山手西洋館クリスマスの最近のブログ記事

エリスマン邸となりベーリックホール

現存する戦前の山手外国人住宅の中では最大規模の建物で、設計したのはアメリカ人建築家J.H.モーガン。

スパニッシュスタイルを基調とし、外観は玄関の3連アーチや、

イスラム様式の流れをくむクワットレフォイルと呼ばれる小窓、瓦屋根をもつ煙突など多彩な装飾が施されている。

 ベーリックホール-.jpg

エストニア のクリスマス飾りです。 

べ-ツリー.jpg

 サンルーム

 べ-まどべ.jpg

令息の部屋

 

 べ-令息.jpg

ドアに飾られているピエロのぬいぐるみの洋服はアドベントカレンダーになっています。

キャンディーがのぞいていますね。

ベ-アドバンすト.jpg

 

前庭に置かれていた大きなマツボックリを使ったリースをNPHPブログ-Ⅰでご覧下さい。

クリスマスまであと少しNORADのサンタを追跡もご覧下さい。

エリスマン邸 

アントニン・レ-モンド(チェコ出身の建築家)の設計でスイス貿易商エリスマンの私邸として

大正 14年から15年にかけて127番地に建てられた白い壁と緑のふちの建物で建築史上、 価値の高い洋館でした。

 エリスgennkann g.jpg

スウェーデンのクリスマスGodJul 妖精と子ども達のクリスマスをテーマに飾られています。

クリスマスよりその日が来るまでを楽しむそうです。

クリスマスまでをカウントダウンする4回のアドバントサンデー毎週日曜日になると4本立てのアドバントキャンドルに

一つずづつ灯をともしサンタの来る日を心待ちにしているそうです。

エリスdaininng.jpg

 テーブルのところどころにキャンディーやクッキーが埋め込まれた小窓がありました。

 エリスツリ-.jpg

リボンで飾られて椅子クリスマスバージョンなんでしょうか。座るのにはちょっと不便そうです。

マツボックリに差されたクリスマスカラーのバラ。

エリステーブル-.jpg

 

山手234番館  イタリア ヴェネチアングラスで彩られたクリスマス。

ピノキオもプレゼントを運んでいます。

 山手234ピノキオ.jpg

山手234ツリー.jpg山手211ツリー2.jpg

 

アドべントカレンダー

クリスマスを迎えるまでの4週間をアドベント(待降節)といいます。
そのまちどおしい気持ちを、毎日トビラを開けると美しい絵が出てくるカレンダーを通して
少しずつクリスマスへの気分を高めていきます。

(24日間、24の動物やお菓子、プレゼントが描かれて、今日は何だろうと楽しみます)

山手234窓.jpg

横浜の窓辺は残念ながら雪ではなく紅葉です。

横浜市イギリス館

横浜市イギリス館は、1937年(昭和12年)に上海の大英工部総署の設計によって、

英国総領事公邸として建築された.

広い敷地にゆったりと建てられ、条約開港都市横浜にふさわしい規模と風格を持っています.

建物入り口の掲示板 周りの木々が映り込んで白いクリスマス飾りが浮き出ています。

 英館掲示.jpg

重厚な家具が目を引きます。港の見える丘公園の並びですので海を眺められるのではないでしょうか

 英館テーブル.jpg

階段踊り場に飾られた小リンゴのリースとツリー

英館リンゴ窓.jpg

2Fフロアーに置かれた木の間から踊り場のリースをとってみました。

英館2Fより.jpg

 

 

 山手西洋館に8カ国のクリスマス飾りが展示されています。

印象に残った山手111番館 日本のクリスマス 祈り・希望~絆を深める

窓辺を飾る金銀の折りづる

 

山手ツル.jpg

**********

一人ひとりの思いが大きな力となって、日本が元気になりますように

横浜から思いをのせた折りづるが羽ばたきます。

東北の被災者の方々に祈りをこめて、支援して下さった国々に感謝をこめて・・・・・

ホール中央折りづるがツリーをあがっていきます

山手211ツリー.jpg

白を基調にしたシックなクリスマステーブルコーディネイト

ナプキンには真珠の飾り

 山手tabl.jpg

NPHPブログ版-Ⅰもご覧下さい。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち山手西洋館クリスマスカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは京都です。

次のカテゴリは旅行です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja