2012年1月アーカイブ

横濱屋本舗食堂

| コメント(8)

ミニコミ誌にで横浜南部市場に新鮮なお刺身や天ぷらを出す店

横濱屋本舗食堂が紹介されていました。

藤沢の市場は食堂部分がすぐ分かるので、店舗名・位置も確認せず出かけました。

南部市場は規模が大きく食堂がどこにあるやら見つけられません。

南部食堂の看板を見つけ入ってみましたがちょっとローカルで違います。

お店から出てきた方に「お寿司やさんはどこにありますか?」(~~~店名が思い出せないんですよ)

「入口に近い食堂街にたしか鮨屋が1軒ありますョ」ネットでみた店頭は新しいかんじだったから違う。

「わ~ここの市場は大きい。横浜銀行支店まである」・・・・・並びを見ると何やら新しい店舗。

有りました横濱屋本舗食堂 「ここだ~」   ( 鮨屋ではなかったYell)

 20120130entoransu.jpg

11:00~14:00まではお昼の献立  14:00以降はcafe コーヒーや日本茶、台湾茶が飲めるそうです

20120130nkanban.jpg

20120130menyu.jpg

天丼 ぱりぱりの海苔の天ぷら、赤パブリカの天ぷらが珍しく美味しかったです。

20120130tenndon.jpg

お味噌汁の奥のそば湯いれには朝引き出汁が入っていて最後に天ちゃで食べるように薬味、わさびも付いています。

見た目はご飯の量が少ないかんじですがたべて見ると結構な量です。

だし汁が美味しく天ちゃも良かったのですが私には量が多すぎました。

限定15食の寒さわらの刺身定食  ご飯味噌汁おかわり自由。 お米が美味しく炊けています。

20120130sasimi.jpg

最近読んでいる高田 郁作 澪つくし料理帳-4に

年末江戸の料理番つけ大関をきそう課題が「寒さわら」でした。

元々身が柔らかく調理するのが大変で味噌つけなどで焼いて食べることが多い食材です。

その素材を主人公澪が試行錯誤しながらうまく調理すると言う話です。

20120130sawara.jpg

対戦相手の登龍楼が使ったのがサワラの卵のカラスミ。

物語を思い出し白身の柔らかい寒さわらと奮闘していたのかと思い浮かべながら食べました。

淡泊なお味でした。

開店間もないようで大きくとられた窓

洒落たテーブルは市場の食堂の雰囲気とはちがうおしゃれな店舗でした。

 横濱屋本舗食堂

いろいろな言葉

| コメント(2)

*NHKの大相撲に関するニュースで
「ここまで勝ちっぱなしの把瑠都が二日を残して優勝を決めました。」

と言う表現をされました。

何となく耳障りが悪く「連勝の」とか「勝ち続けている」の表現の方が良いのにと思っていましたが、

「勝ちっ放し」で一つの慣用表現になっているそうです。【勝ちっ放し】ずっと勝ち続けること。連勝。

はなし【放し】
1 放すこと。多く、複合語の形で用いる。「手―」「野―」
2 動詞の連用形に付いて、その動作をしたままで放置する意を表す。
前に促音が挿入されて「ぱなし」の形をとることが多い。
「開け―」「置きっ―」「やりっ―」

で適切な表現なんだそうです。

「開けっぱなし」「置きっぱなし」「やりっぱなし」はあまり良い意味ではないですよね。

「勝ちっ放し」という表現に強くもないのに勝ち続けていると言うニュアンスを感じて

しまうのですが。

*そしてもう一つ「やっぱ

「やはり」が標準語(規範語、書き言葉の形)、「やっぱり」は口語形(話し言葉の形、全国で通用する共通語の形)であり、「やっぱし」「やっぱ」は一部地域(主に東京を中心とする首都圏)で通用する方言だそうです。

父は江戸っ子です。「ひ」と「し」を混同します。その血が流れているのか時々私も分からなくなります。

母は会津若松出身で「え」と「い」を混同します。

イボダイの干物と思っていたら干物やさんでは「エボダイの干物」と書かれていました。

 2012エボダイ.jpg

そうか母が「え」を「い」と言い違えていたんだと理解しました。

所が~~「イボダイ」は、東京では「えぼだい」と呼ばれることが多い。~~

と有りました。ヘェ~東京言葉だったんだ。
     ま~干物の呼び名が変わっても美味しさには代わりはないですが。

会場内では第3回ご当地丼選手権も開かれていて有名丼が500円で食べられると言うことで

是非食べてみたいと思いましたが、券購入に90分の表示。あきらめました。

ねぶたの後ろの屋台前の人混みをご覧下さい。12時半頃の様子ですが時間の経過と共にますます人が増えていきました。

 UPnebuta.jpg

青森の龍神ねぶた

 ryuujinn.jpg

屋台奥には舞台も設置され九州の踊りが賑やかに繰り広げられていました。

 butai.jpg

大間のマグロの屋台でトロ3貫2500円。 

かんだ後口の中に広がるマグロのまろやかさが何とも言えません。

でもちょっと高すぎ。8貫1200円 半分赤身でも十分美味しかったです。

ご当地限定スウィーツコーナーもあったのですが、満腹と混雑でギブアップ!

「次回は先ずビールを購入し試食しながら屋台を回ろう!」

何とも楽しい催しでした。

昨年は開催中38万人の入場があったと後で知りました。

 

 

 

ふるさと祭り東京

| コメント(0)

1/9祭日東京ドームで開かれている”ふるさと祭り東京”へ

日本のお祭りねぶたや秋田竿灯の披露もあるようなので楽しみに出かけました。

入口立見席よりグランド部分をのぞくと賑やかに登り旗が何本も立って大勢が歩いています。

 zentai.jpg

13:10より青森弘前市ねぶたがステージ部分に登場とのことなのでとりあえずお弁当購入し

スタンドへ行くことにしました。

日本の”うまいもん”大競演!!の会場は人人の波

屋台の前には20人近い行列  

人混みに押されながら蟹味噌汁を飲んでいる人、ラーメンを食べている人、殻付きウニをつまんでいる人

これはいったい何?私はお祭りを見たいと思ってきたのですが、

北海道から沖縄までのご当地の逸品や話題のB級グルメ、スイーツ、ビールなど郷土の”うまい”の大集結 

400余の屋台から威勢の良いかけ声や良い匂い~~キョロキョロキョロキョロ

人混みがいやで流行の場所へはほとんど出かけた事がないのですがラッシュ波の混雑にビックリ!

kaichoと二手に分かれて並び 米沢牛丼弁当、山形メンチカツ、北海道3食丼をゲットしスタンドへ

登場した津軽じょっぱり大太鼓 うちては女性

 oodaiko.jpg

弘前ねぶた

 nenebuta-hayasi.jpg

ぐるっと回ると天女増が登場 お囃子も続きます。20分間の練り歩きがありました。

tennyo.jpg

初めて見る張り子の大きさにはビックリ。登場はⅠ基でした。

場内が暗くなり灯りのともった山車はとても綺麗でした。

何基も練り歩くお祭りは街中が明るく賑やかになるのでしょうね。

実際に現地でみたいですね。

臘梅

| コメント(2)

川沿いの臘梅がどうかしらと散歩がてら様子を見に出かけました。

遠くから見ると枯葉が沢山付いていて黄色いはなが見えません。

まだ時期が早かったのかと近づいてみるとよい香りが~~

 20120104roubai 016.jpg

陽当たりの良い所はひらきはじめています。

「今年は葉が沢山のこっていてね。 短く切ってしまったので花付があまりなくて」と

臘梅畑の奥様。 持って帰ってと2枝いただいてきました。

臘梅の香りと黄色い花で玄関が暖かな雰囲気に包まれました。

それにしても空気が冷え込んでいます。

昨日はフワフワの雲をたなびかせ裾野を引いた見事な富士山を眺めながら新湘南バイバスを走りました。

穏やかな一年で有りますよう願います。

 20100102葛西スイセン 030.jpg

秋に植えた日本水仙が一早く咲きました。

今年もよろしくお願いいたします。

このアーカイブについて

このページには、2012年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年12月です。

次のアーカイブは2012年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja