2011年6月アーカイブ

 プラハ・パリ-28

最上階大聖堂の西側はテラスになっていて3方向を見渡すことができます。

11-terasu-2.jpg

 

11-terasu.jpg

東側 先ほどバスで乗り入れてきた堤防。 満潮時はバス駐車場は海水でみたされ閉鎖となります。

11-teibou.jpg

西側 ずっと先は英仏海峡

11-eihutukaikyou.jpg  

 

 

 

 

 

 

潮の引いた砂浜をガイドと歩いているツアー客が見えます。

11-sunahama.jpg  

 

プラハ・パリ-27

11世紀建築当初はロマネスク様式で作られていました。その後改装がなされていきました。

修道院 聖堂

1523年に建てられた内陣 ゴシック様式を取り入れることにより大きな窓を開けることができるようになったそうです。

10-gossiku.jpg

モン・サン・ミッシェルの北面に位置する3層のゴシック様式の建築棟の部分は、

修道院の居住スペースとして13世紀に増築された部分です。

その装飾の美しさからラ・メルヴェイユ「驚嘆」と呼ばれています。

10-kaioru-1.jpg

二重の回廊から中庭を見渡せます。

修道士たちが休憩したり瞑想したりする空間でした。

 

10-kaioru.jpg

回廊上部には見事な彫刻があります。

10-kairou.jpg

プラハ・パリ-26

グランドリューを進み 島の中央に位置する修道院へ続く階段を上っていきます。

相当な混雑で個人入場は行列しています。 9-nyujyou.jpg

階段途中から青空に突き出た建物を眺めます。

9-tou.jpg

塔の上には天使の中の大天使聖ミカエル像 

9-misyeru.jpg

岩山の上には十分な場所が確保できないため、上へ上へと建物が積み上げられていったそうです。

現在、モン・サン・ミッシェルは最上階にある修道院の聖堂を中心に三層の構造になっています。

中層階・低層階と下がるにつれ、中心部の岩盤の割合が多い構造になってるそうです。

   梅雨の鎌倉ハイキングの様子はここをクリック

プラハ・パリ-25

堤防を修道院へと進みます。 

画像は翌朝満潮時に撮影したものです。堤防の左側が海水ですが時間の経過と共に

潮が引き砂浜になり大型バスの駐車場になります。

8-monnsan.jpg

堤防からラヴァンセ門をくぐり進むと、みやげ物店、名物のオムレツをだすレストラン、

ホテルなどが軒をつらねる参道グランド・リュー(Grande Rue)が修道院まで続きます。 

8-poulard.jpg

 狭い道はこの日も観光客であふれています。

中央長い棒状の物を持っている方はガイドです。

10人前後のツアーが何組もあるので目印です。

8-komiti.jpg

プラハ・パリ-24

パリから約357km  約4時間ノルマンディー地方の海岸線から沖へ1キロほど突き出た岩山。

モンサンミシェルへ向かいます。TGV、バス利用での個人旅行も検討しましたが

かなりロスもあるようで 、現地発マイバスツアーを利用しました。

4/16が丁度大潮で前後1週間ほどは大きな潮のみち引きが見られ、

夜景も観賞したいと島内1泊ツアー。

朝7:00 マイバス社集合 集合場所に合わせホテルもオペラ近辺をとってもらいました。

前日が暖かかったので薄着で出かけたらガイドさんはダウンのコートを着ています。

マロニエの並木、ブローニュの森(野ウサギが飛び跳ねていました)を通り一路北を目ざします。

所々に街もありますが、ほとんどが田園風景です。

道路の両側は菜の花畑、黄色い藤、白い林檎の花、すおうの花が咲いています。

車高の高いバスから眺める菜の花畑。右も左も菜の花畑が続きます。

7-nanohana.jpg

3時間ほどで道を西へ「バスの座席は右側が良い」の通り

牧草地の遙か向こうモンサンミッシェルのシルエットが見え、だんだんはっきりしてきます。

7-monsan.jpg

ヨーロッパ最大の干満の差が見られ、

その昔は歩いて渡っていた巡礼者が波にのまれたそうです。

今は堤防が出来潮の満ち引きに関係なく渡ることが出来る様になりました。

堤防の右下にバスが駐車していますが満潮時にはここは海水で満たされてしまいます。

7-tyuusyajyou.jpg

駐車場から尖塔を見上げます。

モンサンミッチェルの美しい全体像は遠くから見なければ写せない!

ツアー客、個人見学者大勢が、島内から修道院へと向かいます。

7-monsansentou.jpg


 

ロワール地方

| コメント(0)

プラハ・パリ-23

パリから南西へ約250キロ。全長1020キロのフランス1長いロワール河沿いは

16世紀フランスの政治・文化の中心として栄え大小のお城を見ることができます。

ロワール河を見下ろすアンボワーズ城

5-anbowazu.jpg

アンボワーズの街の入口 お城の尖塔も見えます。

5-anbo-ento.jpg

道を挟んだ反対側には教会

5-chaper.jpg

プラハ・パリ旅行記>パリ>ロワール地方のスライドショーもご覧下さい。

アンボワーズ城から少し離れた村の古城レストランでランチを楽しみました。

 

 

プラハ・パリ-22

ロアール地方への途中に何機もの風力発電装置 電力の8割を原発に依存しているフランス

広い平地があれが自然エネルギーも採り入れやすい。

huuryoku.jpg

そしてもう一つ足下に見える黄色い帯は

5-nanohana-dan.jpg

菜の花畑 広範囲に続いています。 

2日目モンサンミッシェルへ向かう途中も一面の菜の花畑でした。 

5-nanohana.jpg

時々コメントを下さるだんだんさんの所で「菜の花プロジェクトネットワーク」の話を

知りました。

菜種は成長の過程でセシウムなどの放射性物質を吸収、

採取された油から汚染物質は検出されないという。

チェルノブイリ原発西方のウクライナ北部ナロジチ村では日本の民間団体の支援を受け、

土壌再生事業の一環として菜種が栽培されているそうです。

フランスもナロジチ村を視察され小麦の裏作として菜の花作りを始めたようです。

土壌改良+代替エネルギー そしてもしもの原発被害の転ばぬ先の杖・・・?

(東日本震災の被災地でも菜種、塩害に強いひまわり、熊本の塩トマトの栽培も始めるそうです。)

思わぬ話で震災とパリがつながりました。

 

 

 

花盛りのパリ

| コメント(0)

プラハ・パリ-21 (2011.04.17~04.22 もう1ヶ月半も経過してしまいました)

前半はロワール地方、モンサンミッシェルを訪問。

1日を美術館巡り

最終日はT子さんの案内で地下鉄、バス利用でサンジェルマンで買い物を楽しみ

ました。

寒いプラハとは打って変わってパリは暖かく一挙に花開いた感じでした。

パリ市内を飾る大きなマロニエの並木。滞在5日の間にも気温の上昇とともに蕾から満開に。

4-maronie.jpg

先ずはパリ定番美術館外観画像から

ルーブル美術館 

建物前の人混みは荷物を預ける行列。この後入場券売り場でまた並ぶようです。

今回も美術館内の観賞はパス。

4-ru-buru.jpg

何はともあれ念願のオランジュリー美術館へ 団体観賞の列。

開館間際だったので個人入場(左ロープ)は行列も無くオルセー美術館との共通券を購入し入場。

4-orannjeryu.jpg

2004年オランジェリーに行こうとヨーロッパツアーを申し込みました。

ツアー離団の問い合わせ中に休館中であることがわかり、

その時は建物を見るだけの無念の旅になりました。

  2006年オランジュリー美術館再オープン

セーヌ川対岸ののオルセー美術館

4-se-nu.jpg

オルセー美術館は前回ツアーでパリ訪問時 離団し、

ジベルニー、マルモッタン美術館鑑賞。

その後閉館間近にオルセーに飛び込みモネの作品だけ観賞しました。

今回は3階より上は改装中で印象派の作品は1階に移動展示されていました。

プラハを歩きまわったり、モンサンミッシェルでも歩いた後だったので、

疲労もピークに達しオルセーでは座る場所を探し回りました。

あいにく美術館内レストラン、カフェはどこも満員、

おまけに改装中のためエレベーターは一部動かずたどりついた階段は閉鎖。

「いつかゆっくりパリ滞在し観賞したい」と話ながら早めにホテルへ戻りました。

  プラハ・パリ旅行記もご覧下さい。

このアーカイブについて

このページには、2011年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年5月です。

次のアーカイブは2011年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja