プラハ・パリ旅行の最近のブログ記事

2011年4月パリの息子夫婦宅を訪問した際用意してくれたディナーです

ワイン教室でホワイトアスパラのお料理とレシピをいただいたそうで早速腕を振るってくれました。

茹でたホワイトアスパラに卵とお野菜の入った固めのソース

 

20110422PARI hwhit-a.jpg

食べやすいチーズ  

 

 20110422PARIchese3.jpg

何やら面白い器具でフリル状に切ります。  生マッシュルームのクリームチーズ詰め

 

20110422PARIchees+masyu.jpg

大きな生のマッシュルームにビックリ。

懐かしのホワイトアスパラ、マッシュルームまたいただきたいです。

4/26よりパリに出かけたT子さん「ホワイトアスパラを茹でといてもらおう」と言っていました。

息子宅近所のマルシェで見かけたホワイトアスパラ

20110422PARImarusye-asupara.jpg

柔らかくなるまで茹でるのですが生は触った感じはキビガラ細工のキビのようです。

息子達に「キビガラ細工って何?」ってきかれました~~

 20110422PARImarusye-asupara-2.jpg

旬の時期が短いので出始めると競うようにホワイトアスパラを食べるそうです。

ドイツでは少し時期がずれるようです。

↑ のようなホワイトアスパラが食べたかったのですが~~日本で出してくれるところを探します。

6月の北海道でしょうか。

 

世界の名画~美の殿堂への招待

BS朝日 水曜夜9:00~9:45 パリ オランジュリー美術館が紹介されていました。

昨年3度目の正直。念願かなってやっといけた美術館です。

自然光を採り入れるための工事が延々と続いた”モネの睡蓮の間”

円形に広がった睡蓮の間が綺麗に映し出されていました。

 2011org-sizenkou.jpg

セーヌ川の日没と同じ方向 西側に展示するよう指定された 睡蓮-日没 

2011org-nitibotu.jpg

モネが晩年を過ごしたジベルニーのモネの家も紹介されました。

レオン-ムール貝

| コメント(2)

プラハ・パリ-38

Leon's moules レオンでムール貝

ベルギーが本店 パリにも数軒あります。緑の帆が目印。オペラの店へ行きました。  

メニューからも分かるようにお値段もリーズナブルで店員の人達も気さくで楽しいレストランです。

0914leon-m.jpg

0914wine.jpg

前菜はフライ盛り合わせ  サクサクの揚げ具合でレモンをキューと絞っていただきます。

0914fish.jpg

カラになった ムール貝の殻は席の周りにポイポイ捨てる。

足の踏み場もないほどのムール貝の殻に囲まれるって読んだことがあるんですが

こちらの店ではカラ入れが出てきました。

 0914muru.jpg

1個目はフォークで実を取り出し2個目からはカラをトングにして実をつまみたべます。

スープもしっかり飲み干します。 ボーイさんはデザートを勧めましたが・・・満腹でした。

レオンのランチメニュー攻略法 

プラハーパリ-37

19世紀になって堤防が出来危険な干潟を歩いて渡る必要が無くなりました。

22-monsan.jpg

この土堤によって潮の流れが変わり年々流砂が島の周りに堆積するようになり、海水に囲まれた孤島というイメージがなくなりました。

湾の美しさを保護するため堆積物を取り除きもとのモンサンミッシェルに戻す大規模な工事が行われています。

道路を取り除き大きな橋を建設計画が2009年完成予定といわれていましたが~~フランスタイムでゆっくり進行中。

 22-suiro.jpg

22-suiro-2.jpg

対岸の街でバードウオッチングや愉快な看板のmarche巡りをしました。

22-march.jpg

MARCHE向かいのLa Brioche Doreeでバケットとカフェオレとエクレアで昼食

22-baket.jpg

エクレアがもうクリーミーでほっぺが落ちるほどの美味しさでした!!

フランスは小麦が美味しくバターが濃厚だからでしょうか。

22-ekurea.jpg

フランスではバケットサンドを頬張るのが定番になりました。

バケットは外はぱりぱり中はソフト食べやすく中に挟んだ物とうまく馴染みます。

パリでは美味しい食パンが売られていなくて日本の「yamazakiパン」のお店がありそこまで買いに行くそうで

「まるごとバナナ」も置かれていて早く行かないと売り切れてしまうとT子さんが言っていました。

美味しいエクレアやクロワッサンとはまた違った「まるごとバナナ」の懐かしい味も在仏日本人には貴重品。

プラハ・パリ-36

モンサンミッシェル島内の名物料理プラールおあばさんのオムレツ(NPHPスライドショーもご覧下さい)

昔長距離を歩いてきた巡礼者に早く出来ておいしいものをと出された物だそうです。

お店の入口

 19pura-ru.jpg

店内にはプラールおばさんの写真と銅のフライパンが並でいます。

リズミカルな音をたて卵、バターを攪拌し薪で焼きます。

19huraipan.jpg

運ばれてきたボリュームたっぷりのオムレツ。

オムレツを真ん中から開き左側のキノコの炒めた物を挟んでいただきます。

 19omuretu.jpg

オムレツ単品でのメニューが無くコース料理のみで55ユーロとお値段が少々高めです。

テーブルに着いてから値段を聞き帰って行くお客さんもいました。

プラハ・パリ-35

パリ滞在中 お昼には近所のオフィスの人達で賑わうという”LINA'S SANDWICHES”で昼食をとりました。

緑のテントが特徴の広々とした店内。希望のバケットと飲み物を注文し寛ぎました。

 18linas-1.jpg

陽射しが強く暑いのにLINA'Sではテラス席からうまります。

             パリではバカンス帰りの人に「陽にやけたね~」というと喜んでくれるそうです。

18linas-2.jpg

左下の看板の3種類のパンからリクエストしたパンでサンドウィッチを作ってくれます。

      店舗一覧の一番下に「YOKOHAMA」の文字・・・

Bread Pave / パンパヴェ Rye bread / ライ麦入りパン White bread / ホワイトブレッド

パンの写真は撮ってしまったのですが撮影は×と言われました。

18linas-b.jpg

そうそうここでの会計の時フランス語で言われたのですが、いくらか分からす。

(ほとんどのレジはお客さん側にも数字の表示が見えるようになっているのですがここは違いました。)

レジの女の子英語も通じず「・・・・・」 どうやって支払ったか~~

     紙とボールペンを取り出し数字を書いてもらいました。

斜めに線が入り7だか1だかわかりにくかったのですが無事払うことが出来ました。

訪問先の国の数字ぐらい覚えて行くべし!? 韓国で化粧室が伝えられなくて困った事もありましたっけ

向かいのリサイクルショップのウィンドウには足踏みミシンが何台もディスプレイされてました。

「SINGER」の文字みえますか? 思いもよらぬ所で古い日本製品に出会い嬉しくなりました。

18linas-3.jpg

 

昨日kaichoが「関内にLINA'Sのお店があったよ」・・・・・

何と仕事をしていた頃早い時間に出られたときに食べに行っていたお気に入りのお店でした。

フレンチサンドウィッチカフェ  「YOKOHAMA」って 関内だったんだ~ビックリ

プラハ・パリ-34

聖堂下の広場より眺めた潮の押し寄せてくる動画をKAICHOのサイトご覧下さい。

堤防下の道路標識のポール部分は完全に水没しています。 

17-hyousiki.jpg

 

 

プラハ・パリ-33                  

聖堂西側部分は少し遅れて潮が満ちてきました。

緑地部分に朝日に照らされた聖堂のシルエットが浮かびます。

海水がぐんぐん押し寄せシルエットは小さくなって行きます。

16-mon.jpg

ゴーという音とともに一部うず潮も発生。

16-uzusio.jpg

東側の堤防の下は既に全部海水で満たされてしまいました。

西側の砂地は昨日のバスの駐車場部分です。ここも海水が押し寄せています16-tteibou.jpg

昨日の出入り口ももう使うことができません。

モンサンミッシェルはヨーロッパ1干満の差の激しい場所で

満ちてくる勢いは毎秒1M「馬のギャロップ」と呼ばれているそうです。

聖堂へ向かう砂浜を歩いていてこの満潮時に出くわしたらとても逃げ切ることは

出来ないと思いました。 震災での津波の勢いはもっとだったのでしょうか。

16-deiriguti.jpg

朝のお勤めに遅刻されたのでしょうか修道士のかたが走って行かれます。

16-syudousi.jpg

 

16-syudousi-2.jpg

 

       

 

 

プラハ・パリ-32

6時31分日の出

 15-sanri-1i.jpg

       15-sanri-2i.jpg

6時33分東側より潮が満ちてきます。楕円部分が潮の動きです。

 

15-siomiti.jpg

6時39分 駐車場になっている東側部分に海水がぐんぐん進んできます

15-siomiti-2.jpg

6時46分東側堤防したの駐車場は完全に海水に満たされています。

更に勢いを増して行きます大地の部分は数分で水底です

15-siomiti-3.jpg

 

 

 

 

 

プラハ・パリ-31

時間の経過とともに潮が引いていっています。

右側の40と書かれた標識のポールが見えてきました。

14-DSC_2692-copy.jpg

 

尖塔 聖ミカエル像もライトアップされました。 

14-DSC_2704-copy.jpg

 

14-DSC_2711-copy.jpg

ライトアップも十分楽しめましたし島内に宿泊にして正解でした。

明朝の日の出と潮の満ちてくる様子を見るため明日も早起きです。