中国江南周遊ツアーの最近のブログ記事

西湖

中国の杭州には何百年もの間、一生に一度は見てみたい風景として憧れの的とされてきた

規模は南北3.3km、東西2.8km、外周は約15km、面積は5.66km2である。遠景には三方を囲む山々があり、

湖の東側には杭州の市街地。近景には柳と桃などの街路樹と散策道、

いくつかの石橋などが配置され、その美しさが多くの人々を魅了してきた。

 0429saiko.jpg

0428saiko-enkei.jpg

「雷峰塔」

0428yuran.jpg

蘇堤春暁:西湖を南北に走る全長約2.8Kmの堤

 0428teibou.jpg

「小瀛州(シャオインジョウ)」、または西湖最大の景勝地 「三潭印月」

0428hune.jpg

 

 

 西渓湿地 西渓湿地には西渓国家湿地公園があり、面積はおよそ10平方キロメートル、

ここは生態資源が豊富で、自然景観が昔のまま残っています 「緑色の肺」と呼ばれている

0423kanban.jpg

西渓湿地の水質を改善するため、西渓湿地公園は、さまざまな魚、数百万匹を放流しました。

環境を大事に保護しています。遊覧船で湿地を見て回ります。

0423curu-zu.jpg

0423船.jpg

軒先で干しているものは鴨?と鱒?

0423.jpg

こちらはドラム缶を利用して燻製でしょうか

 

0423くんせい.jpg

蘇州でトラブルを起こしたデジカメはホテルで電池の入れ替えをしたら

また使えるようになりました。(旅行の最後に胃の調子が悪くなったりして

帰国後あまり旅行記作成に取り組む気分になれませんでした。 

旅行記を少しづつ続けていきます。)

3日目 杭州市内観光

龍井茶畑見学

 0421龍井茶畑.jpg

昔から水が豊富だったため龍井(龍の住みか)と言う名がついたそうです。

龍井泉から湧き出る水は西湖三大名水の一つ。

 0421龍井泉.jpg

確かに水はきれいでした。奥では洗濯をする主婦の姿も見られました。

 0421龍井洗濯.jpg

お茶の種類や入れ方のレクチャーがあり お茶販売コーナーへ案内されます。

透明な茶器に咲いた花茶 飲んだあと飾っておくのも楽しいです。

0421龍井花茶.jpg

昼食レストラン  紹興酒のサービスがありました。

0421tyusyoku jpg.jpg

個人旅行と違い8~10人ほどでテーブルを囲みますから何種類ものお料理が味わえ良かったです。

地域によって多少味付けや食材などが違い日本で食べたことのない料理もいくつかありました。

0421昼食.jpg 

蘇州 

留園見学後半デジカメの電源が入らなくなり撮影は断念。

真珠研究所

寒山寺 虎丘 

山塘街(さんとうがい)  蘇州城と虎丘山をつなぐ水路沿岸の街 

運河クルーズ(OP2500円) 細い運河より蘇州に住む人達の生活を垣間見ることが出来る。

あいにくの激しい雨の中のクルーズでした。

旧市街よりの一部が観光用に明清時代の古い街並みを再現している。

ナイトクルーズだと家々の提灯にライトアップされた様子が美しいそうです

まだ電気が付くには早い時間で残念でした。運河から見上げる橋がいろいろな形がありあました。

道路渋滞などの為予定していた夕食を明日の昼食レストランと変更

雨の中 杭州のホテルに9時過ぎに2泊目のホテルに到着。 

幸いなことに翌朝は雨は上がり小鳥の囀りもきこえます。

 0412hotel.jpg

ホテルの部屋から川沿いに小鳥の飛び交う姿が見えたので早めに朝食をとり散歩に出かける

0412hotelmae.jpg

ホテル玄関前の林にも鳥が飛んできている。木の向う側へいく方法が分からない。

では部屋から見えた川沿いの遊歩道へ行こうと道をさがすが道の手前に長い塀が巡らされ

行く道を見つけることが出来ません。

 

0412hotelmae-2.jpg

雨よけのバイク用のカッパ。 ヘルメットを被っている人はいませんでした。バイクが走っているところは歩道です。

0412baikul.jpg

朝食バイキング 中華風の物を選んでいますが、洋風の食べ物もありました。

コーヒーは漢方薬のような香りがしてあまり好みではありませんでした。

0412tyousyoku.jpg

留園

“中国四大庭園の1つ” で “世界文化遺産”

古典的な中国庭園で、敷地面積は約2ha。蘇州で2番目に大きい庭園

蘇州文人園林の中で文人邸宅の格式にのっとり、空間構成、設計が最もこまやかに美しくなされている。

園内は四つの景区に分けられており、各々の楼閣が花窓や透かし彫りで飾られた長い回廊で結ばれている

庭園は豊かな水を利用し、池を配置した素朴な美しさを特徴とする

0405ryuen.jpg

0405kazarimado.jpg0405kazarimado-2.jpg

0405heya.jpg

 

0405ike.jpg 

0405ennai.jpg

太湖石 太湖周辺から切り出される石灰石。長年の浸食により穴があいているのが特徴。

0405taikoisi.jpg

アトラクション「三英雄VS呂布の戦い」

戦闘開始の雄叫び  赤:劉備、緑:関羽、黒:張飛 白:呂府

0403siji.jpg

0403hohei.jpg

守る虎牢関

0403seki.jpg

迫力有る騎馬戦が展開されます。

さすが中国すごいパフォーマンスに興奮します。

 0403kibasen.jpg

呉の孫権の宮殿

 DSCN15960402.jpg

宮殿の玉座  ぴかぴかの金で飾られています。

 中国美人に囲まれ記念写真を撮ることもできます。

(韓国の女性の方が美しい人が多いようなきがします。) 0402kouteiza.jpg

中庭で学生達?太極拳の練習中

皆が揃わず空転を何回も繰り返す男性がいて見ていてヒヤヒヤしました

0402taikyoku.jpg

 三本の足で支えている有名な物のようですが説明が聞き取れませんでした。

DSCN16150402-3脚.jpg

2日目 無錫観光 「三国城」
映画「三国志」の撮影に使われた場所の見学と呉の軍艦で太鼓遊覧

 0401sannkoukujyou.jpg


白梅の奥に三国志の英雄達が並んでいます。
魏軍中央で三頭立ての馬車に乗るのが曹操。

0401gi.jpg

呉の軍船に乗船し、太湖の遊覧。
太湖は、面積2,250k㎡、周囲400km、最大水深48mで、長江デルタに位置しています。

蘇州を流れる蘇州河や上海を流れる黄浦江などの河川はここから発しているそうです。

0401gosuimon.jpg

0401gosuimon-2.jpg

諸葛孔明像

0401syokatukoumei.jpg

「赤壁の戦い」の特殊撮影に使われたセット

 0401redk-1.jpg

 0401redk-2.jpg

”レッドクリフ” この小さな船であの迫力のある場面を作りだしていたんですね

そもそもの始まりは19,800円3泊4日北京ツアーの案内

kaichoは北京へ行ったことがあり寒そう、

「上海も行っているが短時間の滞在でまだ上海の方が暖かいかもしれない。」

と言う事で江南ツアーを検討。羽田発着ツアーがあることに気がつき

4泊5日羽田発着江南周遊ツアーに参加決定。 初中国10回の食事付き格安ツアーで中国を体験しよう。。

羽田まで45分はすごく楽。国際便なので2時間前にチェックイン。国際線フロアーで昼食

kaichoの会員資格でサクララウンジがつかえるとのことでラウンジへ。

ここのラウンジの食事が充実していること炊き込みご飯、海苔巻き類、麺類、スナック他~~

さっき食べて来たばかりなのにまたいろいろつまみあ~今日は食べすぎといいながら搭乗。

羽田発なので上海の虹橋空港着  上海万博の際完成した浦東空港でないのは少し残念。

夕方着なので夕食が用意されているのかと思ったら搭乗するとすぐに食事のサービス。

先割れスプーンで食べるビーフヌードルが登場??  今日は4食目だ。

大きな河、高層ビルが見え始め上海虹橋空港着。

 虹橋空港.jpg

ここから今日の宿泊地無錫へ向け出発 3時間のドライブ。

 高層マンションが林立。高速道路は大きなトラックが沢山。時々神経質そうにクラクションがなります。

ビル.jpg 

ビルの周りや高速道路の縁はイルミネーションで飾られています。

19:00過ぎホテル到着。チェックインは添乗員がしてくれましたが、

「どこか夕食が食べられるところは?」

「私はこの辺の事知りません。ホテル内には日本食レストランだけです。」

全く知らない場所でそれはないでしょ・・・ホテルマンに聞いてもよく分からない返事。

とりあえず外へ出て探すことに。

日本料理、居酒屋の看板が見えますがよく分からず仕方なく初日から近くの日本料理店で夕食。5食目!?。

 0314夕食.jpg

翌朝同じツアーの中国語が話せるという方が向いのホテルのレストランの飲茶が安くて美味しかったとの事。

残念ホテル内のレストランは高いかと思いのぞきもしなかった。

ホテル前.jpg

外は広い歩道を無灯火のバイク(後で気がついたんですが電気バイク・・・音がしない)

クイの立っているエリアは歩道のはずなんですがバイクが走っています。(ヘルメットなし)

道路が広いのに信号が短くいつも駆け足で横断していました。

 

 バイク.jpg

2日目は無錫への観光です。8:45集合が添乗員が来ず9:00過ぎ出発。

もう一つのホテルから10名前後ピックアップして計38人のツアー

40人になるとバス2台になるそうですがあいにくぎりぎり1台でのツアーになりました。