの学校」の表現に思わず吹き出しました。

堂々とそびえる聖ヴィート大聖堂

10世紀後半煮立てられたが14世紀カレル4世の時代に現在のようなものに改築された。

 

 

9-seivi-todaiseidou.jpg

大聖堂内には大きなステンドグラスをみることが出来る。 

プラハ・パリ-8

| コメント(2)

急に人並みが増えます。ゴシック様式の旧市街側橋塔 

ヴルダヴァ川にかかるプラハ最古の美しい橋カレル橋。 (ヴルダヴァ川の通行料を徴収したり橋を守る)

8-kyoutou.jpg

 橋塔の上からプラハ城を望むことが出来ます。入口。 

8-kyoutouiriguti.jpg

似顔絵描き、音楽隊、土産物売りも大勢でています。

8-karerubasi-2.jpg 

橋の欄干には30の聖体が並んでいます。

聖書から題材をとったり、歴史的な聖人や英雄の像が並んでいる。

8-seijinnzou.jpg

雨が降り出し冷え込みも強くなり橋を渡ったお店に飛び込みました。

カレル橋遠景

8-enkei-kareru.jpg

プラハ・パリ-7

| コメント(2)

時計塔 正時毎にからくり人形が登場するはずなんですが、今は工事中?故障中?でみられません。 6-tokeitou.jpg

時計の上のテラス部分よりラッパを持った兵士が4カ所を順に周り演奏を聴かせてくれます。

6-terasumado.jpg

塔の下の道路に並んだカラフルな傘は観光ガイドの紹介です。言語毎に色が違います。

建物の壁面は様々な模様で飾られています。

6-tousitadouro.jpg

 

 

プラハ・パリ-6

| コメント(2)

旧市庁舎塔より四方を眺めると

 広場東側

14世紀末に建てられたティーン教会(ティーン(税関)の前の聖母マリア教会)

歴史の悲劇に巻き込まれ、外観完成は20世紀まで待たなければいけなかったそうです。
内装工事は現在も続いているんだとか

0414f-tou-1.jpg

ミクラーシュ教会 広場ティーン教会の対角にある

0414f-tou-r.jpg

 

右手奥にはプラハ城。 左手奥の傾斜地には白いサクラ?が開花していました。

0414f-tour-b.jpg

市庁舎の塔からも沢山の塔が見えます。百塔の町プラハ。

このアーカイブについて

このページには、2011年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年4月です。

次のアーカイブは2011年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja