済州島(Jeju)の最近のブログ記事

済州島(Jeju)巡り-10

| コメント(2)

前日のタクシーの運転手さんより潜水艦体験を希望するようで あれば

当日朝一番で予約が必要と言われました。

観光案内でダイビングも紹介されていたようなので綺麗な魚も見えるかと潜水艦体験を申し込んでもらいました。

きじシャブシャブの昼食後 西帰浦海岸へ行き潜水艦体験へ

 

30-7hunatukiba.jpg

 

海をバックに海女さん像と記念写真も撮れますがそれどころでは無い状況になりました。

 

30-7ama.jpg

 

穏やかな港から船に乗り沖へ出て潜水艦に乗船します。 

30-7hune.jpg

 

YellowSubmarineが待機していましたが~~^~~

前のグループと入れ替えで乗船します。降りてきた方々の顔色が優れません。

いや~な予感が、沖はかなりの波で船も潜水艦艦内も相当の揺れです。

30-7sensuikan.jpg

全員乗船するまでの時間の長かったこと水深30m程潜ってしまえば揺れは感じないのですが、

もう海中の魚どころではありません。撮影した写真をみてもあの時の船酔いがよみがえってきそうです。

 

30-7mado.jpg

 

「水深30mまで潜れば珊瑚やスズメダイに彩られた海底を眺めることが出来ます・・・・」

とありますが、乗船代は50,000Wとかなりのお値段で、あ~ぁと言う体験でした。

その後ホテルまでは車内で寝込み、その日の夕飯も食べる気分になれず悲惨な体験となりました。

済州島(Jeju)巡り-9

| コメント(0)

ウェドルゲ
この「ウェドルゲ」は『たった一つの塊』を意味し、その名の通り波間にそそり立つ勇壮な岩。

高さは20mほどあり、頂上には松の木が自生しています。

この岩は済州島で有名な山、漢拏山(ハルラサン)の約150万年前の噴火によって形成され、

長い間の波風にさらされて現在のような姿になったそうです。

漁に出たまま帰らない主人を待つ女性の姿とも言われている。

30-6ヴェドルゲ.jpg

大浦海岸柱状節理

南側中文リゾート付近は昨日行った東側とはことなる荒々しい海岸線が連なっています。

30-6柱状節理.jpg

30-6柱状節理-2.jpg

柱状節理への入口付近の公園です。

ヨットの帆の先の木札は世界の都市の方向を示しています。

30-6hansenn.jpg

巨大なサザエが打ち上げられていました。 これだけ大きいと食べでがありますね!?

 

30-6saze.jpg  

済州島(Jeju)巡り-8

| コメント(0)

天帝淵瀑布 

仙臨橋7人の仙女の像を刻みつけた長さ128㍍のアーチ型の橋。

 

30-5橋jpg.jpg

 

30-5横.jpg

橋の上から深い渓谷の先の海。綺麗な雲が広がっていました。

 

30-5渓谷.jpg

 

天帝楼

30-5天帝楼.jpg

済州島(Jeju)巡り-7

| コメント(2)

2日目はタクシーをチャーターし中央から南海岸のチェジュ島3大滝巡りに出かけます。

正房瀑布 滝が直接海に落ちこんでいるアジアでも珍しい滝です

高さ23M、幅8M、滝壺の深さ5M

30-1seibou taki.jpg

 

海辺では海女の人がさざえやホヤ貝をきざみたべさせています。

調味料はケチャップの様なものを絞り出していました。

 

30-1ama.jpg

 

天地淵瀑布

高さ22M、幅12M、滝壺の深さは20Mにも及ぶ荘厳な滝で、

「天地淵」とは、天と地が出会う池という意味があるそうです。

滝壺には大ウナギやフナが生息していることも有名です。

 

30tenntibutitaki.jpg

 

柿の渋で染めた帽子や衣服がお土産品として売られています。

ガロッは風通がよくて夏は涼しいほか畑仕事をしても汚れにくく、

洗い落とせ、衛生的で

渋染が防腐剤の役目をして濡れた服をそのまま置いても腐ったり匂わないそうです。 

  30kakisibuyouhin.jpg

 

天帝淵瀑布

「神の池」という意味昔帝に仕える7人の天女らが夜、紫色の雲に乗って舞い降り、澄んだ水でこっそり沐浴をして天に昇ったという伝説が残っています。

まるで天女の白い羽衣のように美しい三段の滝は、 第一の滝が高さ22mから深さ21mの池に流れ落ち、

この池はまた第二、第三の滝となっています。

30-2tenntei.jpg

済州島(Jeju)巡り-6

| コメント(0)

民族村

現在もここで暮らし順番に観光客に集落の様子日常生活を公開している。

29-1minka iriguti.jpg

横に渡された木は家人の不在、在宅を表している。1本の時はすぐ近所へ3本の時は遠くへ出かけしばらく帰らない。

ガイドの女性が着ているズボンは柿からとった染料で染めているカロッと呼ばれる済州島の作業着。

お茶や蜂蜜をかめにいれ保存

29-1minka mizugame.jpg

サングムブリ
  29-1sanngumupuri-iriguti.jpg

石造りのおじさん(トルハルバン)

この石のおじさんは疫病神から守ってくれると言われており、

腕は右が上だと知力に優れ、左が上だと武力に優れていることを表しています。
また帽子と鼻をなでると男の子、

耳と口をなでると女の子を授かるという言い伝えもあるそうです。

 

29-1sanngumupuri-tatemono.jpg

 

頂上にカルデラ状の巨大な陥没が見られる寄生火山です。

途中に爆発の際の大きな火山弾等が置かれています。 

山頂までの道のりにはススキ野原が広がってます。

29-1sanngumupuri.-susukijpg.jpg

済州島(Jeju)巡り-5

| コメント(2)

 

地図.jpg

初日はユネスコ世界遺産にも指定されている万才窟 、城山日出峰を訪問しました。

万才窟 画像はパンフレットより

29万丈窟-.jpg

万才窟

全長約7.4K、洞窟内の高さ30mの大規模な溶岩洞窟です。

生成年代は10万~30万年前、多様な洞窟生成物と内部の地形がよく保存されていて、

地質学的価値が高い。万才窟には3つの入口があるが、第2入口からの1K区間が一般公開されている。

洞窟内は一年中11~18℃で夏は涼しく冬は暖かい。

東海岸

綺麗な海岸線を進みます。海岸は溶岩のでこぼこ岩になっています。

多分漁港を作ることが出来ず、漁は海女さんの素潜りだったのでしょう。

 

29海女.jpg

海と反対側の畑は人の腰ほどの高さの石積みによって小さく区分されています。

ニンニクが植えられているそうです。1区画は大変狭いです。

畑の風除けと境界線の役目があるようで 

石垣はきっちり積まれている訳ではなく、隙間も多い。
風を逃がして石組みが崩れないようにしていたのか...。

29isizumi.jpg

城山日出峰

画像は島の全体像パンフレットより

29城山日出峰-panhu.jpg

水深の浅い海底からの火山の噴火によって作れ他水生火山。

噴火口の原形がそのまま残っていて、海岸の絶壁に沿って堆積構造をみることが出来る。

草原を進むと急峻な登山道斜度45度?500段の階段が続き噴火口の縁まで登ることが出来ます。

29城山日出峰.jpg

登山道周辺には浸食作用によって作られた熊岩、チョグァン岩など面白い形の

岩をみることが出来ます。

29登山道.jpg

海岸道路方面を眺めると砂州によってできた地形がよく分かります。

風が強く白波が立っていますが、海はとても綺麗です。

29nagame.jpg

 

頂上で朝日を眺めようと訪れる人も多いようですが、急峻な階段と強風に煽られ頂上を

目指すのはなかなか大変な事です。 

風力発電 海からの強風がふきつけていましたので発電量は多いのではないでしょうか。

29風力発電.jpg

済州島(Jeju)巡り-4

| コメント(2)

 市内一人歩きも無事終わりホテルでKAICHOの到着を待ちます。

海外対応携帯をもっていることは心強いです。通話料金の請求が怖いですが。

夕食はホテル前のアワビ専門店へ

注文するとキムチがズラーっと並びます。

評判のアワビのお粥 内臓が入っているそうで、茶色っぽい色が少し付いています。

ネッとりとした雑炊の食感です。

ソウルでお粥を食べたときは様々なキムチをお粥に混ぜて食べ美味しかったのですが、

アワビ粥はキムチも入れずフーフー食べ切ってしまいました。

 

28-okayu.jpg

アワビのお刺身 こりこり感が少しありますが美味

 

28-sasimi.jpg

さざえの方が柔らかかったかな。 内臓を食べた?

さてサザエはどのように海にいるのかと言う話になったのですが、お皿の上と

同じ状態でしょうか。あの蓋で岩についているのですか?

28-kaisenn.jpg

 

海鮮鍋 辛みが強かったですが、アワビは一番柔らかかったです。

煮こんでしまったので小さくなっていましたがムール貝も沢山入っていました。

お鍋の横のトコブシ?食べたかな。 

無事ついてkAICHOにも会えホッとしてビールが入ったのでか・・・記憶があやふや。

価格もはっきり覚えていません。日本と較べるとズ~っと安いです。

「韓国ウォンは10で割って7か8かけたのが日本円相当」

と別のお店の日本人観光客が言ってました。

10,000Wとか1,000Wとか最初は戸惑いました。帰国後韓国感覚がとれないと大失敗しそうです。

翌日は日本語対応観光タクシーを頼み東海岸方面を回ることにしました。

1日8時間日本円で8,000円ガソリン代込み レンタカーよりリーズナブルです。

リクエストするとお勧め食事処へも連れて行ってくれます。

先日のNHKのドラマで登場した在日韓国人が船で逃げた海岸の様子が続いていました。

東海岸.jpg

 

済州島(Jeju)巡り-3

| コメント(2)

来るときにみた隣のE-martでコーヒーを調達、BBクリーム探し、地下中央市場見学

時間があればエステに。と大雑把な予定を立て行動開始です。

一番遠いのが地下市場でホテルより徒歩15分。

E-martはコストコの様に大きなカートが乗るフラットなエスカレーターがあります

20101028Emart.jpg

1Fは日用雑貨2Fは衣料品・・・さて食料品売り場は?

店員さんに聞いたら5Ffoodコートを教えてくれ食料品売り場が見当たりません。

大きなカートに食品をのせている人がレジにいたんですがどこなんでしょう?

1Fの本売り場では子供達が椅子に腰掛けて本を読んで親を待っています。

なるほどこれは良いアイデアです。

20101028bookshop.jpg

もう一度上まであがってみましたが食品売り場は見つかりません。

時間がもったいないので、再訪することにして他へ。

結局夕方分かったのですが、地下1Fでした。その入口が入り組んでいて先ほどのエスカレーターの逆方向、下って行くのでした。

中央市場への通りにはスポーツ用品ショップが並び、ウインター用品、ゴルフ、登山用品などが売られています。 

チェジュ島はリゾート地なんですね。

ミカンの売られている店

20101028mikan.jpg

今出ているのは温室栽培のミカンで小粒です。化粧箱に綺麗に並べられています。

韓国本島へ送られるのか発送手続をしているお店も見かけました。

福岡県と同緯度だそうで、韓国本土ではミカンは作れないのかもしれません。

ネットに入れたりダンボール箱で売られている日本のミカンとはちがって高給品扱いです。

にぎやかなソウル明洞の通りのような物があるかと思っていたのですが

商店街も地下市場も地元の人向けの衣料品の扱いが多く、

おしゃれな化粧品店舗は見当たりません。

滞在中に使うBBクリームを買いたいとネットでみたことのあるミーシャのお店に入りました。

手のひらにつけ「こちらの方がカバー力があるしNo1だよ」(と判断)

店員さんは韓国語こちらは日本語、身振り手振りで薦められたBBクリームをゲット。

翌日早速使ってみると伸びがよく色も肌にあっていてGood。

ただ友人に頼まれたハンスンハウスのお店は見当たりません。

ダンキンドーナッツのお店でコーヒーを飲んだ際日本語が分かるらしいお嬢さんに聞くと、

「ハンスンハウスはチェジュ島では売っていません。ただ空港の免税店で扱っています。」

とのこと、後でホテルの女性のかたもチェジュ島ではないと。

帰り道ネットで紹介されていた胡桃饅頭のお店を見つけ小袋を購入。 20101028kurumi.jpg

あんこと胡桃の入った美味しいリスまんじゅうでした。

次の日は予約内容のトラブルもあり、これが朝食となりました。

再度Emartへより食品売り場へ。

広い売り場で大袋を皆さん購入しているのですが、今度はコーヒー売り場が分かりません。

聞いても??  

日本でも馴染みのスーパーでないところへ行くと戸惑うことがありますが

ハングルは読めないし言葉は通じないし

韓国の人ってコーヒー飲まないんだ! と諦めてホテルへ

(夕方KAICHOと再訪しコーヒー売り場を見つけました。韓国でも飲まれています?!) 

足がぱんぱん、疲れがドーっと。

帰り際にサウナや足裏マッサージの看板も見かけましたが、飛び込みで入るのは少し怖いので

後日と言うことにして、午後の商店街ウオッチングを終了しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

済州島(Jeju)-2

| コメント(0)

成田空港4F搭乗手続きへ。2時間少し前に着きましたが、大韓航空は長蛇の列。

ダウンコートを着ている人もみえ、ちょっと薄着出来てしまったかと不安に。

機内持ち込み可能のサイズのスーツケースですが、液体物他の規制が気になり

預ける予定で詰め込んできたのでEチケットでしたが、並んで待ちます。

自動チェックイン機利用者は何故か0。

30分ほどかかり搭乗手続き終了

narita.jpg

 

息子達は帰国日に成田すれ違いで11:50にパリに出発です。

済州島12:20着予定 機内食は朝食?昼食? どちらにしても飛行時間は2時間半。

搭乗後すぐに食事、2時間強ではサービスするアテンダントの人もせわしげです。

済州島到着 両替も順調、さてとホテルへの足は?

 

rimujin.jpg

目の前にリムジンバスのポール ラッキー 

「Ramada ok?」でホテル到着。 無事ホテルチェックイン。

オーシャンだけが見えるオーシャンフロントの部屋。 午前中クリア。ヤッター!!

 

hune.jpg

ホテルはチェジュ島北 空港より10分ほどの新済州という場所に位置し

韓国本島と向かい合う位置にありあます。

画像の港は釜山からの客船等の港となっているそうです。

チェジュ島はほぼ大阪府と同じぐらいの広さで2日ほどでメインの観光地を巡れるようです。 

成田では台風14号の影響で小雨模様でしたが、こちらは風は強いもののポカポカ陽気

次なる課題はKAICHO到着までの5時間をどう過ごすか。 

 

済州島(Jeju)-1

| コメント(0)

釜山-済州島の2カ所での会議参加のために出かけている主人の週末休暇にあわせ

済州島へ出かけました。

成田発9:45 2時間前搭乗手続き 成田エクスプレス2時間 自宅出発午前5時

駅に着くと既に成田エクスプレスが止まっています。

少し時間が早いなと思いながら車内へ。 暖かい車内にホッと

「乗り間違えにのないように」と車内放送が流れ 座席番号を確認 OK

「あと3分ほどで発車です」 

ウッ確か37分発だったはず・・・あわててホームへ。スーツケースは網棚だ! 

再度車内へスーツケースを持ち 飛び降りたときは発車1分前。

前途多難! 一人でホテルへたどりつけるんだろうか? 

ryutouiwa.jpg

 

龍頭岩 

バックのホテルがせっかくの岩の景色を台無しにしている。

よくみたら宿泊先でした。

 

 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち済州島(Jeju)カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは日常生活です。

次のカテゴリは美術館です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.27-ja