2012年8月アーカイブ

「今日の流星観察は無理そう~~」と話ながら久しぶりの”あかげらの宿ペンションあるびおん”に到着

どんなきっかけで利用することになったか思い出せないのですが、

今でも近所のいたち川カワセミウオッチングの方々が宿泊されるそうです。

今ほどネット環境も良くなくSNSも発達してなかった頃

あるびおんに到着するとご主人が「kaichoさんをご存知の方が宿泊されていますよ」

面識は無い方ですが、バードウオッチングをご一緒にしている方のご友人で、

主人のHPを訪問して下さっている方でした。友達の友達は友達で親しくとり談義に花が咲きました。

リビングから餌台に次々集まって来る鳥達をカメラに納めていました。

ご主人のとり情報、奥様波留美さんの美味しいお料理が魅了でリピーターの方も大勢おられるようです。

当日のお料理の数々

糸寒天、生のキクラゲ入りサラダ

お漬け物には生のコリンキーカボチャ

1-salada.jpg 

 桃の冷製スープ 滑らかでほんのり甘味のある桃の香りがするスープ

スープと言うよりデザートのようです。

2-sope.jpg

HPで桃のスープをみて是非頂きたいと思っていた一品です。

お隣の奥様も「何回もきているけれど初めて、デザートみたいね」

塩麹につけけた後炊飯器で低温加熱して作られたポーク

生わさびの(すりおろしときざんだもの)、麹味噌が添えられた茄子、

ソーメンカボチャ

ポークの柔らかいこと

3-poke.jpg

帰宅後早速真似してみました。

麹に一晩つけただけでしたがとても柔らかく、炊飯器での初めての低温加熱もうまくいきました。

ポークの煮汁の応用でしょうか翌日は美味しいお粥の登場。

トッピングのごま油であえた白髪ねぎが食欲を誘います。

4-okayu.jpg

珍しい食材や工夫をこらしたお料理の数々。美味しく頂きました。

時々シェフ波留美さんも登場で食材の説明があります。

レシピは~~HPで紹介されています。

夜流星観測に出かけるかも知れないのでお酒を控えなければならないのが残念!

八ヶ岳倶楽部を出て本日の宿泊先小淵沢albionへ

カーナビに”小淵沢あるびおん”と入れると”あかげらの宿ペンションあるびおん”で出てきました。

”あかげらの宿”まで入ってカーナビにでてくるなんて~~

ご主人もご存知なかったようでビックリされていました。(ご主人がカーナビで検索することもないですもんね。)

これからは「あかげらの宿ペンションあるびおん”で入力しておいで下さい」とご案内出来ますね。

チェックイン前にスパティオ小淵沢延命の湯で一休み。雨のせいか温泉は大混雑。

お隣の”道の駅こぶちざわ”では農産物直売コーナーもあるのですが、お盆シーズンまっただ中完売だったようです。

親戚訪問を終え一路八ヶ岳 雲行きが怪しくなり雨も落ち始めました。

前日ペルセウス座流星群日本7カ所からの中継がありました。

唯一八ヶ岳文化自然園からの中継画面で、はくちょう座の下方向へながれましたが、この雨では無理でしょう。

柳生真吾さんの八ヶ岳倶楽部へ寄りました。

19terasu.jpg

雨に洗われて緑の綺麗なテラス席が見えるテーブルでフルーツティを待ちます。

5.6年前に来たときよりだいぶ園内が整備され雑木林を巡ることが出来るそうです。

前回は雑木林側の椅子から餌台に集まる鳥達を楽しんだのですが今回は夏の事もあり鳥達の訪問を

見ることは出来ませんでした。

本日のケーキとフルーツティー 

時間の経過と共に7種のフルーツの甘味が加わり味が変化していきます。

 19frutetae.jpg

ミルフィーユ、黒ごまと豆乳のモンブランどちらも適度な甘さで良いお味でした。

店内はr煉瓦調の壁と木工作家の方の素敵なテーブル、椅子も置かれています。

19tennai.jpg

野鳥の会会長の柳生博さんや

八ヶ岳の鳥達が巣を作ったのかと思うような

大きな帽子を被られた奥様もお客様とフレンドリーにお話しされていました。

目的はお墓参りと親戚へのご期限伺い プラスペルセウス座流星群観察。

天気予報によると日曜から雨模様~~横浜は12日はほぼ曇時々晴 

平日なので空いているかと思ったのですが、お盆の混雑がまだ続いていて4時間ほどで到着。

お墓についてビックリ。

すもも畑、葡萄畑の奥にある村の墓地への道は作業の車が1台通れるくらいの幅でした。

所が幅を広げ土手を作り急坂を下り川への道を作っている途中でした。

中央高速を降りると、車1台が通るほどの細い道だったのに新道が各所に出来ていて主人もおや?おや?と

首をかしげる程です。

サクランボ狩り、桃狩り、葡萄狩りと大型バスでも乗り入れやすい様に変更しているようです。

この資金てどこからでているのか? 墓地の傍を通り抜ける道が必要なのか?

住民でない者がとやかく言うことではないかもしれませんが。

田舎の親戚はどこもクーラー使用せず、玄関から裏のガラス戸を開放し天然の涼風を利用。

1軒では泥棒よけ? も兼ねてかお婿さんが玄関に大の字に休んでいました。 

親戚の畑の野菜を収穫 ミョウガ、きゅうり 

 kyuri,.jpg

家の庭にもミョウガがあるのですが本数が桁違いちょっと茎をよけると

「ここにも、ほらここにも」

春に来た時はお嫁さんが白菜とりなど喜んでしていたのですが収穫は楽しいものです。

沢山のミョウガは早速甘酢つけにしました。

 

1時間ほどの刈り取り後計量していただき購入。摘み取り販売だけです。

Tさんから生食用(甘め)は黒っぽいの加工用は白いまくがかかった物(少し酸味あり)

摘み取りの時に混ぜないようにした方が良いと言われましたが、結局混ざってしまいました。

4キロ弱の収穫でした。まだまだ実が沢山付いています。

eda.jpg

最盛期には手の平で掲げるとポロポロ取れるくらいが完熟だそうです。

ブドウは摘み取りはなしで販売のみ。

Tさんは20~.30キロ摘み取るのでダンボールを用意されると聞きましたが、我が家はそんなにとっても

保存する場所もなく大きなクーラーボックスとビニールに入れていただきました。

帰宅後ジャム、三温糖を眩し冷凍、生食でせっせと食べています。

畑を後に武蔵五日市駅まえを通り檜原街道へ。 

以前ブッポウソウを見に来た神社近くを通り越しランチのお店へ

 yamazaki-genkan.jpg

民家を改造民芸調の作りのお店です。

 nennai.jpgtennai.jpg

店内に入ると大きなテーブルが2つ、奥に更に席があります。

menyu.jpg

予約の際スープのコースも一つ頼みました。

海鮮コンソメにパイ皮をかけ焼いた物です。 

前菜に極太のきゅうりと味噌が出ました。辛めの味噌でしたが味が良かったです。

soup.jpg

スープをすくうとからから金属がスプーンに触れるような音が気になります。

最後にアサリの殻だと言うことが分かりました。

地元野菜の煮付け、きんぴら、青菜の胡麻白あえ,きんぴらなどが3人分一盛りで登場 

大きな葉が敷かれ、ホオズキやききょう、季節の花でがそえられていました。

yasai.jpg

お料理は帆立のマリネと豚ロース肉を選ぶことが出来ます。

gohan.jpg

う~ん趣向はこらされていますが・・・ちょっとお値段が高めな気がしました。

次に寄った一穂(いっすい)のこんにゃくやさん

2konnyaku.jpg

来店人数を言うとお店の横の縁台に試食用セットを用意して下さいます。

2sisyoku.jpg

柚子味噌こんにゃく、黒こんにゃくの煮付け、こんにゃくそば、ところてん

「濃い味付けの煮付けこんにゃくであ~お酒が飲みたくなるね~」

もちもち感、独特の柔らかさで美味しいこんにゃくでした。

試食後ところてん、こんにゃくを購入し 秋川沿いの瀬音の湯で汗を流しました。

内湯と露天風呂があります。

露天風呂からのぞき込むと秋川渓谷を流れを見ることができます。

森林の涼やかな風とぬるっとした温泉炎天下での疲れもとれました。

下を流れる秋川では夏休みに入った家族連れが川遊びを楽しんでいました。