2011年12月アーカイブ

マルセル

| コメント(0)

43年前の1968年暮れも押し詰まった12月27日。
京都の国立近代美術館で開かれていた「ロートレック展」の会場から、1枚の絵が盗まれた。

「マルセル」

この名画盗難事件を題材とした毎日新聞掲載中の小説 高樹のぶ子作 「マルセル」

最終舞台 千晶と母花子が背中合わせに座っていたオランジュリー美術館の椅子

 oran-isu.jpg

そして2人が見ていたモネの睡蓮の壁画

 oran-suiren1.jpg

4月のパリ旅行で念願のオランジュリー美術館へ行くことが出来ました。

新聞小説「マルセル」の後半フランスのアルビ美術館 

サンジェルマンデュプレ教会が登場し毎日楽しみに読んでいました。

最後に大好きなオランジュリー美術館で背中合わせの会話。

様々な展開がありイマイチ関係がつかめずにいます。

単行本になったらゆっくり読みたいと思います。

丁度パリに興味を持って過ごした2011年にふさわしい小説でした。

震災、台風と大変な一年でした

     来る年が平和で穏やかな一年で有りますよう祈念いたします。

 

エリスマン邸となりベーリックホール

現存する戦前の山手外国人住宅の中では最大規模の建物で、設計したのはアメリカ人建築家J.H.モーガン。

スパニッシュスタイルを基調とし、外観は玄関の3連アーチや、

イスラム様式の流れをくむクワットレフォイルと呼ばれる小窓、瓦屋根をもつ煙突など多彩な装飾が施されている。

 ベーリックホール-.jpg

エストニア のクリスマス飾りです。 

べ-ツリー.jpg

 サンルーム

 べ-まどべ.jpg

令息の部屋

 

 べ-令息.jpg

ドアに飾られているピエロのぬいぐるみの洋服はアドベントカレンダーになっています。

キャンディーがのぞいていますね。

ベ-アドバンすト.jpg

 

前庭に置かれていた大きなマツボックリを使ったリースをNPHPブログ-Ⅰでご覧下さい。

クリスマスまであと少しNORADのサンタを追跡もご覧下さい。

エリスマン邸 

アントニン・レ-モンド(チェコ出身の建築家)の設計でスイス貿易商エリスマンの私邸として

大正 14年から15年にかけて127番地に建てられた白い壁と緑のふちの建物で建築史上、 価値の高い洋館でした。

 エリスgennkann g.jpg

スウェーデンのクリスマスGodJul 妖精と子ども達のクリスマスをテーマに飾られています。

クリスマスよりその日が来るまでを楽しむそうです。

クリスマスまでをカウントダウンする4回のアドバントサンデー毎週日曜日になると4本立てのアドバントキャンドルに

一つずづつ灯をともしサンタの来る日を心待ちにしているそうです。

エリスdaininng.jpg

 テーブルのところどころにキャンディーやクッキーが埋め込まれた小窓がありました。

 エリスツリ-.jpg

リボンで飾られて椅子クリスマスバージョンなんでしょうか。座るのにはちょっと不便そうです。

マツボックリに差されたクリスマスカラーのバラ。

エリステーブル-.jpg

 

山手234番館  イタリア ヴェネチアングラスで彩られたクリスマス。

ピノキオもプレゼントを運んでいます。

 山手234ピノキオ.jpg

山手234ツリー.jpg山手211ツリー2.jpg

 

アドべントカレンダー

クリスマスを迎えるまでの4週間をアドベント(待降節)といいます。
そのまちどおしい気持ちを、毎日トビラを開けると美しい絵が出てくるカレンダーを通して
少しずつクリスマスへの気分を高めていきます。

(24日間、24の動物やお菓子、プレゼントが描かれて、今日は何だろうと楽しみます)

山手234窓.jpg

横浜の窓辺は残念ながら雪ではなく紅葉です。

NORAD サンタを追跡

| コメント(0)

今年もやりますNORADサンタを追跡

既にサンタ追跡までのカウントダウンが始まっています。

image_about_santa2009.jpg

Google は2011年12月1日、今年も NORAD と共同でサンタの追跡を実施し、Google マップ、Google Earth を通じて

サンタの現在地の表示を行う、と公式ブログで発表した。

時差をうまく利用したとしても、サンタクロースが12月24日のうちに世界中の子どもたちに

プレゼントを配りきるのは困難な仕事だ。

世界人口は今年70億を超え、子どもの人数は20億に迫ると言われている。

だが、サンタクロースは、今年もその困難な使命を達成してくれるだろう。

そして、その模様は、北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)の「サンタを追跡」サイトで見ることがでます。

英気を養うサンタクロース

2011santa.jpg

横浜市イギリス館

横浜市イギリス館は、1937年(昭和12年)に上海の大英工部総署の設計によって、

英国総領事公邸として建築された.

広い敷地にゆったりと建てられ、条約開港都市横浜にふさわしい規模と風格を持っています.

建物入り口の掲示板 周りの木々が映り込んで白いクリスマス飾りが浮き出ています。

 英館掲示.jpg

重厚な家具が目を引きます。港の見える丘公園の並びですので海を眺められるのではないでしょうか

 英館テーブル.jpg

階段踊り場に飾られた小リンゴのリースとツリー

英館リンゴ窓.jpg

2Fフロアーに置かれた木の間から踊り場のリースをとってみました。

英館2Fより.jpg

 

 

 山手西洋館に8カ国のクリスマス飾りが展示されています。

印象に残った山手111番館 日本のクリスマス 祈り・希望~絆を深める

窓辺を飾る金銀の折りづる

 

山手ツル.jpg

**********

一人ひとりの思いが大きな力となって、日本が元気になりますように

横浜から思いをのせた折りづるが羽ばたきます。

東北の被災者の方々に祈りをこめて、支援して下さった国々に感謝をこめて・・・・・

ホール中央折りづるがツリーをあがっていきます

山手211ツリー.jpg

白を基調にしたシックなクリスマステーブルコーディネイト

ナプキンには真珠の飾り

 山手tabl.jpg

NPHPブログ版-Ⅰもご覧下さい。

朝9:00受付の健康診断8:45頃到着。受付の椅子は8割方埋まっています。

所属組織はいろいろ変わりましたが県の予防医学協会でずっと受けています。

仕事をしていた頃は年内は混雑するので出来たらお正月過ぎにとのことでここのところは年明けに受診していました。

ところが今度の健康組合はできれば年内に受診して下さいとの依頼。

どこの健康組合もそうなのでしょうかすごい混雑です。結局朝食飲み物抜きで13:00近くまで・・・・・

補助の範囲で有効に受けられるようにと協会の方がアドバイスして下さり今回初めて腹部超音波検査を受けました。

*********

超音波は人間の耳には聞こえない高い周波数の音波で、一定方向に強く放射され直進性が高いという性質があります。

これを利用して腹部に超音波を発信し、そこから返ってくるエコー(反射波)を受信し、コンピュータ処理で画像化して診断する

*********

この検査で今回は、肝臓、胆嚢、腎臓、膵臓、などをチェックしました。

10分ぐらいでしたが指示に従い深呼吸したり止めたり、悪いところがあるのだろうかと不安になります。

胃のバリューム検査も昔と比べると飲むバリューム量も200ccぐらいと少なくなり

検査機器も年々改良されています。

悪いところが見つからないことを祈ったりこんなにまでして不具合を探さなくてもよい物をと思ったり

複雑でした。

いやな健診を受けながらあ~お昼は美味しいものを食べなきゃとイタリアン、和食、パン、お蕎麦と

イメージを膨らませていました。

最終的に決めたお店は行ってみると月曜定休で食べられず、イタリアンのお店はランチタイム終了と

付いていない日になりました。

安売りチケットのお店が有ることを思い出し写真用インクジェット年賀状を安く購入してきました。

12月に入ったばかりだからかチケットやには他種類の年賀状が置かれていました。

年内に健診結果の連絡があるでしょうか問題無いとよいのですが。

最近近所でもよく見かけるようになった皇帝ダリアです。

 

 200901026kouteidari.jpg

 

このアーカイブについて

このページには、2011年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年11月です。

次のアーカイブは2012年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja